読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小山宙哉

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
こやま・ちゅうや

「小山宙哉」のおすすめ記事・レビュー

史上初の夫婦対談!小山宙哉さん&こやまこいこさんインタビュー【後編】

史上初の夫婦対談!小山宙哉さん&こやまこいこさんインタビュー【後編】

 累計発行部数1900万部の大ヒット漫画『宇宙兄弟』。その原作者、小山宙哉さん一家のほのぼのとした日常を描いた漫画がSNSで人気を呼んでいます。描いているのはイラストレーターとして活動している奥様のこやまこいこさん。11月17日には、ご自身の体験も加えながら、山椒ファミリーの毎日を描いた初のコミックエッセイ『スキップするように生きていきたい』(KADOKAWA)が発売されました。

 今回、コミック発売を記念して小山夫妻による史上初の対談インタビューが実現。後編では、宙哉さんが漫画家デビューしたときの秘話や『宇宙兄弟』最新刊の見どころ、さらには小山家のお子様たちの様子まで、知られざるエピソードをたくさんお伺いしました。

小山宙哉 漫画家。京都府出身。2006年にデビュー。『ハルジャン』『ジジジイ-GGG-』を経て、2007年より『宇宙兄弟』を週刊モーニングで連載開始。『宇宙兄弟』は2012年に実写映画化、2012~2014年にアニメ化を実現したほか、第56回小学館漫画賞一般向け部門、第35回講談社漫画賞一般部門を受賞。

こやまこいこ …

全文を読む

史上初の夫婦対談!小山宙哉さん&こやまこいこさんインタビュー【前編】

史上初の夫婦対談!小山宙哉さん&こやまこいこさんインタビュー【前編】

 累計発行部数1900万部の大ヒット漫画『宇宙兄弟』。その原作者、小山宙哉さん一家のほのぼのとした日常を描いた漫画がSNSで人気を呼んでいます。描いているのはイラストレーターとして活動している奥様のこやまこいこさん。11月17日には、ご自身の体験も加えながら、山椒ファミリーの毎日を描いた初のコミックエッセイ『スキップするように生きていきたい』(KADOKAWA)が発売されました。

 今回、コミック発売を記念して小山夫妻による史上初の対談インタビューが実現。前編では、こいこさんが漫画家デビューすることになったきっかけから、お互いの作品への感想や影響などについて、たっぷりと語っていただきました。

小山宙哉 漫画家。京都府出身。2006年にデビュー。『ハルジャン』『ジジジイ-GGG-』を経て、2007年より『宇宙兄弟』を週刊モーニングで連載開始。『宇宙兄弟』は2012年に実写映画化、2012~2014年にアニメ化を実現したほか、第56回小学館漫画賞一般向け部門、第35回講談社漫画賞一般部門を受賞。

こやまこいこ 漫画家・イラストレーター。京都府…

全文を読む

『宇宙兄弟』小山宙哉が「情熱大陸」で見せた、父親としての姿に大反響「良いパパすぎる!」

『宇宙兄弟』小山宙哉が「情熱大陸」で見せた、父親としての姿に大反響「良いパパすぎる!」

『宇宙兄弟』29巻(小山宙哉/講談社)

 大人気漫画『宇宙兄弟』の作者・小山宙哉が2016年11月27日(日)に放送された「情熱大陸」に出演した。作品への想いや、作業風景、ロケットにイラストを施すという一大プロジェクトなど、ファンにとってはたまらない内容であったが、その中で視聴者が注目したひとつが、家庭での姿や自宅の様子。さらに「こんな漫画読んでるんだ」と、自宅の本棚のラインナップにも反響の声が上がった。

 人気漫画家として多忙な小山だが、同番組で紹介されたのは、2人の娘のことをいつも考えている父親としての顔。職場で仕事をしながらも、家族と過ごす時間を大切にするため、夕食はなるべく家で食べるという。夕食を食べてから再び仕事場に向かう小山に「夜飯食べてまた仕事行くのきつくないですか?」と質問されると「そうですね」と同意しつつ、本当は娘が寝てから職場に向かいたい心情を吐露した。

