読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

作家
綾辻行人
出版社
講談社
発売日
2007-10-16
ISBN
9784062758574
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!
1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫)

「十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)」のおすすめレビュー

衝撃の1行に戦慄!「本格ミステリ」のはじまり、綾辻行人著『十角館の殺人』を読書メーターユーザーはこう読んだ!

『十角館の殺人』(綾辻行人/講談社)

 不可解な謎。助けの来ない隔離空間。論理的で鮮やかな推理ショー。小説の中に「新本格ミステリ」というジャンルが生まれてから今年で早30年になる。あなたはその端緒となった綾辻行人氏のデビュー作『十角館の殺人』(綾辻行人/講談社)をご存知だろうか。多くのミステリファンの心を揺れ動かし、時代を切り開いたこの小説を「新本格ミステリ30周年」という節目の今こそ手にとってほしい。

 舞台は十角形の奇妙な館「十角館」の建つ孤島、角島。大分K**大学・推理小説研究会に所属する7人は、島で起きた殺人事件への興味からこの島に1週間滞在することにした。十角館を建てた建築家・中村青司の自宅が全焼し、中村夫妻と使用人夫妻の他殺体が発見された半年前の四重殺人事件。その謎に迫るはずが、やがて学生たちは連続殺人に巻き込まれていく――。

 物語の終盤の、衝撃的な1行。大どんでん返し。「騙されていたのは自分だったのだ」という驚きと、疾走感。戦慄。読書メーターユーザーは、この刺激的なミステリをどう読んだのだろう。

あの1文に鼓動がバックバク!!!まさかの状…

2017/9/6

全文を読む

新本格はここから始まった! ミステリの流れを変えた記念碑的傑作 綾辻行人著『十角館の殺人』

『十角館の殺人』(綾辻行人/講談社)

 2017年は新本格ムーブメントが起こってちょうど30年のメモリアルイヤーだ。その端緒となった綾辻行人のデビュー作『十角館の殺人』(講談社)の「限定愛蔵版」をはじめ、新本格30周年にちなんだ出版物やイベントが多数企画されており、往年のファンを喜ばせている。

 ここで「新本格って?」という方のために簡単に説明しておくと、新本格とは1980年代後半に起こった本格ミステリの復興運動だ。魅力的な謎とその論理的な解決を重視する「本格ミステリ」(エラリー・クイーンや横溝正史の作品がその代表)は当時、過去の遺物として隅に追いやられ、絶滅寸前だった。そうした状況に危機感を覚えた若い作家たちが、80年代後半から90年代にかけて登場。新鮮な本格作品を相次いで発表して、一大ムーブメントを巻き起こしたのだ。

 その先陣を切った作品こそ、87年9月5日に刊行された『十角館の殺人』である。無人島での連続殺人を扱った同作は、ベストセラー作家・綾辻行人の出発点であると同時に、本格再興の呼び水となり、現代ミステリの流れを大きく変えた記念碑的作品とな…

2017/9/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

去年ふと思い立って新装版を購入。改めて傑作である事を認識。無味乾燥に見える文体もテンポ良く読ませるための実は一要因。館シリーズは暗黒館で止まっているので、最終作が出るまでには全部復習しておきたい。お気に入りは迷路館と時計館。唯一の不満が探偵役の名前。島田潔って・・・。ほんとに適当につけちゃったのね・・・。その後の鹿谷という名前もいまいちセンスを感じられない。

サム・ミイラ

難を言えばどこがどんでん返しだったのか。彼しか犯人はいないだろうに。私には犯人も動機も早くから読めてしまい興味は決着のつけ方に。しかしなるほど残り数頁でこの展開とラストは素晴らしい。設定から雰囲気まで海外のミステリーの古典にも比肩しうる出来栄え。道具立てやニックネームなどにも遊び心は溢れている。作者の本格ミステリーへの愛情を強く感じる傑作である。いやはやこれがデビュー作とは‥。

2015/06/27

らぱ

続きが気になり、面白く読めたし、犯人にも驚かされましたが、心に残る言葉に出会えず残念でした。ただ驚かされただけ… 控えめに言っても、なんか違うものを読んでしまった感じです。

2018/04/02

勇波

十数年振りに再読。当時受けた衝撃こそもちろんないけど、本格推理の味わいは、昔と変わらず顕在。十分楽しめましたよ★

2014/03/21

まつ子

★★★★★ 再読。 今まで読んだミステリーの中でもベスト3くらいに入るびっくりなオチだったんだけど、今回は最初から犯人知ってたから細かい不自然な部分や殺人計画の穴が目立ちまくり(((・・;) それでも、雰囲気や登場人物の性格作り、そしてもちろん驚愕の犯人も含めて館シリーズで一番好きです(^o^)v たった一行でそれまで読んでた世界が変わる!

2018/12/28

感想・レビューをもっと見る