読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

生まれた時からアルデンテ

生まれた時からアルデンテ

生まれた時からアルデンテ

作家
平野紗季子
出版社
平凡社
発売日
2014-04-24
ISBN
9784582836608
amazonで購入する

生まれた時からアルデンテ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夜長月🌙新潮部♪

タイトルからグルメリポートか食文化の評論かと思ってましたが全然違いました。料理やレストランの話が主なのですが彼女のあるものを見出だす感性とそれを表現できる文才に惚れました。出版が大学を卒業した4月なので書いたのはなんと学生の頃ということになります。作家の食エッセイとは違う唯一無二の味わいがありました。

2020/06/10

おくちゃん🌱柳緑花紅

小学生の頃なのに食べ歩きダイヤリー!!美味しいものは色々あるけれど、今回はこの一冊が丸々美味しかった♪センス、文章、写真!!クスクス笑って、よだれが出て、小さな散財がしたくなったらいつの間にか埃を被る雑貨より、消えてなくなる料理はすがすがしい。そうだね!!一番素直でいられる時間、それがご飯を食べている時、ごはんは「どうもね~」って感じで…わかる~!!わかる!!

2015/05/06

らむれ

森茉莉に次ぐ、私の食Bible。とてもロックでみずみずしく食べ物を捉えて、でも見え隠れする若さがかわいい。だってまだ21歳!(当時)

2017/02/10

くろにゃんこ

食にまつわるエッセイ集。かなり自由に書いていて時々、ぷはっ(^o^)と笑えます。最高なのは『チーズおかき』でスライスチーズを手にして、柿の種の缶に全力で投げつける。チーズに付着したのを一緒に食べる。コレ、絶対にやってみたい(笑)

2015/05/07

みっこ

『ごはん狂』を自称する平野紗季子さんのエッセイ。ブログが話題になり、雑誌での連載となったようです。全体的に文章と写真がおしゃれ!エッセイというよりアートブックって感じかな?凡人の私には、時々おしゃれすぎてよくわからなかった(笑)すみません。。でも食べ物の執念はすごい!美味しそうなお店をいくつもメモしました。身近な場所にあるのに知らなかったりして、自分のアンテナの低さを再認識。もっと食に貪欲に生きていこう。とりあえずjune taylorのジャムを食べてみたい。子供時代の食日記はなかなかシビアで笑えます。

2015/11/27

感想・レビューをもっと見る