気になる大賞はどの作品に!?「2020年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

文芸・カルチャー

2020/1/22

2020年1月21日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2020年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2020年本屋大賞」は全国の477書店、書店員586人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

 

■2020年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『線は、僕を描く』(砥上裕將/講談社)▶【レビュー全文はこちら】

『店長がバカすぎて』(早見和真/角川春樹事務所)▶【レビュー全文はこちら】

『夏物語』川上未映子/文藝春秋)

『熱源』(川越宗一/文藝春秋)

『ノースライト』(横山秀夫/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人/双葉社)▶【レビュー全文はこちら】

『ムゲンのi』(知念実希人/双葉社)▶【レビュー全文はこちら】

『medium霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼/講談社)

『ライオンのおやつ』(小川糸/ポプラ社)▶【インタビューはこちら】

『流浪の月』(凪良ゆう/東京創元社)▶【レビュー全文はこちら】

 

 気になる大賞発表は4月7日(火)。ノミネート作を読みながら、自分なりの大賞予想をしてみては?

 

■本屋大賞公式サイト

本屋大賞公式サイト ▶https://www.hontai.or.jp/