読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

木村拓哉 (SMAP)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
きむら・たくや

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1972年東京都出身。91年SMAPのメンバーとしてデビュー。『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』『HERO』など数々の大ヒットドラマに主演。主演映画『武士の一分』での演技も高く評価された。

「木村拓哉」のおすすめ記事・レビュー

木村拓哉「見たことのない、味わったことのない作品になる」 警察学校を描いた小説『教場』がドラマ化!

木村拓哉「見たことのない、味わったことのない作品になる」 警察学校を描いた小説『教場』がドラマ化!

『教場』(長岡弘樹/小学館)

 警察学校を舞台にした長岡弘樹の小説『教場』が、木村拓哉主演でドラマ化されることが明らかに。演出はドラマ「プライド」でも木村とタッグを組んだ中江功が担当するとあって、「完成度の高いドラマが期待できそう」「最近あまり見ないシビアなストーリーにドキドキする」と話題だ。

 同作は、木村演じる教官・風間公親が指導に当たる警察学校・初任科第198期短期課程の物語。風間は警察学校を「優秀な警察官を育てるための機関ではなく適性のない人間をふるい落とす場」だと考え、トラブルに見舞われた生徒には無情に退校届を突きつける。風間のもとで試練に立ち向かうのは、元教師や落ちこぼれ転職組、婚約者を亡くした女性などさまざまな経歴を持つ生徒たち。反抗、脱落、対立など生徒同士の思惑も渦巻く中で、風間は何を思って彼らに試練を課していくのか――。

 これまで検事や総理大臣、天才外科医など様々な役柄を演じてきた木村だが、今回の風間は“謎に満ちたヒール”という役どころだ。公式サイトではクランクイン前のコメントも掲載されており、木村は風間というキャラクターについ…

全文を読む

木村拓哉「バランスが非常に面白い」映画『マスカレード・ホテル』特報に大反響

木村拓哉「バランスが非常に面白い」映画『マスカレード・ホテル』特報に大反響

 木村拓哉と長澤まさみが初共演を果たした、映画『マスカレード・ホテル』のティザービジュアルと特報が公開された。封切りは2019年1月18日(金)と少し先だが、ネット上では早くも期待の声が続出している。

 同作は東野圭吾の同名小説が原作で、都内で起きた連続殺人事件の次なる場所として予告されたホテル「コルテシア東京」が舞台。木村演じる警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介と、長澤演じるホテルマン・山岸尚美がメインキャラだ。犯人逮捕に全力を挙げる新田は、客を守ろうとする山岸と目的の違いから対立。しかし2人は徐々に信頼関係を築き、共に事件に挑んでいく―。

 今回解禁された特報では、物語の舞台となる「コルテシア東京」がお目見え。豪華な内装ながら柔らかな照明で落ち着いており、フロントの山岸が「いらっしゃいませ」と笑顔で出迎えてくれる。しかし客が集うロビーにカットが切り替わると、緊迫した空気に一変する――。

 ホテルで潜入捜査をする刑事という特殊な役柄に、木村は公式サイトで「今回は潜入捜査であり、ホテルマンでもあるので、そのバランスが非常に面白いと思っています」と…

全文を読む

木村拓哉と二宮和也が対立! 映画「検察側の罪人」特報映像にファン歓喜

木村拓哉と二宮和也が対立! 映画「検察側の罪人」特報映像にファン歓喜

 雫井脩介の小説を原作とした映画「検察側の罪人」の特報映像が公開された。木村拓哉と二宮和也が真剣な表情で対峙する映像には「2人とも背筋がゾクゾクする演技!」「もう夏まで待てません」と歓喜の声が上がっている。  同作は、東京地検のエリート検事・最上と、同じ刑事部に配属された最上の元教え子・沖野の物語。ある老夫婦刺殺事件の捜査に立ち会った最上は、容疑者の一人に時効となった殺人事件の重要参考人の名前を発見。最上は今度こそ法による裁きを下そうと決意するが、沖野が最上の捜査方針に疑問を抱き2人は対立することになってしまう―。

 映画では最上を木村、沖野を二宮が演じており、特報では凶器に残された手掛かりを巡って2人が激しく口論。互いに検事としてのプライドをかけて事件に向き合う姿が、木村と二宮の迫真の演技で表現されている。特報を見た人からは、「短い映像でも真剣な表情に引き込まれる」「眉間のシワがさまになっててカッコよすぎ」と期待の声が後を絶たない。

 映画の公開は、2018年8月24日(金)。キャストには2人の他に吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真といった…

