読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

綾辻行人

職業・肩書き
作家
ふりがな
あやつじ・ゆきと

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1960年、京都府生まれ。87年『十角館の殺人』で作家デビュー。以降、本格ミステリーの旗手として活躍。92年『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。主な作品に『霧越邸殺人事件』『暗黒館の殺人』『最後の記憶』『Another』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1992年
『時計館の殺人』第45回日本推理作家協会賞

「綾辻行人」のおすすめ記事・レビュー

新生『メフィスト』で、「館」シリーズの連載が……? 綾辻行人が語る「メフィストリーダーズクラブ」の可能性

新生『メフィスト』で、「館」シリーズの連載が……? 綾辻行人が語る「メフィストリーダーズクラブ」の可能性

森博嗣、舞城王太郎、辻村深月、西尾維新──。多くの才能を世に送り出してきた文芸誌『メフィスト』が、2021年10月に新たな形に生まれ変わった。それが、会員制読書クラブ「メフィストリーダーズクラブ」(以下〈MRC〉)。会員になると、小説誌『メフィスト』が年4回自宅に届くうえ、オンラインイベントへの参加、限定グッズの購入など、さまざまな特典がある。現在、小説誌で連載されているのは、五十嵐律人『幻告』、島田荘司『ローズマリーのあまき香り』、辻村深月『罪と罰のコンパス』、西尾維新『掟上今日子の忍法帖』、森博嗣『オメガ城の惨劇 SAIKAWA Sohei’s Last Case』という、豪華作家陣の長編。これらすべての作品を年額5500円、月額550円(ともに税込)で読めるのだから、謎とミステリーを愛する本好きなら見逃せないだろう。

そんな〈MRC〉の新たな門出を祝し、応援団さながらに力を貸しているのが綾辻行人さん。辻村深月さんや有栖川有栖さんとのオンライントークイベントでは、〈MRC〉でしか聞けない話を披露し、ミステリーファンを大いに沸かせた。今後は、「…

全文を読む

ミステリ好きは注目! 「メフィストリーダーズクラブ」の限定イベント「綾辻行人×辻村深月」トークイベントレポ

ミステリ好きは注目! 「メフィストリーダーズクラブ」の限定イベント「綾辻行人×辻村深月」トークイベントレポ

京極夏彦、森博嗣、舞城王太郎に西尾維新……唯一無二の才能を多数輩出してきた雑誌『メフィスト』(講談社)。2020年10月から休刊していた同誌が、オンライン上の読書クラブ「Mephisto Readers Club〈メフィストリーダーズクラブ/MRC〉」の会員にお届けする会報誌へとリニューアル! これを記念し、10月に会員限定オンラインイベントが開催。『メフィスト』創刊時から執筆陣に名を連ねていた綾辻行人さんと、メフィスト賞出身の辻村深月さんの対談が行われた。

辻村「リニューアルの話を聞いたときは、爆笑しました。愛が強すぎて」

進行もつとめる綾辻さんからまず「MRC立ち上げと、会報誌になると聞いたときはどう思いましたか?」と問われ、「爆笑したんですよね」と答えた辻村さん。

辻村「編集部の人たちの愛がすごいなと思って(笑)。たぶん、今の編集部員の方々って、ご自身が『メフィスト』を読んできた世代なんですよね。自分たちの愛してきた『メフィスト』を、同じように愛している仲間に届けたいっていう目線で出てきた発想なんだろうな、と。愛のすごさに爆笑したのち、心強いな…

全文を読む

華麗で芸術的なトリックに魅了されて――『霧越邸殺人事件』/佐藤日向の#砂糖図書館⑩

華麗で芸術的なトリックに魅了されて――『霧越邸殺人事件』/佐藤日向の#砂糖図書館⑩

理想や幻想というのは幸せをくれる反面、一歩間違うと危険を伴う可能性がある。 たとえば、あるアイドルが好きだとして、 「〇〇ちゃんは眼鏡をかけている姿が一番可愛いのに、何故最近コンタクトに変えたのだろう。全く似合っていない」 みたいな思考があったとする。 もちろんこれもひとつの意見と捉えられるが、実際には自分の理想を押し付けてしまっている可能性もある。 提案と理想の区別はすごく難しく、それが相手の負担になっていないか、と考え始めるときりがなくなってしまうが、一番危険だと思うのは、理想と現実の境界線が曖昧になることだ。   今回紹介する『霧越邸殺人事件』は、まさに登場人物たちの幻想と現実が混沌としていて、特に「幻想」の部分が魅惑的でミステリアスに描かれている作品だった。 『霧越邸殺人事件』は1995年に初版が発行された綾辻行人さんの作品で、私は2014年に改めて発行されたを手に取ってみた。 私は元々、気に入った作家さんの作品ばかりを読む癖があるのでどうしても読む作品が偏ってしまうが、私の大好きな作家のひとりである辻村深月さんが、ご自身のペ…

全文を読む

伊勢丹店長が失踪…!? 新本格ミステリ30周年記念! ISETAN×講談社新本格ミステリ×ミステリーナイトコラボイベント開催決定!

