読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

射程 (新潮文庫 い 7-9)

射程 (新潮文庫 い 7-9)

射程 (新潮文庫 い 7-9)

作家
井上靖
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784101063096
amazonで購入する Kindle版を購入する

射程 (新潮文庫 い 7-9) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

讃壽鐵朗

終戦後の関西での金儲けの話し、肌に合わず

2015/01/17

Atsushi Yohena

いつも思うのはどうして井上先生の作品に出てくる女性はこんなにも魅力的なのだろうということ。本作品もするすると読破。やはり井上作品は面白い。

2018/11/21

隠居

戦後の混乱期に生きる青年の姿を描く。養老孟司が夢中になって読んだと述べていた。井上靖の小説をある程度読んできた私にはへえっと不思議な魅力の小説だった。三島由紀夫の『青の時代』を思わせた。

2012/07/14

雲國斎

井上先生,ごめんなさい。覚えていません!

1991/09/15

たべ

戦後日本の、闇市場が盛んだった頃の物語。 主人公高男は、闇市場で商売で儲けるが、ある1人の女性は忘れられずにいた。 舞台設定上、少し専門的な用語は多い。

2016/12/01

感想・レビューをもっと見る