読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

島田荘司

職業・肩書き
作家
ふりがな
しまだ・そうじ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1948年広島県生まれ。81年『占星術殺人事件』でデビュー。以降、『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』などの御手洗潔シリーズや、『光る鶴』などの吉敷竹史シリーズで人気を博す。現代日本の本格ミステリーを代表する作家として、国内外で絶大な支持を得ている。他の作品に『写楽 閉じた国の幻』『幻肢』『新しい十五匹のネズミのフライ』など。第12回日本ミステリー文学大賞を受賞。新人作家の発掘にも積極的に携わる。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2008年
第12回日本ミステリー文学大賞

「島田荘司」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『星籠(せいろ)の海(上・下)』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

注目の新刊 『星籠(せいろ)の海(上・下)』 ダ・ヴィンチ2013年12月号

瀬戸内海に浮かぶ興居島の湾に、連続して死体が流れ着く。事件の解明を依頼された御手洗潔は、手がかりをもとめて広島県福山へ。その町では、ボート訓練中に巨大な怪物に出会ったという者がいて……。怪事件の続く「時計仕掛けの海」に御手洗が挑むミステリー巨編。

全文を読む

注目の新刊 『ゴーグル男の怪』 ダ・ヴィンチ2012年2月号

注目の新刊 『ゴーグル男の怪』 ダ・ヴィンチ2012年2月号

次々と発見される奇妙な五千円札、錯綜する目撃情報、囁かれるウラン臨界事故の因縁……。そして、老婆が殺された濃霧の夜、顔を隠した「ゴーグル男」が闇に消えた。張り巡らされた伏線と戦慄の事件が、ねじれ結ばれ混線する、本格ミステリーと都市伝説、ホラーの融合。

全文を読む

「島田荘司」のおすすめ記事をもっと見る

「島田荘司」の関連画像・写真

「島田荘司」の関連画像・写真をもっと見る