読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

学問の自由が危ない──日本学術会議問題の深層

学問の自由が危ない──日本学術会議問題の深層

学問の自由が危ない──日本学術会議問題の深層

作家
佐藤学
上野千鶴子
内田樹
長谷部 恭男
杉田敦
髙山 佳奈子
木村草太
後藤弘子
池内了
三島憲一
永田和宏
鷲谷 いづみ
津田大介
出版社
晶文社
発売日
2021-01-29
ISBN
9784794972507
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

学問の自由が危ない──日本学術会議問題の深層 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

manabukimoto

菅政権が介入した学術会議の任命拒否問題の学者たちからの解答集。 任命拒否された6人のうち、京大の芦名先生は大阪市大時代に宗教学を学んだ恩師。あんな温和で知的な先生を拒むなんて。 佐藤学先生の章で、憲法に於いて表現の自由(21条)から学問の自由(23条)が独立している重要さを、三島憲一先生の章からは、政府の説明を「差し控える」態度が、如何に民主主義の根幹を腐らすのかを、学ぶ。 読み応えあり。 阪大時代の三島先生の授業を思い出す。あの頃からずっと狐狼のニヒリスト。かっこいい。

2021/02/18

ネルシュン

寄稿した先生方の激しい怒りが、ひしひしと伝わってきました。これ以上政府の暴挙を許して良いのか。

2021/02/03

感想・レビューをもっと見る