読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天然コケッコー 映画ノベライズ (コバルト文庫)

天然コケッコー 映画ノベライズ (コバルト文庫)

天然コケッコー 映画ノベライズ (コバルト文庫)

作家
下川香苗
山下敦弘
渡辺 あや
くらもちふさこ
出版社
集英社
発売日
2007-06-28
ISBN
9784086010467
amazonで購入する

天然コケッコー 映画ノベライズ (コバルト文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アンジー

広海がそよを想う気持ちが繊細に描かれていて、この場所にいたような気持ちになることができて良かった。そよが新宿駅で戸惑ってしまったところも、私も、新宿に初めて行った時は同じだったから、共感することができた。題名を見た限りでは、お笑いのものかと思っていたけれど、それとは違って、感動的な話だった。志望校を変えるところも、男気があって素敵だったし、ハッピーエンドで良かった。映画も見てみたい。

2016/09/15

A

田舎ならではの暖かさが伝わってきてとても好きです。そこに初めての恋や初めての嫉妬が生まれて、ぎこちなさも可愛いと感じました。

miho

そよが住んでいる村は、お店も全然ないし、流行の物だって手に入れるのは難しいけれど、のどかでのんびりした雰囲気がいいなーと思いました。そよは最年少の早知子の面倒をいつも見ていて偉いです。お祭りのところと、そよが広海のボタンをつけるところが、切なくて印象に残りました。あと卒業式の教室でのところも好きです。この本は、マンガの第4巻の中ほどまでとのことなので、続きも読んでみたいなーと思えるお話でした。

2012/01/25

けん

読メ登録以前に読了

ちは

ほのぼのした感じがいいですね。 そよちゃんと広海の今後も気になります!

2012/09/30

感想・レビューをもっと見る