注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
71件

若者の記事一覧

「まじめだけど気が利かない」「指示待ちでリスク回避志向」…イマドキの若手社員を“自分から動ける人材”に

『なぜ若手社員は「指示待ち」を選ぶのか? 職場での成長を放棄する若者たち』(豊田義博/PHP研究所)  一見矛盾する若手の深層心理を知って、…

なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか―年長世代と若年世代が互いのあり方に不寛容になってしまう理由

『不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか(経済界新書)』(西田亮介/経済界)  現代社会では何かと人の不寛容さが…

スクールカーストを巡るちょっぴり切ない学園ミステリー『石黒くんに春は来ない』

『石黒くんに春は来ない』(武田綾乃/イースト・プレス)  心から「学校生活は楽しかった」と言っている大人を見ていると、憧れとも嫉妬ともつかな…

「性」に悩んだあの頃…。男女両方の視点から妄想と憧れの日々を描いた『せいのめざめ』

『せいのめざめ』(河出書房新社)  思春期、異性や体の変化を意識し始める一方で、そんなモヤモヤにどう向き合っていいのか分からなかった頃。誰も…

「2016年 二十歳が一番読んだ小説ランキング」映像化作品が6作ランクイン! 新海誠監督作品がランキングを席巻

 ハイブリッド型書店サービス「honto(ホント)」実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂、そして「honto.jp」サイトで購入された書籍や…

巷で話題の“東京藝大本”! 実際どれほど藝大を描けているのか?【卒業生が読んでみた】

『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』(二宮敦人/新潮社) 『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』(二宮敦人/新潮社)が…

SNS疲れになりやすい人の特徴って? 子ども用入門書『ネットのルール』が「大人も読むべき!」と注目を集める

『学校では教えてくれない大切なこと 12 ネットのルール』(旺文社)  とあるTwitterユーザーが、インターネットの入門書『学校では教え…

映画「何者」でTwitterをやめたくなる人続出!?「気軽にツイートしてたけど途端に開くのが怖くなってきた」

 就職活動をする若者のリアルな姿を描き話題となった、朝井リョウの大ヒット小説『何者』。同作は2016年10月15日(土)に映画が公開され大好…

セックス、浮気、LGBT、妊娠…養護教諭が明かす、子ども+おとな=「ことな」たちのリアルな悩み

『保健室の恋バナ+α』(金子由美子/岩波書店) 「大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ」という歌詞を耳にすると甘酸っぱい想いや懐かしさを感じ…

学生・教員・大学経営者―すべてが「Fランク化」しつつある大学。よい大学を見分けるためには?

『Fランク化する大学』(音 真司/小学館)  大学全入時代になり、大学間の学生争奪戦が激化しているといわれる。人気がある大学には質の高い学生…

平成生まれの私が、電通若者研究部の『若者離れ』を読んで改めてバブル世代に伝えたいこと

『若者離れ』(電通若者研究部:編/エムディエヌコーポレーション)  クルマ、お酒、たばこ、恋愛…。あらゆる若者の「◯◯離れ」が叫ばれては、若…

スマホ依存を脱するための特効薬とは? 思い切って通知をいっさい絶つ“勇気”も必要!

『スマホの5分で人生は変わる』(小山竜央/KADOKAWA)  既読スルーやアプリへの重課金など、昨今は何かとスマホで“病む”人たちの話が絶…

ネット検索だけで満足してしまっている!? 若者の消費行動の実態

『若者はなぜモノを買わないのか「シミュレーション消費」という落とし穴』(堀好伸/青春出版社)  マーケティング担当者から見れば、今の若者は、…

キッカケは興味本位と承認欲求? 少女たちの裏稼業の行き着く先にあるモノ

『少女たちの裏稼業』(石原行雄/彩図社)  私は20年間ほど、教育関係の団体の活動に関わっていた。当時は、今で言うところの出会い系サイトの代…

炎上、出会い系、ネット依存…AKB48と考える、中高生が直面するスマホ問題

『実践! スマホ修行』(藤川大祐、岩立沙穂、岡田彩花、村山彩希、飯野 雅、大川莉央、込山榛香/学事出版)  電車やバスに乗っていると、ほとん…

長時間労働、罰金、売り上げノルマ、自爆営業の強要…。若者をむしばむブラックバイトの実態

『ブラックバイトに騙されるな!』(大内裕和/集英社クリエイティブ)  「ブラックバイト」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 人生経験の浅…