伊勢丹店長が失踪…!? 新本格ミステリ30周年記念! ISETAN×講談社新本格ミステリ×ミステリーナイトコラボイベント開催決定!

「名探偵がトリックを見抜き、不可解な謎を論理的に解決する」――ミステリの王道<新本格ミステリ>の誕生から今年で30周年を迎える。周年を記念し、9月29日(金)に伊勢丹新宿店にてスペシャルイベント「伊勢丹店長失踪事件」が開催される。

 ISETAN×講談社新本格ミステリ×ミステリーナイトのコラボレーションにより実現した、本イベント。参加者が探偵となり、トリックを暴くミステリーツアーだ。

 イベント前夜に忽然と姿を消した伊勢丹新宿店長。何者かに連れ去られた形跡が! 犯人は店内にいる!? 消えた店長を探し、館内で証拠や証言を集めながら犯人を追え!

ISETAN×講談社新本格ミステリ×ミステリーナイト プレミアムフライデースペシャルイベント 「伊勢丹店長失踪事件」 場所:伊勢丹新宿店 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目14ー1 営業時間:10時30分~20時00分 TEL:03-3352-1111 開催日時:2017年9月29日(金) 15時00分~18時45分 受付開始時間:14時50分 参加費:無料 所要時間:45分~60分 参加人数:640名 …

全文を読む

「新本格ミステリ」誕生30周年記念! Amazon内に特設ページ開設! レジェンド作家から若手まで豊富なラインナップを紹介

「新本格ミステリ」誕生30周年記念! Amazon内に特設ページ開設! レジェンド作家から若手まで豊富なラインナップを紹介

『十角館の殺人 限定愛蔵版』

『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』

『謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー』

『謎の館へようこそ 黒 新本格30周年記念アンソロジー』

 誕生から今年で30周年を迎えた「新本格ミステリ」。Amazon内に30周年を記念した特設ページが開設されている。

 綾辻行人『十角館の殺人』刊行により始まった、「新本格ミステリ・ムーヴメント」と呼ばれる一大潮流。名探偵がトリックを見抜き、不可解な謎を論理的に解決するストーリー展開は、まさにミステリの王道だ。  綾辻氏を皮切りに、有栖川有栖氏、法月綸太郎氏、我孫子武丸氏、歌野晶午氏、山口雅也氏、麻耶雄嵩氏、北村薫氏といった、現在も第一線で活躍する人気作家が次々とデビュー。「新本格」は人気ジャンルへと確立していった。そしてその後この流れは、京極夏彦氏、森博嗣氏、西尾維新氏、辻村深月氏など人気作家が輩出し続ける、講談社主宰の小説新人賞「メフィスト賞」へと受け継がれていく。

 Amazon特設ページでは、「新本格ミステリ」を作り上げた大御所から若手までの豊富なラインナッ…

全文を読む

綾辻行人が京極夏彦を追う! ありえない面白さの超絶エンタメ

綾辻行人が京極夏彦を追う! ありえない面白さの超絶エンタメ

 中島敦、太宰治、芥川龍之介などの文豪をモデルにした美形キャラクターが異能力バトルをくり広げるマンガ『文豪ストレイドッグス』。累計220万部を突破し、TVアニメ化も決定しているこの人気作の外伝小説が、原作者・朝霧カフカさんによって発表された。  今回キャラクターに選ばれたのは、なんと現役作家である綾辻行人、京極夏彦、辻村深月の三氏。しかも作中の綾辻と京極は宿命のライバル同士という設定だ。え、そんな小説、書いちゃっていいのですか!? まずは驚くべきプロジェクトの成り立ちについてうかがった。

朝霧カフカ あさぎり・かふか●シナリオライター。『文豪ストレイドッグス』『汐ノ宮綾音は間違えない。』『水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話』のコミックス原作を手がける。『文豪ストレイドッグス』は自らスピンオフ小説も執筆。現在『ヤングマガジンサード』にオリジナルSF小説『ギルドレ』を連載中。  

「驚いて当然だと思います(笑)。戦国武将ならまだしも、現役の作家さんをバトルさせるなんて聞いたこともないですよね。そもそもの発端は、マンガのプロモーション用に綾辻先生と京極先…

全文を読む

綾辻行人・京極夏彦・辻村深月がキャラクター化!?『文豪ストレイドッグス』外伝で大活躍!

綾辻行人・京極夏彦・辻村深月がキャラクター化!?『文豪ストレイドッグス』外伝で大活躍!

