読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

沼田まほかる

職業・肩書き
作家
ふりがな
ぬまた・まほかる

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1948年、大阪の寺に生まれる。1985年から大阪文学学校昼間部で学び、在籍中に執筆した小説作品で同学学校賞を受賞する。その後は僧侶や建設コンサルタントなどの職を経て、2004年、50代にしてのデビュー長編作『九月が永遠に続けば』(新潮社)で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞。高校生の一人息子の失踪や愛人の事故死、元夫の娘の自殺など、人間の心の深い闇とその美しさをミステリアスに描き話題となる。

2012年に出版されたミステリー小説『ユリゴコロ』(双葉社)は、第14回大藪春彦賞を受賞、2017年には、熊澤尚人監督、吉高由里子主演作品(東映)として映画化。同作品をきっかけに、既存の作品にも更に注目が集まった。

中でも、2006年の『彼女がその名を知らない鳥たち』(幻冬舎)は半年で60万部が増版され、2017年10月に、蒼井優、阿部サダヲ主演により映画化された。その他の著作に、2007年の『猫鳴り』(双葉社)、2010年の『痺れる』(光文社)などがある。産業処理場に放置されていた冷蔵庫から発見された美少女「ミハル」を取り巻く怪事件を描いた、2009年の『アミダサマ』(新潮社)は、ホラーサスペンスの傑作として話題を呼んだ。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2004年
『九月が永遠に続けば』第5回ホラーサスペンス大賞
2012年
『ユリゴコロ』第14回大籔春彦賞

「沼田まほかる」のおすすめ記事・レビュー

蒼井優、阿部サダヲのW主演! 伝説的作家の映画化第2弾はあざやかな「幕切れ」小説

蒼井優、阿部サダヲのW主演! 伝説的作家の映画化第2弾はあざやかな「幕切れ」小説

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田まほかる(幻冬舎文庫)

 僧侶、コンサルタントなどを経て56歳で遅咲き作家デビューを果たした、沼田まほかる。書くものすべて傑作。ただし2011年発表の第6作『ユリゴコロ』以降は新作が刊行されず、旧作を読み返すしか沼田ワールドを楽しむすべはなかったのだが、この秋から映像化作品を観る楽しみも加わった。吉高由里子主演の『ユリゴコロ』(9月公開)に続き、06年発表の長編第2作『彼女がその名を知らない鳥たち』が蒼井優主演で映画化。相手役となった阿部サダヲと共に、原作の持つ「壊れた」世界観を再現することに成功している。

 十和子(蒼井)は別れた男・黒崎(竹野内豊)のことを思いながら、同棲相手の陣治(阿部)を罵倒して暮らす。下品で、貧乏で、仕事のグチばかりで頼りない陣治と一緒にいる理由。切っても切れない二人の絆とは―。原作はミステリー作品としての巧みなトリックと共に、読めば脳裡に焼き付いて離れなくなる、あざやかな「幕切れ」で知られている。映画版では、プラスαの演出が施された。素晴らしい演技、演出、映画的魔法。堪能しました。

文=吉…

全文を読む

吉高由里子主演映画「ユリゴコロ」に松坂桃李&松山ケンイチ出演決定! ファンからは期待の声

吉高由里子主演映画「ユリゴコロ」に松坂桃李&松山ケンイチ出演決定! ファンからは期待の声

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

 沼田まほかるのミステリー小説を原作とした映画「ユリゴコロ」に松坂桃李と松山ケンイチが出演することが発表され、「松×松コンビって良いね! 2人とも好きな俳優さんだからめっちゃ楽しみ!」と期待が寄せられている。

 同作品の原作は、とある殺人者の手記が綴られたノートから始まる恋愛ミステリー小説。吉高由里子主演で映画化されるという情報はすでに公開されており、今回は物語のきっかけとなる1冊のノートを見つける男・亮介を松坂、ノートに登場する心の傷を抱えた男・洋介を松山が演じることなど続報が発表された。

