読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

原田マハ

職業・肩書き
作家
ふりがな
はらだ・まは

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1962年7月14日、東京都生まれ。小説家及びキュレーター、カルチャー・エッセイスト。関西学院大学文学部日本文学科、及び早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。10代の頃から、自作イラストつきの恋愛小説や少女漫画を描き始める。1991年、伊藤忠商事株式会社に入社。新規事業開発室にて、全国の地方自治体や企業のアート及び文化に関するコンサルティング業務に携わる。1995年、伊藤忠を退社。その後、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館(MoMA)での勤務を経て、2002年、フリーのキュレーターとして独立する。2003年、カルチャーライターとして執筆活動を始め、2005年、『カフーを待ちわびて』(2008年、宝島社文庫)で作家デビューを果たす。また同作品で、第1回日本ラブストーリー大賞を受賞、特典として映画化もされた(2009年、エイベックス・エンタテインメント)。2012年、『楽園のカンヴァス』(2012年、新潮社)で第25回山本周五郎賞受賞、また第147回直木賞候補にもなる。その後も『ジヴェルニーの食卓』(2013年、集英社)、『暗幕のゲルニカ』(2016年、新潮社)、『美しき愚かものたちのタブロー』(2019年、文藝春秋)も直木賞候補に挙がる。

その他の著書に、『サロメ』(2017年、文藝春秋)、『原田マハの印象派物語』(2019年、新潮社)、『異邦人』(2015年、PHP研究所)、『リーチ先生』(2016年、集英社)、『ゴッホのあしあと 日本に憧れ続けた画家の生涯』(2018年、幻冬舎新書)など多数ある。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2006年
『カフーを待ちわびて』第1回日本ラブストーリー大賞
2012年
『楽園のカンヴァス』第25回山本周五郎賞
2017年
『リーチ先生』第36回新田次郎文学賞

「原田マハ」のおすすめ記事・レビュー

関ジャニ∞安田章大主演で『リボルバー』が舞台化! 原田マハの小説おすすめ5選!

関ジャニ∞安田章大主演で『リボルバー』が舞台化! 原田マハの小説おすすめ5選!

『リボルバー』(幻冬舎)

 ゴッホの死の謎を巡るアートミステリー『リボルバー』(幻冬舎)。魂を揺さぶるようなこの作品は「2021年No.1のエンターテインメント小説」との呼び声も高く、関ジャニ∞の安田章大さん主演で同作の舞台が始まるなど、大きな注目を集めている。

 作者の原田マハさんといえば、ニューヨーク近代美術館(MoMA)などの美術館への勤務経験があり、現在はフリーのキュレーターとしても活躍する異色の小説家だ。「アート小説の第一人者」などと称されるが、アートが題材ではない物語でも、私たちの心を揺り動かすような極上のエンターテインメントを提供してくれる。そんな原田マハさんのオススメ小説を5作品ご紹介しよう。

ルソーの情熱が胸を高鳴らせるアートミステリー『楽園のカンヴァス』 『楽園のカンヴァス』(新潮社)  はじめて原田マハさんの作品を読むならば、まずは『楽園のカンヴァス』(新潮社)がオススメだ。この作品は、史実とフィクションを巧みに織り交ぜる彼女のアート小説の魅力がギュッと詰まった一冊なのだ。物語の中心になるのは、ルソーの大作絵画「夢」。絵画の真贋…

全文を読む

原田マハの短編集『ギフト』が文庫化!「どの話も優しさに包まれている」「ちょっと落ち込んだ時に読むと響く」と絶賛のショートストーリー

原田マハの短編集『ギフト』が文庫化!「どの話も優しさに包まれている」「ちょっと落ち込んだ時に読むと響く」と絶賛のショートストーリー

『ギフト』(原田マハ/ポプラ社)

 第25回「山本周五郎賞」に輝いた『楽園のカンヴァス』や、画家・ゴッホをめぐる物語を描いた『たゆたえども沈まず』など、数々の名作を生み出してきたストーリーテラー・原田マハ。その才能を存分に堪能できる短編集『ギフト』が、2021年1月4日(月)に文庫化を果たす。

 同書に収録されているのは、心温まる20の物語(ギフト)。慌ただしい日常の中に潜んだ“小さな幸せ”が、さまざまな人間関係と共に描き出されていく。1話ごとの分量が短いショートストーリーだからこそ、ギュッと凝縮された作家の個性を楽しめるだろう。