 累計170万部を突破し、アニメ化も決定した異能バトルアクションコミック『文豪ストレイドッグス』。その外伝として、綾辻行人・京極夏彦・辻村深月の3人の現役作家が登場する連載が、2015年10月7日(水)発売の角川キャラクター小説マガジン『小説屋sari-sari』10月号よりスタートする。執筆は、コミック原作者の朝霧カフカ、イラストはコミック作者の春河35が担当している。3人のキャラクターデザインと特徴を少し紹介しよう。 ●綾辻行人 「今これから訪れるものが、貴様の死だ。よく味わえ。」 “殺人探偵”の呼び名を持つ探偵。探偵事務所を開いているが、あまりにも危険な能力を持つため政府から特A級危険異能者に指定され常に監視されている。ドSで超然とした態度で他人を煙に巻く。人形集めが趣味。異能名は「Another」。 殺人事件の犯人を見抜くと犯人が必ず事故死する。

京極夏彦 「君では儂に勝てんよ、殺人探偵。永遠にな。」 綾辻の宿敵にして“妖術師”の異名をとる怪人。超越的な異能を持ちながら政府の犬と堕している綾辻にちょっかいをかけるのが趣味。これまで何度も…

全文を読む

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

怪談専門誌『幽』再臨!移籍後初刊行は「ハーン/八雲」特集!

『幽 vol.22』(角川書店)

怪談専門誌『幽』の最新号22号が2015年1月30日に発売された。

角川書店に移籍後、満を持しての刊行となるだけに、ファン待望の1冊といえるだろう。内容は怪談小説、怪談実話、鼎談などがギッシリと凝縮されている。

表紙写真は佐野史郎が担当、移籍後初刊行となる特集は「ハーン/八雲 Retold」。朗読会のリポート、山田太一×工藤美代子の特別対談、小泉八雲の論考、読書案内と充実した内容となっている。

さらに怪談小説、怪談実話では京極夏彦、小野不由美など人気作家がずらりと並ぶ。

怪談小説 新連載 初野晴 「マルコの福音書1」 円城塔/訳 小泉八雲/著 「オシドリ ほか四篇」 綾辻行人 「海鳴(うみな)り」 京極夏彦 「鬼談 鬼棲」 小野不由美 「営繕かるかや怪異譚 芙蓉記」 有栖川有栖 「濱地建三郎の事件簿2 黒々とした穴」 恒川光太郎 「十二月の悪魔」

怪談実話 福澤徹三 「怖(ふ)の日常」 小池壮彦 「日本の幽霊事件」 安曇潤平 「山の霊異記」 工藤美代子 「日々続々怪談」 立原透耶 「ひとり百物語」 松村進吉 「セメント怪談…

全文を読む

「綾辻行人」のおすすめ記事をもっと見る

「綾辻行人」のレビュー・書評をもっと見る

「綾辻行人」の本・小説

人間じゃない 〈完全版〉 (講談社文庫)

人間じゃない 〈完全版〉 (講談社文庫)

作家
綾辻行人
出版社
講談社
発売日
2022-08-10
ISBN
9784065282779
作品情報を見る
謎解きミステリー (絶対名作! 十代のためのベスト・ショート・ミステリー)

謎解きミステリー (絶対名作! 十代のためのベスト・ショート・ミステリー)

作家
有栖川有栖
綾辻行人
道尾秀介
千街晶之
出版社
汐文社
発売日
2021-12-20
ISBN
9784811329116
作品情報を見る
十角館の殺人(5) (アフタヌーンKC)

十角館の殺人(5) (アフタヌーンKC)

作家
綾辻行人
清原紘
出版社
講談社
発売日
2022-05-23
ISBN
9784065278543
作品情報を見る
十角館の殺人 (講談社文庫)

十角館の殺人 (講談社文庫)

作家
綾辻行人
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784061849792
作品情報を見る
黄昏の囁き 〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

黄昏の囁き 〈新装改訂版〉 (講談社文庫)

作家
綾辻行人
出版社
講談社
発売日
2021-08-12
ISBN
9784065236857
作品情報を見る
皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

作家
皆川博子
綾辻行人
有栖川有栖
石井千湖
井上雅彦
伊豫田晃一
宇野亞喜良
岡田嘉夫
恩田陸
佳嶋
北原尚彦
北村薫
日下三蔵
久世光彦
倉田淳
黒田夏子
小森収
近藤史恵
今野裕一
齋藤愼爾
坂野公一
佐藤亜紀
篠田節子
篠田真由美
新保博久
須賀しのぶ
千街晶之
竹本健治
建石修志
垂野創一郎
千早茜
中川多理
西崎憲
服部まゆみ
鳩山郁子
東雅夫
深緑野分
松田青子
宮木あや子
門賀美央子
柳川貴代
山科理絵
山田正紀
山本ゆり繪
島村理麻
光森優子
小口稔
鈴木一人
小塚麻衣子
古市怜子
戸井武史
秋月透馬
河出書房新社編集部
林由紀子
出版社
河出書房新社
発売日
2018-05-24
ISBN
9784309026749
作品情報を見る
暗闇の囁き (講談社文庫)

暗闇の囁き (講談社文庫)

作家
綾辻行人
出版社
講談社
発売日
1998-06-12
ISBN
9784062638357
作品情報を見る
霧越邸殺人事件 (新潮文庫)

霧越邸殺人事件 (新潮文庫)

作家
綾辻行人
出版社
新潮社
発売日
1995-01-30
ISBN
9784101386119
作品情報を見る

「綾辻行人」人気の作品ランキングをもっと見る

「綾辻行人」の関連画像・写真

「綾辻行人」の関連画像・写真をもっと見る