読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

作家
朝井まかて
梶よう子
西條奈加
畠中恵
宮部みゆき
末國善己
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-21
ISBN
9784041096680
amazonで購入する

商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

この作家さんの名前だけで嬉しくなるアンソロジー!既読の作品ばかりでもやっぱりこのチョイスは愉しい。順番の所為もあるかもしれないが、〆の宮部さん『坊主の壺』あぁ、何処かに材木問屋田屋繁蔵やおつぎのような、正しく強いリーダーシップを備えた人よ、出てきて~~!そんな感じです。

2020/12/11

じいじ@リハビリ & 懸命に減量中。

江戸時代の「商売」にスポットを当てたアンソロジー短篇集。5人の売れっ子女流作家の作というのも面白い企画だ。梶よう子【月に叢雲…】は、売り物はすべて三十八文、さしずめ現代の100円均一。畠中恵の古道具屋兼損料屋は、今流に言えばレンタル・リサイクルショップだろう。幕末の流行り病コロリを背景にした、宮部みゆき【坊主の壺】は新型コロナの脅威を予告したかのようである。個人的には、朝井まかて【晴れ湯】が再読だが好きだ。手習い塾へ通うより、家業の湯屋を手伝うほうが楽しい、と健気な一人娘お晴が何ともかわいい。

2021/01/20

ざるこ

年の始めは景気よく行こうとタイトルに惹かれて珍しく時代小説を手にとった次第。江戸の銭湯や小道具屋、材木商などの商人が主人公だけど、さまざまな工夫を凝らした繁盛物語集と思いきや、ほぼ商売に関係ない事件を主とした物語だった。期待を裏切られた感は否めないけど、さすが名だたる作家たちでどれも時代劇を観るように楽しめました。お客さまあってこその「店」だから無理難題もイヤな顔をせず…と言うのは本当に難しく何年接客の仕事をしても身につけるのは難儀です。でも客はこないより来てもらう方がいい!今年も元気だしてやってこう。

2021/01/02

ぽろん

時代小説アンソロジー。梶よう子氏のみ初読。他の4人は、大好きなので全て既読でしたが、どの話も愉しく読了。梶さんの短編は、怪談めいて面白かったので、本編も次の機会に読んでみたい。

2020/12/08

坂城 弥生

既刊から抜き出したものが多かったので、本編も読んでみたいと思った。

2020/11/30

感想・レビューをもっと見る