読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

高里椎奈

職業・肩書き
作家
ふりがな
たかさと・しいな

「高里椎奈」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

「灰色の木を金色に戻す薬をお売りします」…甘い言葉の誘い

「灰色の木を金色に戻す薬をお売りします」…甘い言葉の誘い

夜道を歩いていると、時折どこかに妖怪が潜んでいるのはないか、と思う時がある。 私たちの与り知らないところで、妖怪たちは存在し、人間たちと同様に生活しているのではないか、と…。 一度でいいから妖怪と会って話をしてみたいと思っているルナルーチェの不思議大好き組、葉菜とチリでお送りいたします。

【葉菜】好きな妖怪は烏天狗! な葉菜です、皆さんこんにちはー!

【チリ】葉菜ちゃんはホントに妖怪好きだねぇ~。じゃあこの作品ももちろん大好きな感じでしょ?!

【葉菜】もちろんです! この薬屋探偵シリーズは読みふけっておりますとも。…さて、この作品のあらすじ。ある古ぼけた骨董品屋のような店で、3人の妖怪・秋、座木、リベザルが「薬屋」を営んでいた。「どんな薬でも症状に合わせてお出しする」というその店は、妖怪に関する事件を解決する、という裏稼業もやっていて…。

【チリ】最初は文量も多いし、なんだか難しそう…って、私、思ってたんだけど。3人のやりとりがすごく読みやすい上に、面白くて、気づいたら夢中で読み込んじゃってたんだよねー。これはすごいわ。

【葉菜】やっぱり、3人に親しみを覚…

全文を読む

「高里椎奈」のレビュー・書評をもっと見る

「高里椎奈」の関連画像・写真

「高里椎奈」の関連画像・写真をもっと見る