 もやもやとした気持ちを抱いて私は旅に出る(「この風がやんだら」)。大学時代の親友の結婚式へ向かう特別な近道(「コスモス畑を横切って」)。海外留学の前夜、桜並木の下を父親と歩く(「そのひとひらを」)。エニシダの枝に飾られた、彼からのメッセージ(「花、ひとつぶ」)。どの短編に描かれているのも、特別なエピソードではない。ごく平凡に生きている人が共感できるような、リアルなシチュエーションが設定されている。丁寧に描き出される登場人物…

全文を読む

小説家・原田マハ完全プロデュース! 京都・清水寺で8日間限定の展覧会開催決定

小説家・原田マハ完全プロデュース! 京都・清水寺で8日間限定の展覧会開催決定

 9月1日(日)~8日(日)の8日間限定で開かれる「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展」の記者会見が8月9日都内で行われた。

 本展の総合ディレクターを務めるのは、キュレーターとしてのキャリアをもつ小説家の原田マハさん。会場は美術館ではなく世界遺産の京都・清水寺、開場は朝7時、書き下ろし小説『20CONTACTS 消えない星々との短い接触』(幻冬舎)と連動、と異例づくしの展覧会だ。

 きっかけは、自身も所属するICOM(アイコム/国際博物館会議)の世界大会が同時期に京都で開催されることだった。「ICOMのスローガン『戦争で分断された世界をミュージアムで再びつなごう』に感銘を受け、彼らをサポートしたいという気持ちで今回の企画展を立ち上げました」と意気込みを見せる。

 展示の特徴のひとつに、美術品、マンガ、映画、文学という4つのジャンルにまたがっていることがあげられる。「日本人がどうやって世界のアートを受容してきたのか、『コンタクト』をテーマにキュレーションしました。中心となったのは雑誌『白樺』(近代日本最大の文芸・美術同人誌)とゴッホ…

全文を読む

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞 2018」の受賞作が決定した。

 ノミネート作品10作品の中から大賞に選ばれたのは、辻村深月氏の『かがみの孤城』(ポプラ社)。  翻訳小説部門では『カラヴァル 深紅色の少女』(ステファニー・ガーバー:著、西本かおる:訳/キノブックス)が選ばれた。 ●2018年本屋大賞大賞受賞作 『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)

⇒辻村さんインタビューはこちら ⇒作品レビューを読む

●2位 『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)

⇒柚月裕子さん×ひふみんトークイベントはこちら

●3位 『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)

⇒作品レビューを読む

●4位 『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)

●5位 『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)

⇒作品レビューを読む

●6位 『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)

⇒関連ニュースはこちら

●7位 『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

●8位 『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)

⇒作品レビューを読む

●9位 『百貨の魔法』(村山早紀/ポ…

全文を読む

原田マハが描くスイーツのような物語は、宝塚近くの住宅街にある洋菓子店「スイート・ホーム」が舞台

原田マハが描くスイーツのような物語は、宝塚近くの住宅街にある洋菓子店「スイート・ホーム」が舞台

アート小説の名手として、『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』『たゆたえども沈まず』などで画家の人生、名画の背景をたどってきた原田マハさん。そんな彼女が、久々に「非アート小説」を発表した。『スイート・ホーム』は、高台の街にある小さな洋菓子店をめぐる物語。店を営む香田家を中心に、エピソードごとに彼らの親戚、常連客へと主人公が移り変わっていく連作短編集だ。

原田マハ はらだ・まは●1962年、東京都生まれ。森ビル森美術館開設室、同室からの派遣でニューヨーク近代美術館での勤務を経て、フリーのキュレーターとして独立。2006年、『カフーを待ちわびて』で作家デビュー。12年、『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞しベストセラーに。他に『暗幕のゲルニカ』『サロメ』『太陽の棘』『たゆたえども沈まず』『翔ぶ少女』など著書多数。   「デビューから5年目ぐらいだったでしょうか、『宝塚周辺を舞台にした、ファミリーの物語を書いてほしい。女性を元気づけるようなお話にしてほしい』とのご依頼をいただいたんです。当時はいろいろなことに挑戦したい時期で、“…

全文を読む

地味な人生を歩いた父には「愛したもの」があった――40過ぎの独身女性6人の物語。疲れた心を癒す優しい短編集『あなたは、誰かの大切な人』

地味な人生を歩いた父には「愛したもの」があった――40過ぎの独身女性6人の物語。疲れた心を癒す優しい短編集『あなたは、誰かの大切な人』

『あなたは、誰かの大切な人』(講談社) 幸せの形は色々ある。昔は、結婚をして、家を建て、子どもを育てることが1つのステータスだった。現代では多様化する価値観によって、みんながそれぞれ自分の人生の在り方を探すようになった。結婚も家も子どもも、日本人すべてに当てはまる幸せの形ではなくなってきている。これはとても良いことだと思う。しかし裏を返せば、日本人が目指すべき一定のラインを、それぞれが引き直すことによって、一人ひとりが自分の幸せの形を自力で見つけ出す必要が出てきた。これはなかなか大変な作業ではないか。

