読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

市川拓司

職業・肩書き
作家
ふりがな
いちかわ・たけじ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1962年、東京生まれ。2002年『Separation』でデビュー。『いま、会いにゆきます』は映画化され、ミリオンセラーに。『恋愛寫眞』『そのときは彼によろしく』も映画化。他の著書に『世界中が雨だったら』『ぼくの手はきみのために』『吸涙鬼』など。

「市川拓司」のおすすめ記事・レビュー

注目の新刊 『こんなにも優しい、世界の終わりかた』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『こんなにも優しい、世界の終わりかた』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

すべてを終わりに導く青い光が現れ、どうやら世界は本当に終わりを迎えるらしいとわかったとき、ぼくは彼女に会うため500㎞離れた町へ向かう旅に出た。愛しさと哀しみ、そして圧倒的な優しさが胸を打つ、さまざまな愛のメッセージが込められた極上の「愛の物語」。

全文を読む

注目の新刊『ぼくらは夜にしか会わなかった』ダ・ヴィンチ2011年12月号

注目の新刊『ぼくらは夜にしか会わなかった』ダ・ヴィンチ2011年12月号

憶えていてね、と彼女は言った。忘れないで。──天文台で、植物園で、雑木林で、ぼくらは会っていた。『いま、会いにゆきます』『その時は彼によろしく』など純粋な恋愛を描いてきた著者が贈る、せつない祈りに満ちた純愛小説集。大切な人を思いながら読みたい一冊。

全文を読む

「市川拓司」のおすすめ記事をもっと見る

「市川拓司」のレビュー・書評をもっと見る

「市川拓司」の本・小説

ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)

ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)

作家
市川拓司
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-05-01
ISBN
9784022931184
作品情報を見る
ぼくらは夜にしか会わなかった (祥伝社文庫)

ぼくらは夜にしか会わなかった (祥伝社文庫)

作家
市川拓司
出版社
祥伝社
発売日
2014-07-24
ISBN
9784396340476
作品情報を見る
こんなにも優しい、世界の終わりかた (小学館文庫)

こんなにも優しい、世界の終わりかた (小学館文庫)

作家
市川拓司
出版社
小学館
発売日
2016-05-07
ISBN
9784094062908
作品情報を見る
壊れた自転車でぼくはゆく (朝日文庫)

壊れた自転車でぼくはゆく (朝日文庫)

作家
市川拓司
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-01-04
ISBN
9784022648723
作品情報を見る
ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)

ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)

作家
市川拓司
出版社
朝日新聞出版
発売日
2016-06-13
ISBN
9784022736680
作品情報を見る
私小説

私小説

作家
市川拓司
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-07
ISBN
9784022515407
作品情報を見る
MM

MM

作家
市川拓司
出版社
小学館
発売日
2017-07-12
ISBN
9784093864718
作品情報を見る
壊れた自転車でぼくはゆく

壊れた自転車でぼくはゆく

作家
市川拓司
出版社
朝日新聞出版
発売日
2015-01-07
ISBN
9784022512505
作品情報を見る

「市川拓司」人気の作品ランキングをもっと見る

「市川拓司」の関連画像・写真

「市川拓司」の関連画像・写真をもっと見る