読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひさうちみちお

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
ひさうちみちお

「ひさうちみちお」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

悦楽的でポップな描写が大変おもしろい純コミック

悦楽的でポップな描写が大変おもしろい純コミック

ひさうちみちおの絵柄はポップだ。軽くて、まるで人物が浮いているように見える。ポップというのは時間の流れに弱く、古いとか時代に合わないとか、すぐダサイものに変わってしまう。けれどひさうちのマンガはつねにポップにあり続ける。時代の波の上を落ちることなくつねに滑走してみせるサーファーのようだ。

『夢の贈物』には10の短編が収められている。

それを通読してみると、彼にはとくに書きたいことなんかないようにさえ思える。何について書いたのかあんまりよく分からない。なにかについて書いたのでなく、単に「絵」が書きたいだけみたいな気がするのである。そうしてその「絵」は大変苦労して書いているに違いない。線の一本一本がこれ以上ないくらい精密なストリームをなぞってコマを成立させている。漱石の『夢十夜』の中で運慶が仏像は彫っているのではない、木に埋まっているのを取り出すだけだといっていたが、ひさうちのコミックもそんな感じだ。

気品があると、ひさうちのマンガについては、そうもいえる。いじめられっ子の山本くんがニキビがほしいと考え、頬にプチプチを貼って水を注入、女子生徒の前でつぶして…

全文を読む

「ひさうちみちお」のレビュー・書評をもっと見る

「ひさうちみちお」の本・マンガ

パースペクティブキッド

パースペクティブキッド

作家
ひさうちみちお
出版社
青林堂
発売日
0000-00-00
ISBN
9784792602345
作品情報を見る

「ひさうちみちお」人気の作品ランキングをもっと見る

「ひさうちみちお」の関連画像・写真

「ひさうちみちお」の関連画像・写真をもっと見る