読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私が作家になった理由 (集英社文庫)

私が作家になった理由 (集英社文庫)

私が作家になった理由 (集英社文庫)

作家
阿刀田高
出版社
集英社
発売日
2021-01-20
ISBN
9784087442045
amazonで購入する Kindle版を購入する

私が作家になった理由 (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

阿刀田さんの自叙伝の様なものです。私は一部は日経新聞の私の履歴書で読んでいるのやご自分のエッセイなどを読んで内容的にはわかっているのですが再度まとめて読むといかに努力されてきたかがわかります。結核にかかり普通のサラリーマン的な生活はあきらめたがそのときに読みこんだ小説などがご自分の肉体になったのでしょう。最近はあまり新刊が出ないようですが、漱石や谷崎を読んでいるとのことでまた出してくれるのでしょう。

2021/02/13

佐島楓

著者の「時代批評&自伝エッセイ」。作家になられる以前に国立国会図書館に勤めていらしたとは存じ上げなかった。加藤典洋さんが後輩にあたるのだろうか。肺病や経済的な苦労をなさっていても、元来オプティミストであったという点が大きな助けとなったのだろう。『ギリシア神話を知っていますか』に助けられた身としては、作家という職業を選んでくださってありがとうございます、と申し上げたい。

2021/01/25

MIKETOM

阿刀田が作家になった理由、というより、阿刀田の生涯(もう86歳だからね)を通して綴った読書遍歴、作家としての考え方、自作品の解説ETC。過去のエッセイなどとの被り話題は相変わらず。だけど、ずっと阿刀田作品を読み続けていると、どの話題でも知ってるものばかりで色んなアングルからの解説なので読んでて楽しい。ただまあ、阿刀田は憲法九条擁護派であって、人を殺すよりも殺されるほうを選ぶのだそうな。それはそれでいいのだがそれを国家レベルに拡大できないかなどと語っている。ハハッ、バ~カ♪ 護憲派ってこんなバカばかり(笑)

2021/10/31

kousei

昔から好きだった著者の日経と東京新聞に連載された自伝エッセイ。奇妙な味わいでブラックユーモアやキレのある短編で直木賞取った頃はよく読んでいた大家。ある程度経歴は存じ上げていたが、作家になる経緯や、アイデア、知識などの文書化、たくさんの方々との交流など面白く読めた。博学でヨーロッパ古典や宗教にも精通されているので、いつかこのジャンルの作品もチャレンジしたい。

2021/08/20

パーシー

さらさらと気楽に読める自伝エッセイ。 夏目漱石を女性軽視文学ととらえる批評が印象的だった。 現代っ子に夏目漱石を読ませるのは苦行を強いるもんだと思う。替わりに阿刀田さんの短編を読ませてほしい。笑

2021/06/11

感想・レビューをもっと見る