読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

久米田康治

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
くめた・こうじ

「久米田康治」のおすすめ記事・レビュー

「久米田先生の顔初めて見た」『かくしごと』の久米田康治がテレビ初出演! 漫画&アニメの結末を語る

「久米田先生の顔初めて見た」『かくしごと』の久米田康治がテレビ初出演! 漫画&アニメの結末を語る

『かくしごと』11巻(久米田康治/講談社)  2020年4月14日(火)に放送されたコミックバラエティ「あの子は漫画を読まない。」に、漫画『かくしごと』の作者である久米田康治が登場。テレビ番組に出演するのは今回が初となるため、「久米田先生の顔初めて見た」「ちょっと漫画の主人公に似てるかも!」と話題になっている。  『かくしごと』は、漫画家である主人公・後藤可久士が最愛の娘・姫に自分の職業を隠し続けるという漫画家コメディ。「あの子は漫画を読まない。」では、久米田の担当編集者が登場し漫画版やテレビアニメ版の魅力を掘り下げていった。久米田本人は番組の終盤に登場し、ファンの間で噂になっていることや疑問について回答。久米田作品の特徴でもある“キャラ名の付け方”について明かしている。  久米田の作品に登場する名前は、特徴や性格などをわかりやすく表したものばかり。これは久米田が自分のキャラクターに名前をつけるのが恥ずかしいと感じているためで、毎回“理由付け”をすることでスムーズにネーミングしているそうだ。例えば『かくしごと』には、指示を仰ぐ男で“志治仰(しじあ…

全文を読む

藤田和日郎「おれ何にもしていない!!」 アニメ「かくしごと」のクレジットに登場した『からくりサーカス』作者の反応が話題

藤田和日郎「おれ何にもしていない!!」 アニメ「かくしごと」のクレジットに登場した『からくりサーカス』作者の反応が話題

『かくしごと』11巻(久米田康治/講談社)  2020年4月2日(木)から、久米田康治の漫画を原作としたアニメ「かくしごと」が放送スタート。クレジットに『うしおととら』『からくりサーカス』の作者・藤田和日郎の名前が掲載されていたのだが、藤田自身が意外な反応を見せ「そんなことある?www」「久米田先生の洗礼を受けてしまいましたね」と爆笑の声が相次いでいる。  同作は、ちょっと下品な漫画を連載中の漫画家・後藤可久士が最愛の娘・姫に自分の仕事を隠し続ける物語。藤田の名前は、エンディングのスタッフクレジットに「宣伝協力」という形で書かれていた。ところがアニメをチェックした藤田は、「椅子から転げ落ち前転3回してテレビに顔面をぶつけました」「おれ何にもしていないおれ何にもしていない!!」とツイート。どうやら自分がクレジットされることを知らなかったらしい。  しかしアニメの本編には、藤田をモデルにした漫画家・不二多勝日郎というキャラクターが登場。そのためファンからは「先生、出てるからね」「何もしてないは嘘でしょう(笑)」「このツイートがしっかり宣伝になってます…

全文を読む

「家族っていいな」GWに読みたい家族をテーマにしたほっこり漫画5選

「家族っていいな」GWに読みたい家族をテーマにしたほっこり漫画5選

 GWはいつもより、家族と共に過ごす時間が増える期間。帰省をし「やっぱり家族っていいな」と、しみじみ実感する方も多いはず。そんな時期だからこそ、家族をテーマにした漫画に触れ、より家族愛を深めてみるのもおすすめ。では早速、心温まる家族漫画の数々をご紹介していきましょう。

■遠い海の向こうの島からやってきた不思議な女の子・よつば

『よつばと!』(あずまきよひこ/KADOKAWA)

 2006年に第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、現在13か国語に翻訳されている『よつばと!』(あずまきよひこ/KADOKAWA)は、日本国内外で大人気となっているほっこり系漫画。ちょっと変わった5歳の女の子・よつばが、日常の中で体験するさまざまな「初めて」や「感動」に触れ、読者は笑顔に。主人公のよつばが共に暮らしている「とーちゃん」との血縁関係は不明という設定ですが、2人の間には血のつながり以上の絆が存在。子どもが持つ無限の力や可能性を巧みに表現している本作は、「我が子をもっと愛そう」と思わせてくれる作品でもあります。

■大好きな娘に絶対知られたくない「かくしご…

全文を読む

マンガ家が主人公の熱いマンガおすすめ5選。プロ漫画家の日常と妄想を覗き見してみない?

