読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)

転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)

転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室)

作家
内田樹
鷲田清一
高橋源一郎
加藤典洋
平川克美
小田嶋隆
白井聡
山崎雅弘
想田和弘
仲野徹
岡田憲治
出版社
晶文社
発売日
2016-07-16
ISBN
9784794968258
amazonで購入する

転換期を生きるきみたちへ──中高生に伝えておきたいたいせつなこと (犀の教室) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころりんぱ

面白くてためになったと書くと月並みすぎるか?内田さんを始めとする寄稿者たちの文章が自分の感覚に違和感なくスーッと入ってくるものだったから良かったのだと思う。今の政治や社会の仕組みに対して持っている疑問や疑念、ちょっとした嫌悪感、そういうものが噛み砕いて語られているから、読んでいて納得もできるし、発見もあった。まぁ多分けっこう偏っている。13歳のハローワークをペラ見した時のあれ?という苦い気持ちをぶった斬ってくれた小田嶋隆さんの章は読んでそっかぁー!と肩の力が抜けた。中高生だけに読ませるのはもったいない。

2017/01/02

けんとまん1007

さすがの投稿陣。内田先生に始まり、鷲田先生で閉じる、素晴らしい1冊。その方の視点にも大いに賛同する部分が多い。その中で、今まで知らなかった白井先生のテキストが抜群に面白い。今の時代、消費社会の根本的な問題点が、わかりやすく書かれている。なるほど~と唸った。そして、この本は中高生に・・・とあるが、すべての人が読むべきだと思う。柔らかな発想がある中高生には、期待するしかない。

2017/02/09

ヨル

現在の日本の体制は「破綻寸前」の歴史的転換期にあり、転換期にはものごとを根源的に考えることを要請される。そして若い人たちにものごとを誠実に説明しようとすれば根源的な問いを回避することはできない。若い人に「今起きていることを説明し、生き延びる道筋を示唆する」ー内田樹からの要請を受けた10人の書き手のアンソロジー。読みやすくわかりやすく書き手の熱い思いと危機感が伝わってくる、お年寄りや中年にも沁みそうだが、若い人にはぜひ読んで欲しい一冊です。小田嶋隆・岡田憲治・白井聡・想田和弘・鷲田清一が特によかった。

2019/05/23

魚京童!

転換期は何を言っても許されるからな。行動して成しあがった者だけが次世代の覇権を握ることができるし。そういう意味では今はチャンスに溢れているのかもしれない。これだけ好き勝手やって後は時代のせいにできるなんてなかなかないぞ。これではやらねば損だ。負けたってこの動乱に身を任せて流転すれば良い。

2016/10/03

たかやん

内田先生をはじめ11人の方々が「転換期を生き延びるための知恵と技術」について中高生に向けて語るアンソロジー。高橋源一郎氏によるオバマ前大統領の広島の演説での違和感、岡田憲治氏の"空気を読む"習慣、白井聡氏の消費社会、山崎雅弘氏の"国"という言葉の3つの意味づけ、などこれまで馴染みのなかった方の文章ほど惹かれる。油断して授業参観での保護者席にて腕組みしながら話を聞くような姿勢で読むと、いつの間にか中高生の生徒と同じように座る羽目になるかもしれません。

2018/02/26

感想・レビューをもっと見る