読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 (論創ノンフィクション 005)

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 (論創ノンフィクション 005)

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 (論創ノンフィクション 005)

作家
雨宮処凛
上野千鶴子
今野晴貴
斎藤環
斎藤美奈子
CDB
武田砂鉄
仲正昌樹
前川喜平
町山智浩
松尾匡
丸川哲史
宮台真司
望月衣塑子
森達也
安田浩一
安田菜津紀
出版社
論創社
発売日
2020-09-18
ISBN
9784846019518
amazonで購入する

定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 (論創ノンフィクション 005) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ophiuchi

バブル崩壊以降、度重なる災害や経済危機など日本社会は次々と厄難にさらされたが、コロナ禍が日本にとどめを刺したと言われることになるのかもしれない。全体に散漫な印象は免れないが、これが第二、第三と続けて出ることの意義はあると思う。

2020/11/20

かみーゆ

コロナ禍の定点観測としての意義は大きいと思うけど、宮台真司とか書きたいこと書いてるだけだし、他にも自分のフィールドの話をアピールしたいだけみたいに読める人もいて、書き手の意識が統一されておらず散漫な印象なのが残念。特に「メディア」のとこ、この間コロナ関連の記事が1面トップになったのは何回あったのかとか、そういう定点観測として求められるものがなくて政府批判とかしてるのは勘違いとしか思えん。望月さんキライじゃないけどこれは完全に人選ミス。プチ鹿島氏みたいにメディア客観視できる人が必要だったと思います。

2020/10/18

ひるお

「コロナ禍における社会の動向を記憶する」ために、各分野の専門家がそれぞれの見地から現状を論じる「定点観測」の第一弾。「刊行によせて」で森達也氏が述べているように、まさに「考える足場のため」の「補助線」たる一冊だ。様々な分野で次々に噴出する問題を受けて混乱している頭を整理するには最適。各筆者の認識は当然一致しているわけではない。「絶対に正しい」誰かなど存在しないのだということを肝に銘じつつ、常に軌道修正し続ける思考を訓練するにもいいだろう。今後の第二弾、第三弾の刊行も待たれる。

2020/09/28

wataga_sea

コロナ禍において、各ジャンルの識者がそれぞれの持ち場で何が見えていたかを記録し考察するのが本書の眼目だろう。その意味で【医療】の斎藤環の論考には戦場と化したはずの医療現場の報告がなく不満だ。また【日本社会】の論考が3本もあるが何でもありの放言で面白くない。一方、女性執筆者を取り揃えた布陣は評価できる。特に【文学・論壇】の斎藤美奈子は「文藝春秋」と「世界」の目次を並べて比較するという、拾ったクラスメイトのラブレターを朗読するが如き暴挙に出た。書かれたものが歴史に残る。本当にこのザマで良いと思うのか、文春?

2020/10/19

感想・レビューをもっと見る