読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

白いひつじ

白いひつじ

白いひつじ

作家
長野まゆみ
出版社
筑摩書房
発売日
2009-11-27
ISBN
9784480804235
amazonで購入する

白いひつじ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

日常とは少し離れたような世界観を見た気がします。大学入学のため、下宿を探していた矢先、行き着いたのが男子寮。美しい季節の中、入寮するまでの物語は美しくも切なさを感じさせます。長野さんにしては珍しく比較的ハッキリした終わり方だと思いました。その後の物語が気になります。

2019/02/05

箕田 悠

寮の中で繰り広げられる男性同士の恋愛かとおもいきや違った。 名前が難しすぎて何度もページを戻ってふりがな確認してしまった(笑) ラストの種明かしにこっちもまんまと騙されていた。 伏線あったかなー。気づかなかった。 長野まゆみさんの作風は全体的に切なさが漂っていて個人的にとても好き。

2014/11/14

yourin♪

長野さんの物語の世界はとても好きだなぁと思う。古風で和と洋が絶妙に混じり合っていて洗練されている。お料理やインテリアや風景描写そして人間関係・・・私の慌ただしい俗な世界とはかけ離れていて憧れちゃうんだなぁ~。 この話もとてもよかった。今まで読んだ中で一番好きかもしれないなぁ。 鳥貝がたくさんの人に見守られていたと知った時、心がじわっと温かくなって熱いものが込み上げてきた。

2011/02/14

橘@小確幸

購入で再読です。春の始まりの頃の、柔らかい空気を感じました。透明感のある光。出てくる男の子たちは一筋縄でいかない感じでしたが、ミハルさんが好きでした。こんな余裕を持ちたいです。その後があったりしないのかな。余韻がありました。

2017/01/21

きゅーま(きさり)

大学生になり上京した鳥貝。住む場所が見つからず困っていた鳥貝は大学で出会った先輩に勧められるまま個人経営の寮に世話になるが… やっぱり長野先生の瑞々しい心理描写大好きです。あと美味しそうな食べ物の描写も! 百合子かわいい。ひねくれたところがとてもかわいい。素直でちょっと天然な鳥貝くんも好感がもててよかったです!

2011/04/23

感想・レビューをもっと見る