読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本短編漫画傑作集 (3)

日本短編漫画傑作集 (3)

日本短編漫画傑作集 (3)

作家
いしかわじゅん
江口寿史
呉智英
中野晴行
村上知彦
山上たつひこ
出版社
小学館
発売日
2021-06-30
ISBN
9784091793522
amazonで購入する

日本短編漫画傑作集 (3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

高度経済成長の歪みが数々の事件に影を落としていた1970年代前半。漫画家達はその影を感じ取りながら、自身の漫画表現の革新へと繋げていく。安部慎一や鈴木翁二には、その時代の気配が濃厚なほどに立ち込め、それでいて読みどころは独特な画であり表現なのだ。かわぐちかいじ「直次郎哀歌」は、いしかわじゅんが解説で指摘している通り、それまでとはまったく違ったタッチとコマ割りで、それもまた時代を敏感に察知してのことなのだろうが、それ以上にかわぐちの漫画家としての野心の賜物のような気がする。(つづく)

2021/07/04

Nao Funasoko

読メで知った本シリーズの刊行。1巻から時代を追ってではなく、私がマンガと出会った70年~にあたる3巻から読みはじめることとした。 とはいえ、当時青年誌を手にするわけも無かったので収められている作品は初読だったり後年になって単行本によって出会った作品ばかりだ。 収録作品はいずれも作家の心模様だったり変遷だったり、或いは時代の空気感みたいなものが伝わってくるようなものばかり。 信頼のおける選者陣による良質なアンソロジーとなっている。

2021/07/02

もくもく

1970年代前半に発表された作品たち12本、永井豪・松本零士・諸星大二郎・山上たつひこ の作品は既読でした。本書の選者は巻末の解説を書いている いしかわじゅん 氏なのかな? なんとなく、いしかわ氏 が好きそうな、独特のこだわりを持った作品が並んでいるような気もします。いや、いしかわじゅん氏 のことは、「マンガ夜話」とかの番組での、線描への拘り具合などしか知らないんだけどさあ…。

2021/07/25

感想・レビューをもっと見る