全文を読む

木村拓哉&長澤まさみ初共演! 東野圭吾『マスカレード・ホテル』映画化に大反響

木村拓哉&長澤まさみ初共演! 東野圭吾『マスカレード・ホテル』映画化に大反響

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾/集英社)

 東野圭吾の人気小説『マスカレード・ホテル』が、木村拓哉主演で2019年に映画化されることが分かった。この発表にファンからは「絶っっっ対観に行きます!」「2019年までは死ねない」と大反響が巻き起こっている。

同作は、都内で起こった連続殺人の次なる事件を防ぐべく、犯行が予告された高級ホテルに刑事・新田浩介が女性フロントクラークの山岸尚美の協力を得て潜入捜査を行っていく。

 刑事・新田役を演じる木村は、2017年の『無限の住人』、18年の『検察側の罪人』、19年の同作と3年連続で映画主演を務めることに。フロントクラークの山岸に扮するのは長澤まさみで、木村と長澤が共演するのは今回が初めて。監督を務める鈴木雅之は、木村とは映画化もされた「HERO」などでタッグを組んでいる。

 映画化にあたり、木村・長澤がそれぞれコメント。木村は「『マスカレード・ホテル』という非常に面白い原作を、如何に自分たちが体現できるかプレッシャーはありますが、全力で頑張ります」と作品に挑む意気込みを語った。一方の長澤は原作について、刑事と…

全文を読む

木村拓哉と二宮和也の初共演に反響続々 2018年公開映画「検察側の罪人」

木村拓哉と二宮和也の初共演に反響続々 2018年公開映画「検察側の罪人」

『検察側の罪人』上巻(雫井脩介/文藝春秋)

 2018年公開予定の映画「検察側の罪人」に、木村拓哉と二宮和也が出演することが発表された。2人の共演に「うそ!? 木村君とニノが同じ映画に出るなんて胸熱すぎるよ!」と大きな反響が起こっている。

 同作の原作となるのは、これまでにも『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などが映画化されている雫井脩介のサスペンスエンターテインメント小説。監督は「日本のいちばん長い日」などで知られる原田眞人が務める。

 木村演じるエリート検事である最上と、二宮演じる若手検事の沖野の対立が描かれる同作。時効が成立した殺人事件の重要参考人・松倉が、最上と沖野が担当する殺人事件の容疑者に浮上。最上は今度こそ松倉に法の裁きを受けさせようとする。そんな最上の姿に疑問を覚える沖野。お互いの正義を胸に2人は対峙していく。

 映画では初の共演となる木村と二宮。木村は主演作「無限の住人」が公開中で、二宮も主演映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」を11月に控えている。2人の共演に「今も信じらんない、キムタクとニノが同時に拝める!」「木村君と二宮君の対…

全文を読む

木村拓哉が『マガジン』20号に登場! 三池監督と初対面したときのエピソードや「無限の住人」で一番好きなキャラクターを語る

木村拓哉が『マガジン』20号に登場! 三池監督と初対面したときのエピソードや「無限の住人」で一番好きなキャラクターを語る

『週刊少年マガジン』20号(講談社)

 2017年4月19日(水)発売の『週刊少年マガジン』20号に、木村拓哉の特別インタビューが掲載され「少年誌に木村拓哉ってなんか良いね!」「普段買わない雑誌だけどキムタク万次さんのお出ましと聞いて買いました」と歓喜の声が上がっている。

 インタビューでは、主演映画「無限の住人」公開に先駆け、監督・三池崇史と初対面したときのエピソードや自身が演じる万次というキャラクター、そして映画の見どころでもあるアクションシーン撮影時の心構えについてを語った。さらにオファーを受けてから原作を大人買いしたという木村が、原作の中で「最強の剣士」だと感じた一番好きなキャラクターについても明かしている。

 インタビューはカラーページに掲載されており、映画のカットやキャラクタービジュアル、さらに撮りおろしの木村のカットも掲載。撮影の合間に『マガジン』を読むオフショットも公開され、「週刊少年マガジンを手にしている木村拓哉のフォトショットが新鮮」「いつ見てもめちゃくちゃかっこいいな」と『マガジン』読者の心を掴んだ。

 「無限の住人」は、不死身の体…

全文を読む

アイドルなのに主戦場はバラエティ…“国民的アイドル”SMAPが開拓した、ジャニーズとしての新しい道とは?

アイドルなのに主戦場はバラエティ…“国民的アイドル”SMAPが開拓した、ジャニーズとしての新しい道とは?