マンガ家が主人公の熱いマンガおすすめ5選。プロ漫画家の日常と妄想を覗き見してみない?

 マンガ家という職業には、いかにも“マンガ向き”なアツい設定がたくさんある。モノを作り上げることへの情熱、売れているマンガ家への憧れや嫉妬、いつ打ち切られるかわからない仕事上の恐怖。そんなマンガ家の世界を、実際に活躍している人気マンガ家たちが描いたら、でき上がる作品はおもしろいに決まっている。今回は、そんな傑作ぞろいの“マンガ家マンガ”の中から、バリエーションに富んだ5つの作品を紹介する。

このまとめ記事の目次 ・バクマン。 ・かくかくしかじか ・かくしごと ・Stand by me 描クえもん ・零落

■少年マンガ好きならまずは読むべし ジャンプの内幕を描く『バクマン。』

『バクマン。』(大場つぐみ:著、小畑健:イラスト/集英社)

 原作の大場つぐみと、作画の小畑健は、2003年に連載を開始した『DEATH NOTE』(集英社)以来、常に少年マンガの最前線を駆け抜ける最強コンビ。そんなふたりになぞらえるように、高校生2人が原作と作画でタッグを組み、「週刊少年ジャンプ」でアンケート1位&アニメ化を目指して奮闘するのが『バクマン。』(集英社)だ。アンケ…

全文を読む

乃木坂46が女子落語家に大変身!? マンガ『じょしらく』が舞台化

乃木坂46が女子落語家に大変身!? マンガ『じょしらく』が舞台化

(C)久米田康治・ヤス/講談社

 握手会を開けば約50万人の応募が殺到するというモンスターアイドルグループ乃木坂46が、久米田康治氏原作のマンガ『じょしらく』(講談社)の舞台版に挑戦! さらに、舞台の模様が全国の映画館でライブ・ビューイングされる。  キャストには、オーディションを勝ち抜いた乃木坂46のメンバー15人が、「チーム ら」「チーム く」「チーム ご」に分かれてトリプルキャストで挑む。オーディションを勝ち抜いたメンバーを発表しよう。あなたの推しメンは入っているだろうか? ●チーム ら 山崎怜奈/堀未央奈/斉藤優里/伊藤万理華/星野みなみ ●チーム く 中田花奈/佐々木琴子/松村沙友理/高山一実/井上小百合 ●チーム ご 齋藤飛鳥/能條愛未/衛藤美彩/中元日芽香/北野日奈子 <配役> 暗落亭 苦来(あんらくてい くくる):山崎怜奈/中田花奈/齋藤飛鳥 空琉美遊亭 丸京(くうるびゆうてい がんきょう):堀未央奈/佐々木琴子/能條愛未 蕪羅亭 魔梨威(ぶらてい まりい):斉藤優里/松村沙友理/衛藤美彩 防波亭 手寅(ぼうはてい てとら):伊藤万…

全文を読む

「久米田康治」のおすすめ記事をもっと見る

「久米田康治」のレビュー・書評をもっと見る

「久米田康治」の本・マンガ

さよなら絶望先生 限定版 20巻 ([特装版コミック])

さよなら絶望先生 限定版 20巻 ([特装版コミック])

作家
久米田康治
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784063583137
作品情報を見る

「久米田康治」人気の作品ランキングをもっと見る

「久米田康治」の関連画像・写真

「久米田康治」の関連画像・写真をもっと見る