「パソコンを使えない若者」が増えてきているが、彼らが悪いわけじゃない

 最近目にしたウェブ記事で、また「若者のパソコン離れ」について書かれたものがありました。私が見たものは、パソコンを使えない学生が増えているこ…

偽装サークルにネットのトラブル…キャンパスライフに潜む危険

『最新対応版 大学生が狙われる50の危険』(株式会社三菱総合研究所ほか/青春出版社)  大学生の皆さん、後期の履修は順調でしょうか。前期に落…

「自殺サイト」で出会った12人の少年少女の生と死が極限する! 冲方丁が書きたかった“密室劇”とは?

 時が来た。SF小説や時代モノなど、ジャンルの枠を超えて活躍する作家・冲方丁の最新作『十二人の死にたい子どもたち』は、いまこの時代だからこそ…

若者たちにとってリアルセックスとバーチャルセックス、どちらが魅力的?

 やや古いデータですが、2006年に英国のコンドームメーカー・デュレックスが発表した「世界各国のセックス頻度と性生活の満足度」によると、日本…

「裏オプション」で3カ月で300万円稼ぐ女子高生。エスカレートする“JKビジネス”の現状

『サラリーマンより稼ぐ女子高生たち―JKビジネスのすべて―』(高木瑞穂/コアマガジン)  90年代、携帯電話やインターネットの一般化に合わせ…

「中古品」扱いされ、逮捕すれすれの仕事をさせられ、そして、倹約の日々…。統計の裏に隠された働く人のホンネ『ホープレス労働』

『ホープレス労働 働く人のホンネ』(増田明利/労働開発研究会)  この世には仕事も会社もごまんとあるのに、なんで自分はこんな会社に入ってしま…

2時間の学習効果がLINE のやりすぎで消滅! 親が知るべき「脳が変形する危ない習慣」

『2時間学習効果が消える!やってはいけない脳の習慣』(横田晋務/青春出版社)  2015年度の文部科学省の調べでは、小学生6年生の携帯電話・…

「いじめに遭ってつらい」「彼が避妊してくれない」…思春期の“人には聞けない悩み”に精神科医、TENGA社員ほか、専門家がまじめに答える

『中高生からのライフ&セックス サバイバルガイド』(松本俊彦、岩室紳也、古川潤哉:編/日本評論社)  その分野における専門家や識者…

立ち上がるアジアの若者たち。香港や台湾の若きリーダーはSEALDsをどう見たか

『日本×香港×台湾 若者はあきらめない/SEALDs』(SEALDs:著、磯部涼:編集/太田出版)  世間にとって「SEALDsといえばデモ…

いじめやネグレクト、DVに苦しむ女性たちのためにできることとは?【インタビュー後編】

『最下層女子校生 無関心社会の罪(小学館新書)』(橘ジュン/小学館)  同級生からのいじめや親からのネグレクト、彼氏からのDVなどを受けて、…

「性感染症」が20代の若者に急増中!! 決して他人事ではない! 正しい知識がないと、自覚症状がない内に手遅れになるかも!?

『増補版 今若者が危ない性感染症 青少年のための性感染症の基礎知識』(石和久/慧文社) 「性のあるところに感染あり」だという意識を持っている…

「メモ」と書いて記事をシェアしたら“ソーシャル積ん読罪”で逮捕! SNSで2つ以上揃った時、人がイラだちを覚えるモノとは?

『SNSポリスのSNS入門』(ダイヤモンド社)  かわいい女の子がSNSに投稿すると、瞬時に「いいね!」やコメントを送る“ソーシャル出待ち”…

起源は、90年代のプリクラの流行!? なぜ若者は自撮りが好きなのか?

『写真のなかの「わたし」ポートレイトの歴史を読む』(鳥原学/筑摩書房)  今、現代人がもっとも大切にしている感覚は、「フォトジェニック」か否…

日本人が抱える“3つの寂しさ”とは?稀代の劇作家が示す、価値観を転換すべき新しい日本のカタチ

『下り坂をそろそろと下る(講談社現代新書)』(講談社)  人にとって最も堪え難い感情は「寂しさ」なのかもしれない。寂しさは様々な負の感情を誘…

123

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