読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)

自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)

自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)

作家
乾くるみ
大崎梢
加納朋子
近藤史恵
坂木司
若竹七海
出版社
双葉社
発売日
2017-01-12
ISBN
9784575519624
amazonで購入する

「自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫)」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめ小説ランキング!!

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「小説」ランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「小説」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

 

小説部門

1位

僕が恋したカフカな彼女 (富士見L文庫) 森 晶麿

2位

自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫) 乾 くるみ,大崎 梢,加納 朋子,近藤 史恵,坂木 司,若竹 七海

3位

カブールの園 宮内 悠介

4位

舞台 (講談社文庫) 西 加奈子

5位

【2017年・第15回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】 がん消滅の罠 完全寛解の謎 (『このミス』大賞シリーズ) 岩木 一麻

6位

夫のちんぽが入らない こだま

7位

たった、それだけ (双葉文庫) 宮下 奈都

2017/2/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

自薦 THE どんでん返し2 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

大崎さん・加納さん・坂木さん・若竹さんは既読で懐かしく(忘れてたのも・・・)読みました。未読では近藤さんのがよかったかな。

2017/02/01

みかん🍊

好きな作家さんばかりのどんでん返しアンソロジー、好きな作家さんだけに半分は既読だったけど、随分前に読んでたので殆ど忘れていて再び楽しめた、タイトルがどんでん返しだけに構えて読んでしまうので凄く驚く程ではないがちょっとブラック系だったり、ほのぼの温か系だったり、コージーミステリ―あり様々なジャンルが楽しめる。

2017/03/03

harupon

●乾くるみさん「同級生」は、ゾワゾワゾワ恐っ!●大崎梢さんの「絵本の神様」寂しいけれど、いい話でした。この話は作者の「平台がおまちかね」の中にもはいってるので読みたいと思います。●加納朋子「掌の中の小鳥」右か左かどちらを選ぶかで人生が変わる。ふと考えることがありますよ。●近藤史恵「降霊会」学園祭での出し物。ただの真似事だけじゃなかった。●坂木司さん「勝負」これは傑作でした。バスの降車ボタン押しの駆け引き。●若竹七海さん「…ピッツア事件」苗字の進化形が面白かった。

2021/03/25

りゅう☆

衝撃的などんでん返しを期待したのにそれほどでもなかった。自殺した『同級生/乾くるみ』がすぐ分かって拍子抜け。「幸せの黄色いハンカチ」テイストで心温まる『絵本の神さま/大崎梢』。絵をやめる、学校に行く「きっかけなんて大抵はつまらない偶然」なのか?『掌の中の小鳥/加納朋子』。『勝負/坂木司』がもたらした繋がりが温かい。記憶喪失の男が「亀田藤田野田会田篠田」って笑える『忘れじの信州味噌ピッツァ事件/若竹七海』。自殺の原因に気付いた時とんでもない取返しのつかないことに恐ろしさを感じた『降霊会/近藤史恵』がベスト。

2018/09/07

佳音

面白かった。だから、涙が出た。そんな大仰な本ではない。この本が出た、昨年、私は何をしていたんだろう。どうしようもない組織の中でもがいていた。誠意を尽くせば尽くすほど報われない人間関係に絶望もしていた。私生活が大事な事も忘れ、楽しむことも忘れていた自分を省みたのだ。心から楽しめる私になり、この本に出会えた。誘ってくれた人、この本を差し出してくれた人に感謝。ちゅーしたいが人妻なので厳に慎む。主催者 クロムハーツ王に宮廷式おじぎを。

2018/11/27

感想・レビューをもっと見る