 また忙しいスケジュールを縫って自宅に本棚を作る姿も。娘が大きくなってきたため、読ませたい漫画を置くという。ハンマーを使って本棚を自作し、自分で選んだ漫画を並べる姿はマイホームパパ…

全文を読む

『宇宙兄弟』『働きマン』風の自画像が作成できる?「MY MINTIA MAKER」がおもしろい!

『宇宙兄弟』『働きマン』風の自画像が作成できる?「MY MINTIA MAKER」がおもしろい!

 有名なマンガ家さんに自分の似顔絵を描いてもらえたら…。マンガ好きならば、一度はこんな無謀な妄想をしたことがあるのではないだろうか。そんな妄想を叶えてくれそうなサービスがスタートしたのだ!

MY MINTIA MAKER(マイ ミンティア メーカー)」http://mintiamaker.jp

 全国のマンガ好きが泣いて喜ぶ、そのサービスとは、「MY MINTIA MAKER(マイ ミンティア メーカー)」。シュガーレスタブレット「MINTIA」のWebキャンペーンだ。そして、この内容が実に豪華!なんと、『宇宙兄弟』(小山宙哉/講談社)、『働きマン』(安野モヨコ/講談社)、『オチビサン』(安野モヨコ/朝日新聞出版)に登場するキャラクターの顔パーツを組み合わせ、オリジナルのキャラクターが作れてしまうのだ。その組み合わせは、2京(!?)パターンもあるというから、世界にひとつだけのキャラクターも作成可能。自分の目や口に似たパーツを組み合わせれば、それこそマンガ家さんによる似顔絵のできあがり…と言えるかも。ということで、早速試してみた!

 まずは、この記事の…

全文を読む

アプリでマンガ家に差し入れができる!? 「週刊Dモーニング」で新企画始動!

アプリでマンガ家に差し入れができる!? 「週刊Dモーニング」で新企画始動!

 週刊コミック誌配信アプリ「週刊Dモーニング」にて、2014年12月11日(木)より作家応援企画が新たにスタートした。 「週刊Dモーニング」の便利機能の1つである「ハート」ボタン。「ハート」ボタンとは、作品やページなどが楽しい!好き!といったユーザの支持の声を届けてもらうツール。この「ハート」を一番多く獲得した作家に対して、毎週1組、モーニング編集部が血眼になって選び抜いた厳選の差し入れをプレゼントするという企画だ。  作家に少しでも元気になってもらいたい。新しい仕事を始めたい。不手際をお詫びしたい…etc。そんな時に心強い相棒となるのが、差し入れだ。そう、編集者と手みやげは切っても切れないもの。なぜならこちらの想いを伝えるものだから。差し入れ1つで連載の未来が決まる――。そして、その未来を担うのはあなたの1票です! <モーニング差し入れ3鉄則> 1.感謝と愛を込めよ 命を削って原稿を描き上げた作家たちに敬意を示し、また明日からも作品に向かい合っていただくため、“物”だけでなく、感謝の心も差し入れること。 2.想像力を働かせよ 相手の好みは何か…

全文を読む

『モーニング・ツー』創刊 8周年を記念して、 『週刊Dモーニング』で創刊号復刻

『モーニング・ツー』創刊 8周年を記念して、 『週刊Dモーニング』で創刊号復刻

『モーニング・ツー』Dオリジナル復刻号

 週刊コミック誌配信アプリ『週刊Dモーニング』(iOS/Android)で、講談社が刊行するマンガ雑誌月刊『モーニング・ツー』創刊8周年を記念して、有料ユーザー向けに『モーニング・ツー』の創刊号が配信されている。