原田マハさんの短編集『あなたは、誰かの大切な人』(講談社)には、6編の短編の中で、それぞれ6人の女性が登場する。全員が独身で、アラフォー以上の年齢。大人の女性が主人公だ。6人とも幸せな生活を送っているとは言いきれないが、彼女たちは全員、自ら選んだ人生を生きていた。 ■無用の人 美術館で学芸員として働く羽島聡美。彼女の職場に宅配便が届く。ひと月前に他界した父からだった。集荷日は2月1日。配達希望は4月5日。父が他界したのは3月1日。父は死のひと月前か…

全文を読む

謎の窃盗団〈アノニム〉が幻の名画を救う!? 現代アートをめぐる痛快エンターテインメント【原田マハインタビュー】

謎の窃盗団〈アノニム〉が幻の名画を救う!?  現代アートをめぐる痛快エンターテインメント【原田マハインタビュー】

 カンヴァスを床に置き、俯瞰しながら絵具を絵筆からしたたらせる。縦横無尽に色彩をまき散らし、動きの軌跡をそのまま絵にとどめる──。ジャクソン・ポロックは、そんな「アクション・ペインティング」でアートに革命を起こした抽象表現主義の旗手。中でも有名なのが、ニューヨーク近代美術館所蔵の「Number 1A」、オークションで2億ドル(!)もの値が付いた「Number 17A」をはじめとする大画面の作品群だ。そのナンバリングシリーズに、もしも未発表の大作「ナンバー・ゼロ」があったとしたら? そして、その絵が狂気のコレクターに狙われていたら……?

原田マハ はらだ・まは●1962年、東京都生まれ。森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、フリーのキュレーターとして独立。2005年、『カフーを待ちわびて』で作家デビュー。12年、『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞しベストセラーに。他に『暗幕のゲルニカ』『サロメ』など著書多数。  

 原田マハさんの新作『アノニム』は、アート愛と奇想が躍動する極上のエンターテインメント小説。義賊のような怪盗集…

全文を読む

注目の新刊 『ユニコーン—ジョルジュ・サンドの遺言』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『ユニコーン—ジョルジュ・サンドの遺言』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

タピスリーに描かれた貴婦人は、ジョルジュ・サンドに助けを求めた——。中世ヨーロッパ美術の最高傑作『貴婦人と一角獣』が織りなすミステリアスな愛の物語が幕を開ける。『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞を受賞したアート小説の旗手による書き下ろし。

全文を読む

「原田マハ」のおすすめ記事をもっと見る

「原田マハ」のレビュー・書評をもっと見る

「原田マハ」の本・小説

リボルバー

リボルバー

作家
原田マハ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-05-26
ISBN
9784344037694
作品情報を見る
やっぱり食べにいこう。 (毎日文庫)

やっぱり食べにいこう。 (毎日文庫)

作家
原田マハ
出版社
毎日新聞出版
発売日
2021-11-01
ISBN
9784620210377
作品情報を見る
20CONTACTS 消えない星々との短い接触 (幻冬舎文庫)

20CONTACTS 消えない星々との短い接触 (幻冬舎文庫)

作家
原田マハ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-08-05
ISBN
9784344431157
作品情報を見る
モネのあしあと (幻冬舎文庫)

モネのあしあと (幻冬舎文庫)

作家
原田マハ
出版社
幻冬舎
発売日
2021-04-08
ISBN
9784344430792
作品情報を見る
1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

作家
赤川次郎
江國香織
角田光代
田丸雅智
中島京子
原田マハ
森浩美
吉本ばなな
出版社
双葉社
発売日
2020-03-11
ISBN
9784575523287
作品情報を見る
太陽の棘

太陽の棘

作家
原田マハ
出版社
文藝春秋
発売日
2014-04-21
ISBN
9784163900537
作品情報を見る
ギフト (ポプラ文庫 は 9-2)

ギフト (ポプラ文庫 は 9-2)

作家
原田マハ
出版社
ポプラ社
発売日
2021-01-04
ISBN
9784591167922
作品情報を見る
総理の夫 First Gentleman 愛蔵版

総理の夫 First Gentleman 愛蔵版

作家
原田マハ
出版社
実業之日本社
発売日
2021-07-30
ISBN
9784408537894
作品情報を見る

「原田マハ」人気の作品ランキングをもっと見る

「原田マハ」の関連画像・写真

「原田マハ」の関連画像・写真をもっと見る