読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

カナダ金貨の謎 (講談社ノベルス)

カナダ金貨の謎 (講談社ノベルス)

カナダ金貨の謎 (講談社ノベルス)

作家
有栖川有栖
出版社
講談社
発売日
2019-09-20
ISBN
9784065166871
amazonで購入する Kindle版を購入する

カナダ金貨の謎 (講談社ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

ファンサービスは満載で、そういう楽しみ方は出来るけど、本格としてのクオリティは微妙。どの作品も犯人の追い詰め方がワンパターンなのも気になった。強いていうと『トロッコ~』が面白くはあったが、アレは推理で犯人を明かした訳でもなく、アリバイの作り方も偶然が過ぎる。トロッコ問題も上手く絡めているように見えて、良く考えるとそんなに上手く繋がっていない。二作の短編の評判が良いようだが、キャラ萌えだけに頼るのではなく、力の入った中編が一つあるだけでも、かなり評価は変わっただろうなという、残念な気持ちが強い。

2019/10/15

starbro

有栖川 有栖は、新作中心に読んでいる作家です。「火村英生」シリーズは、何作か読んでいますが、「国名シリーズ」は2作目です。安定してマンネリになっているのかも知れませんが、今回はあまり面白みが感じられませんでした。次作に期待します。

2019/10/29

中原れい

インドからさほど経ってないのに新しい国名シリーズが読めるなんて(狂喜)!ほかで読んだ掌編を含む作品集は、どの角度からいっても安定の面白さだった。謎解きをする気もなくただ読んでも楽しいというのは、よほどあっているのよね(言い訳)…。「船長が死んだ夜」のもしやの聞き違いが悲しく、表題作の「半分倒叙部分」の考え方の救いなさが胸にこたえた。「あるトリックの蹉跌」はファンサービスとしか思えない^^(と、トロッコの軌道を変えてみるw)

2019/09/25

さくりや

作家アリスってこんなに面白かったっけ⁉︎(褒めている)。いやもちろん大好きなシリーズだけれど、淡々と論理的に謎を解いていく王道本格ミステリというと根幹は残しつつ、人間の遣る瀬無さ、儚さを印象付ける読了感、火村とアリスのクスッと笑えるテンポの良い会話のバランスが最高すぎて……。ドラマも絶対見まーす‼︎

2019/09/21

cinos

表題作は犯人側からと有栖側から描いていて今までのシリーズとは違った味がありました。「あるトリックの蹉跌」は火村と有栖の出会いを描いていてファンは大喜びでしょう。原稿は「詩人探偵」だったんですね。

2019/10/31

感想・レビューをもっと見る