   8周年を迎えた『モーニング・ツー』は様々なヒットタイトルを生み出してきた。

 映像化もされ大ヒットとなっている『聖☆おにいさん』や、オノ・ナツメが男の絆を情緒豊かに描いた『Danza』、『宇宙兄弟』の小山宙哉による読み切り『ブラウンライフ』など注目のラインナップとなっている。

<モーニング・ツー創刊号ラインナップ> ■Danza/オノ・ナツメ ■ONKO TEXAS/山下和美 ■ブラウンライフ/小山宙哉 ■BEATITUDE/やまだないと ■聖☆おにいさん/中村光 ■惑星スタコラ/加藤伸吉 ■荒呼吸/松本英子 ■ファンタジウム/杉本亜未 ■気の抜けたビールで…/石黒正数 ■×天/安宅十也 ■チャイ・スー/雪児 ■城戸みつるのささくれと枝毛/城戸みつる ■アンケートプレゼント&BUISINESSCAR…

全文を読む

干物系「すーちゃん」が二股騒動に巻き込まれる!?

干物系「すーちゃん」が二股騒動に巻き込まれる!?

 「すーちゃん」といえば、益田ミリの大ヒットコミックシリーズの主人公。30代~40代女子たちの大きな共感を呼び、柴咲コウ主演で映画化も決定している。シリーズ2作目『結婚しなくていいですか。』(幻冬舎)が象徴するように、すーちゃんは、結婚していないし、彼氏もいない。そのすーちゃんが、二股されちゃうかも……しれない!?

 疑惑が浮上したのは、同じ益田の新作コミック『オレの宇宙はまだまだ遠い』(講談社)でのこと。こちらの主人公の土田くんは、べつに宇宙飛行士を目指してるわけではなく、町の書店で働いている。32歳独身、彼女いない歴6年、ごくごくふつうというよりも“影のうすいほう”の男子だ。毎朝起きて書店に行って仕事をし、同僚やお客さんたちとなんてことない会話を交わし、スーパーで半額弁当を買って帰りひとり食べて1日が終わる。こんな毎日でいいのかとか、人生の意味なんてものを考えてみたりする夜もあるけど、もちろん答えは出ない。そんな土田くんの毎日を描く『オレの宇宙~』に、別作品の主人公である「すーちゃん」が登場しているのだ。

 実は、土田くんが働く本屋さんとすーちゃ…

全文を読む

2011年下半期 人気レビューランキング <映画化された作品編> 6~10位

2011年下半期 人気レビューランキング <映画化された作品編> 6~10位

昨年下半期によく読まれた人気レビューランキング。 今回は前回に引き続き映画化された作品を紹介するラコよ! 8位の『宇宙兄弟』は4月1日からTVアニメが放映を開始、 5月5日からは小栗旬主演で映画が公開されるよ!

  2011年下半期 人気レビューランキング <映画化された作品編> 6~10位

文章で綴られる「ドラえもん」は切なくも美しい  

6位 『小説版ドラえもん のび太と鉄人兵団』 瀬名秀明、藤子・F・不二雄/小学館/882円 (レビュアー:サイトウタクミ) 藤子・F・不二雄のライフワークとも言える、「大長編ドラえもん」シリーズ。コロコロコミックで短期集中連載され、ほぼ間を置かずに映画化、という最強の流れ。その中でも特にメッセージ性が高く、一部で最高傑作とも呼ばれる作品が、「ドラえもん のび太と鉄人兵団」である。 “鉄人兵団”は2010年に「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~」というタイトルでリメイク…(続きを読む)

(=・오・=)<鉄人兵団は名作ラコ!

  

わたしたちに寄り添って 生きていく力をくれる太宰の名作  

7位 …

全文を読む

「小山宙哉」のおすすめ記事をもっと見る

「小山宙哉」のレビュー・書評をもっと見る

「小山宙哉」の関連画像・写真

「小山宙哉」の関連画像・写真をもっと見る