 出演に当たって松山は「僕自身大好きな90年代の映画の匂いのする作品だなと思ったので完成が楽しみです」とコメント。松坂は原作を「非常に不思議な本でした。ミステリーでもあるけれど人間ドラマとしても深いところをえぐってくる」と述べ、「過去の出来事を想像しながら、現在の物語を大切に演じていきたいと思います」と意気込みを見せた。

 松坂は10月に公開予定の沼田の作品を原作とした、映画「彼女がその名を知らな…

全文を読む

蒼井優と阿部サダヲが最低男女役に! 沼田まほかる『彼女がその名を知らない鳥たち』実写化決定に期待の声

蒼井優と阿部サダヲが最低男女役に! 沼田まほかる『彼女がその名を知らない鳥たち』実写化決定に期待の声

『彼女がその名を知らない鳥たち』 (沼田まほかる/幻冬舎)

 沼田まほかるによる小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が、2017年秋に蒼井優と阿部サダヲのダブル主演で映画化されることが明らかになった。登場人物が最低過ぎると話題の同作の映画化とあり、「ここまでのクズをこの2人が演じるとか興味深い!」と期待の声が上がっている。

 物語は、八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子が、今は15歳上の男・陣治と暮らしているという設定からスタート。卑屈で不潔な陣治を軽蔑しながらも経済面では依存し、自分では働かず、さらにかつての恋人に似た男との情事に溺れる自分勝手な女性・十和子を演じるのは蒼井。そして下品で貧相な男・陣治を阿部が演じる。

 蒼井は十和子について、自分に対して諦めができず、だからと言って何か行動をおこすこともできない「甘ったれた女性」と分析し、「共感は全くできない役だったけれど、ご覧になる方に自ら嫌われる勇気をどこまで持てるのか、試したいと思いました」と意気込みをコメント。また阿部は陣治を演じるために、汚い食べ方や、痰が絡んだ咳をするなど、汚い男…

全文を読む

「あのゾクゾク感をどうやって映像化するんだ」 吉高由里子、5年ぶりの主演映画は“人間の死”が心の拠り所の悲しき殺人者役!

「あのゾクゾク感をどうやって映像化するんだ」 吉高由里子、5年ぶりの主演映画は“人間の死”が心の拠り所の悲しき殺人者役!

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

 2012年、「大藪春彦賞」受賞、「本屋大賞」ノミネートをはたした沼田まほかるの『ユリゴコロ』が、主演・吉高由里子で映画化されることが決定した。謎に満ちた迫真の心理描写と、世の不条理や人間の業、そして深い愛までを圧倒的な筆力で描いた同作の映画化に「あのゾクゾク感をどうやって映像化するんだろ、楽しみだ~!」「原作結構えぐいんだよな…あれを映画化出来たらすごい作品になるぞ!」とファンからは期待の声が続出中だ。  同作は、ある家族の、余命わずかな父の書斎で見つかったある殺人者の手記から物語が始まる。この手記は事実なのか、創作なのか…。一体だれが何のために書いたのか分からないまま、ショッキングなミステリーから壮絶な愛の物語へと変わっていく。読者からは「活字から放たれた思いもしなかった衝撃があまりに強く、暫く読み進められなかった」「引き込まれるようにページをめくる手が止まらなかった」「倫理観のぶっ飛ぶ究極のラブストーリー。最初は恐怖で、最後はこみ上げる気持ちに鳥肌が立つ」と大きな評価を得てい…

全文を読む

「沼田まほかる」のおすすめ記事をもっと見る

「沼田まほかる」のレビュー・書評をもっと見る

「沼田まほかる」の本・小説

あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
小池真理子
沼田まほかる
乃南アサ
新津きよみ
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2019-07-10
ISBN
9784569769455
作品情報を見る
九月が永遠に続けば

九月が永遠に続けば

作家
沼田まほかる
出版社
新潮社
発売日
2005-01-26
ISBN
9784104734016
作品情報を見る
アミダサマ (光文社文庫)

アミダサマ (光文社文庫)

作家
沼田まほかる
出版社
光文社
発売日
2017-11-09
ISBN
9784334775551
作品情報を見る

「沼田まほかる」人気の作品ランキングをもっと見る

「沼田まほかる」の関連画像・写真

「沼田まほかる」の関連画像・写真をもっと見る