読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バリ島物語(5)-神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死 (アクションコミックス)

バリ島物語(5)-神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死 (アクションコミックス)

バリ島物語(5)-神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死 (アクションコミックス)

作家
ヴィキイ・バウム
さそうあきら
金窪勝郎
出版社
双葉社
発売日
2019-06-12
ISBN
9784575853216
amazonで購入する Kindle版を購入する

バリ島物語(5)-神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死 (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

バリの王国にオランダ軍の侵攻が始まる。それは「近代」という名の暴力だ。しかし、バリはただ「近代」に呑まれるのではない。潰されるのではない。「近代」は、バリの伝統を際立たせる。「心賢き者は生ける者のために悲しまずーー死せる者のために悲しむことなし 生命は破壊せられざるものなり 消えゆくはただ外殻のみ 精霊に終わりなし 永遠に不死なりーー」バリは「近代」に屈しなかった。その死をもって。「生誕の終末は死なり 死の終わりは生誕なり」さそうあきらの描く『バリ島物語』、ここに完結。

2019/06/15

小鈴

ついに完結。壮麗な物語であった。「私」という主語が当たり前の近代人とは異なるバリ島バトゥ王国の民。バトゥの民の織り成す世界が美しい。しかし、オランダ軍の侵攻で世界は「終末」をむかえる。前近代の世界と民は終末をむかえ、戻すことはできない近代の時間の中で「物語」として語られるのだ。

2019/06/14

感想・レビューをもっと見る