読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

絵本のこと話そうか —対談集

絵本のこと話そうか —対談集

絵本のこと話そうか —対談集

作家
長新太
五味太郎
林明子
糸井重里
高橋源一郎
谷川俊太郎
山田馨
司修
岸田今日子
スズキ・コージ
小沢正
佐野洋子
沢野ひとし
田中和雄
江國香織
高橋章子
吉本ばなな
黒井健
松田素子
出版社
アノニマ・スタジオ
発売日
2018-08-21
ISBN
9784877587819
amazonで購入する

絵本のこと話そうか —対談集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おはなし会 芽ぶっく 

MOEのリレー対談『素直にわがまま』の復刻版。みなさんお若いわ(笑)大好きな本に対して、作家さんがどのような思いを持たれているか、その背景を知るだけでまたホンの楽しさを知る事ができます。

2019/04/14

ぶっくみん

絵本に関わる人や、文章に関わる人たちの対談集。タイトルが「絵本のこと話そうか」なのに、絵本について話してる割合は少ないかなと。でも絵本について多面的な考えを知るにはいいのかも知れないな。 絵本とは関係ない部分で印象に残ることがあったり。おもしろいだけのもの、おもしろくないけど意味がありそうなもの。五味さんが思う宮沢賢治の生き方。職人は偉いと思っていない職人の話。とかとか! やっぱり林明子さん、谷川俊太郎さん、スズキコージさん、佐野洋子さん、好きだなあ。

2019/02/14

Fuuuuu

アメリカには公共図書館が3万あって、そこが子供の本を買うから、良い絵本は初版から3〜4万冊出せる。日本の公共図書館は1500。7万人に1館。アメリカと比べると出版数が少なくなる。

2019/09/28

のんたろう

絵本に携わる方々の対談集。二十八年前の本の復刊ということで、ファミコンとかレーザーディスクとか、時代を感じさせるものも出てくるが、対談自体は古さを感じさせない。絵本への携わり方も様々なら、向き合い方も人それぞれでおもしろい。

2019/07/30

たまぎょ

絵本に限らないかもしれないけど、ものを創るということは宇宙だなぁ、と。 一つ一つの事象が謎に包まれていて、限りなくひろい。 十人のものをつくる人がいれば十通りの作り方、考え方がある。 ときに、これ、ケンカじゃないの?って思うくらいの臨場感で綴られる素敵な対談集。復刊、すばらしい。

2018/09/30

感想・レビューをもっと見る