読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クイック・ジャパン 103

クイック・ジャパン 103 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

南註亭

もう何回読み返したことか、基本的には特集の「指原莉乃、博多へ。」を読み返しているわけで。 電撃移籍が発表された模様については、某動画サイトにいくつかの動画や音声がアップされています。 「ご隠居のブログ」 http://ameblo.jp/ikiterukagiriyondeyaru/ と、 「rinoriereniのブログ」 http://rinoriereni.muragon.com/ に、資料的に意味で反訳をアップしました。 指原莉乃さんの著書『逆転力』とともに一読の価値はあると思います。

2016/02/05

まさむね

HKT48にとって指原のポジションの重要性、彼女の存在意義が確定したところで、改めて騒動当時のことを確認したいと思って買って読んだ。指原は思った以上に強い子だと理解できた。そしてHKT48全体のことを常に考えている。もはやきっかけなどはどうでもいい、指原のHKT移籍は大正解だったのだ。スキャンダルを利用して新しい風を呼び込んだという点において、秋元康氏のあの判断は、まさに「満塁逆転サヨナラホームラン」だったと思う。

2012/12/13

ちいさな図書館

さしこの記事にたっぷり勇気と元気をもらった!やっぱり私はさしこ推しだ!AKBグループの選抜メンバーは、腹の据わり方がハンパない。ここに女の子の強さというか、明るくて可愛いまま夢も実現する秘訣がここにあるとおもった。

2012/11/30

aki

指原、いいなあ。挫折や失敗があったほうが人間的には大きくなる(もちろん、浮上できない場合もあるが)。騒動以降、何かふっきれたようで、一段とデカくなった感じが。思わずセカンドシングルの各タイプを買ってしまった。アイドルのCDを生まれて初めて購入しました。インタビューで、後輩が先輩にからむことの重要性を指摘しているが、これが、そのまま日本テレビで始まった『HaKaTa百貨店』(毎回、AKBの選抜クラスにHKTの推しメンを決めてもらうバラエティー。第1回は柏木由紀が宮脇咲良を指名)のコンセプトになっているのね。

2012/10/10

merinido7

激動のあの日々のドキュメント。やっぱり変わらずこの人を推します。

2012/09/04

感想・レビューをもっと見る