注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
98件

日本人の記事一覧

日本の昔話に「結婚してハッピーエンド」が少ないのはなぜ? 昔話から探る日本人の「心」

『定本 昔話と日本人の心』(河合隼雄:著、河合俊雄:編/岩波書店)  海外の昔話の定型には、「男性が困難を乗り越え、女性と結婚する」というハ…

蕎麦屋に「庵」が多いのはなぜ? 日本人と蕎麦の長くてコシのある歴史

『蕎麦の旅人 なぜ、日本人は「そば」が好きなのか』(福原耕/文芸社)  米アップルの創業者スティーブ・ジョブズは日本の禅の影響を受けていたと…

SNSで誰もが発信できる時代だから考えたい―「日本人がバカになってしまう構造」とは?

『知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造(朝日新書)』(橋本治/朝日新聞出版)  インターネットやSNSの普及で、誰もが発信者になれる時…

「おもてなしの精神」に苦しめられる日本人。顧客満足度に支配された労働システムを問い直す

『「おもてなし」という残酷社会: 過剰・感情労働とどう向き合うか』(榎本博明/平凡社)  日本人の高い職業意識と気遣いを象徴する言葉として使…

神社でお願い事の前に鈴を鳴らす本当の目的は? 知っているようで知らない神社の秘密

『日本人が知らない 神社の秘密』(火田博文/彩図社)  日本には、多くの神社がある。正月などには多くの人が集まる神社だが、さて私達はその神社…

「ウエディング」は幸せな言葉ではない!? 日常で使う「言葉」に秘められた恐怖

『知れば恐ろしい日本人のことば』(日本語倶楽部:編集/河出書房新社)  とある芸人が「おったまげ」というネタを披露してから、その元の言葉であ…

日本人のDNA的に正しい生活習慣とは?

『欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」』(奥田昌子/講談社)  健康や美容にまつわる悩みは、いつの時代も尽きない。誰だって病気にはなり…

日本の「初体験」は幕末の横浜に詰まっている! パン、カレーライス、せっけん、クリーニング屋……日本の「はじめて」知りたくないですか?

『幕末・明治の横浜 西洋文化事始め』(斎藤多喜夫/明石書店)  日本の「西洋文化初体験」は幕末の「外国人居留地」から始まる。  幕末、アメリ…

子どもに先入観を植え付けるのは身近な大人。先入観にとらわれないためには?

『先入観はウソをつく』(武田邦彦/SBクリエイティブ)  人には少なからず固定観念や思い込みがある。だから、先入観にとらわれて本質を見落とす…

なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか―年長世代と若年世代が互いのあり方に不寛容になってしまう理由

『不寛容の本質 なぜ若者を理解できないのか、なぜ年長者を許せないのか(経済界新書)』(西田亮介/経済界)  現代社会では何かと人の不寛容さが…

フランス人はケチ?合理的? 徹底してお金を使わないのに心豊かに暮らす生活の知恵

『徹底してお金を使わないフランス人から学んだ本当の贅沢』(吉村葉子/主婦の友社)  子どものころ、持ち物に対してもっと思い入れがあった。どう…

桜はいつから国民的人気を誇る花となったのか? その地位を築きあげたのは、人間の欲望だった?