『ジャニーズと日本(講談社現代新書)』(矢野利裕/講談社)

 発表はひっくり返ることなく解散となったSMAP。ファン投票で曲目を決めるベストアルバムの発売や、紅白歌合戦の出場辞退のニュース、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回など、2016年はSMAPの最後の動向に注目してきた人も多いのではないだろうか。SMAPは、なぜこれほどまで世間の関心を集める「国民的アイドル」となったのか? デビュー当時は、ジャニーズにおいて「異端」と呼ばれていたにもかかわらず、最後はジャニーズを代表するまでの人気グループに成長を遂げたSMAPの軌跡を改めて『ジャニーズと日本(講談社現代新書)』(矢野利裕/講談社)でおさらいしていこう。

バラエティ番組で躍進したSMAP

 長らく「国民的アイドル」と呼ばれたSMAPだが、デビュー当時を振り返ってみると、そのスタートは決して順風満帆なものではなかった。

 デビューシングルは1位を獲って当たり前というジャニーズグループにおいて、1991年発売のSMAPのデビューシングル「Can’t Stop!!-LOVING-」はオリコ…

全文を読む

美智子さまの緊張をほぐした国民的アイドル・SMAP! SMAP解散を目前に続々登場している関連本を紹介!

美智子さまの緊張をほぐした国民的アイドル・SMAP! SMAP解散を目前に続々登場している関連本を紹介!

 2016年、最も衝撃を受けたニュースのひとつに、SMAPの解散をあげる人は多いだろう。名司会者として手腕を発揮する中居正広を中心に、雑誌『an・an』(マガジンハウス)の「抱かれたい男ランキング」のレジェンド・木村拓哉など、メンバーそれぞれが突出した才能を持ち、グループ名を冠したテレビ番組も多いため、その認知度は計り知れない。さらに、解散報道が流れた以降も、大ヒット曲「世界に一つだけの花」の購買運動や、ファンによるSMAPの存続を求める署名活動によって37万人分の署名が集まったことも記憶に新しい。デビュー25年を迎え、解散を目前に控えてもなおその人気の高さに驚かされるばかりだ。その一方で、皮肉なことに彼らの解散を機にSMAPの関連本も数多く出版されている。

平成史=SMAP史!?

『SMAPと平成ニッポン』(光文社)

 SMAPが活躍した平成を「不安にさらされた時代」と称し、彼らが社会に及ぼした影響と平成のアイドル、エンターテインメント論を展開している。SMAPといえば、デビュー曲で1位を取ることができなかった珍しいジャニーズグループとしても有名だ…

全文を読む

「木村拓哉」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉」のレビュー・書評をもっと見る

「木村拓哉」の本・小説

開放区 2

開放区 2

作家
木村拓哉
出版社
集英社
発売日
2011-09-30
ISBN
9784087806137
作品情報を見る
わたしのとっておきサラダ

わたしのとっておきサラダ

作家
渡辺有子
飛田和緒
カノウユミコ
ワタナベマキ
なかしましほ
瀬戸口しおり
牧田敬子
木村拓哉
出版社
家の光協会
発売日
2012-05-26
ISBN
9784259563707
作品情報を見る
TAKUYA KIMURA×MEN’S NON-NO ENDLESS

TAKUYA KIMURA×MEN’S NON-NO ENDLESS

作家
木村拓哉
出版社
集英社
発売日
2011-09-30
ISBN
9784087806144
作品情報を見る
開放区

開放区

作家
木村拓哉
出版社
集英社
発売日
2003-04
ISBN
9784087803778
作品情報を見る
長尾智子の料理1, 2, 3

長尾智子の料理1, 2, 3

作家
長尾智子
木村拓哉
出版社
暮しの手帖社
発売日
2012-12-19
ISBN
9784766001808
作品情報を見る
%(パーセンテージ) 木村拓哉写真集 -武士の一分-

%(パーセンテージ) 木村拓哉写真集 -武士の一分-

作家
木村拓哉
出版社
マガジンハウス
発売日
2006-11-11
ISBN
9784838717262
作品情報を見る
木村拓哉 プレミアムボックス!

木村拓哉 プレミアムボックス!

作家
木村拓哉
出版社
集英社
発売日
2011-09-30
ISBN
9784087806151
作品情報を見る
花より男子[CD]

花より男子[CD]

作家
神尾葉子
木村拓哉
横山智佐
西尾 拓美
飛田展男
子安武人
伊崎 寿克
真殿 充昭
石田 彰
出版社
集英社
発売日
1993-07
ISBN
9784089010792
作品情報を見る

「木村拓哉」人気の作品ランキングをもっと見る

「木村拓哉」の関連画像・写真

「木村拓哉」の関連画像・写真をもっと見る