『改訂 桜は本当に美しいのか 欲望が生んだ文化装置』(水原紫苑/平凡社)  いよいよ桜の季節がやって来ましたが、いつから日本人はこんなにも桜…

日本で能力主義が浸透しない理由とは? 『タテ社会の人間関係』でスッキリわかる日本社会のカラクリ

 社会のグローバル化や不景気の影響により、年功序列、終身雇用といった日本独特の平等主義から、欧米型の能力主義、成果主義へと変革をめざす企業は…

「うつ病」を説明できますか? 自分は大丈夫!と思わず、知っておきたい「うつ病」のこと

『新版 うつ病をなおす』(野村総一郎/講談社現代新書) 「そもそも、うつ病って何?」と聞かれて、明確に答えられるだろうか?  それは「うつ病…

「俳句」とはいったいなんだろう? いとうせいこうが俳句界の巨人・金子兜太に挑む

『他流試合――俳句入門真剣勝負!』(講談社) 「俳句」とはいったいなんだろう? 『大辞泉』で調べてみると「五七五の三句の定型から成り、季語を…

日本女性はスキンケアを頑張りすぎ? ほんとうに美しくなるために大切なこと

『パリジェンヌより綺麗になる! 秘密のスキンケア』(岩本麻奈/西村書店)  パリジェンヌといえば、魅力的な女性の代名詞。恋愛、ファッション、…

ロンブー淳「娘にもたくさん選択肢をもてる環境を与えていきたい」 20~30代女性に伝えたいことは?【後編】

 最近の日本はとにかく息苦しい。他人叩きや意見しないことを好む。ロンドンブーツ1号2号の田村淳は違った。何かに気づいたり疑問に思ったりしたら…

ロンブー淳「つくづく僕は“日本人失格”だなあと思う」Twitterの140字では伝えられなかった、炎上しがちな発言の真意とは?【前編】

 「(やりたいように)生きることに、特別な才能もお金もいらない。ただ、自分は何をしたいのか、何をしている時が楽しいのか。ソコを考えながら動き…

日本人はどうして擬人化好きなの? その起源とは?

『妖怪・憑依・擬人化の文化史』(伊藤慎吾/笠間書院)  日本人はどうして「擬人化」が好きなのだろう。11月に決選投票が行われる「ゆるキャラグ…

日本人の9割が中流意識を持っている!? 中流でも「貧困」と紙一重!Yahoo!ニュース(個人)で100万PVの英国在住ライターが見た日本の今

『THIS IS JAPAN 英国保育士が見た日本』(ブレイディみかこ/太田出版)  近年、「貧困」という言葉をやけに目にする。結婚は経済的…

日本人がドーピングをしないのは武士道精神があるから? 「武士道は日本人の魂」は間違い?! 正しい「武士道」とは何か

『武士道の誤解 捏造と歪曲の歴史を斬る』(清水多吉/日本経済新聞出版社)  リオオリンピックは、日本史上最高のメダル数41個という華々しい結…

没後100年! 実は、寂しがり屋の食いしん坊!? 人間味にあふれたおじさんだった、文豪・夏目漱石を紹介する『となりの漱石』

『となりの漱石(ディスカヴァー携書)』(山口謡司/ディスカヴァー・トゥエンティワン)  2016年で没後100年をむかえた、日本を代表する文…

「日本人らしさ」ってなに? 歴史の中にルーツを探る

『日本人は何を考えてきたのか』(齋藤 孝/祥伝社)  「日本人らしさ」とは何だろうか? そしてその「日本人らしさ」を作ったものは何なのだろう…

指差しで、日本人は人差し指を使い、英米人は親指を使う?微笑みのイメージは世界共通か?日本と英米のボディランゲージの違い

『日本人と英米人 身ぶり・行動パターンの比較』(ジェイムズ・カーカップ、中野道雄/大修館書店)  私達は、ボディランゲージをよく使う。ボディ…

日本人は共感できない? 同じ顔すぎる韓国式「たい焼き美人」現象

出典:「MISS KOREA」公式サイトより 『2016ミスコリア選抜大会』が今月上旬、ソウルで行われ、ファイナリスト34人が美を競った。 …

あの有名武将も奴隷を認めていた! 合戦の目的は「奴隷狩り」!? ドラマでは描かれない戦国時代の実態

『人身売買・奴隷・拉致の日本史』(渡邊大門/柏書房) 「奴隷」と言われイメージする国は、古代ギリシア、アメリカ、ヨーロッパ諸国を思い浮かべる…

人気ハリウッド女優の美容法を安易にマネするのは危険!? 皮膚のスペシャリストが教える、肌がすこやかに美しく生まれ変わるための秘密

『日本人の肌はなぜ世界一美しいのか?』(渡辺奈津/主婦の友社) 「自分の肌に自信はありますか?」と聞かれて、「はい」と即答できる人はどれくら…

なぜ日本人は世間と寝たがるのか? 世間を気にして「家族」から抜け出すことができない背景

『なぜ日本人は世間と寝たがるのか 空気を読む家族』(佐藤直樹/春秋社)  あなたは今、日々の生活を周囲の目を気にせずに自分らしく生きているだ…

親や配偶者の「平穏死」を受け入れるためには?

 愛する人の見送り方や看取り方について書かれた『「平穏死」を受け入れるレッスン 自分はしてほしくないのに、なぜ親に延命治療をするのですか?』…

なぜ人はうわさ話が好きなのか? うわさの真意を求めることとは別の、人々の心意

『うわさと俗信 民俗学の手帖から』(常光 徹/河出書房新社)  ネットの普及により、うわさ話が瞬く間に拡散するようになったことが良いことなの…

1234

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