読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

抽斗のなかの海 (単行本)

抽斗のなかの海 (単行本)

抽斗のなかの海 (単行本)

作家
朝吹真理子
出版社
中央公論新社
発売日
2019-07-06
ISBN
9784120052002
amazonで購入する

抽斗のなかの海 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

朝吹真理子は、芥川賞受賞作「きことわ」に続いて2作目です。エッセイは初読です。著者が高校生時代にスーパールーズソックスを履き、鞄に澁澤龍彦の著作を忍ばせ、澁澤龍彦を「たっちゃん」と呼んでいたとは思いませんでした。また大ファンの大江健三郎に会って失神したのは、著者だけではないでしょうか?

2019/07/27

アキ

『TIMELESS』の著者のエッセイ集。読んでいてとても楽しかった。エッセイはほぼ時代順に並べられており、エッセイ毎に今の自分からの後日談を入れている。とても律儀な性格の方なのだろう。でも独特のユーモアというかボケが笑える。鉱物の嗜好やデートの待ち合わせで彼が読んでた本のこと、将棋の観戦記など作家の行動が興味深い。やはり興味が湧くのが、読んだ本の遍歴とその感想、そして様々な作家たちとの交友で、先日亡くなられた古井さんとのやり取りや大江さんと会って失神した逸話など面白い。エッセイを読むと親近感が湧いてくる。

2020/03/19

14番目の月

朝吹さんの作品が大好きでいつもどんな方なのかと想像を巡らしていましたが、思っていた方と全く違っていたのが驚きでした。 結構アクティブなところや逞しいところが嬉しかったりしました。 文中にあったハリボの焼酎漬けを作ってみましたが、想像以上に美味しかったので、友達とかに紹介しています。

2019/11/23

ぽてち

朝吹真理子さんの初エッセイ集。初出を見ると、『きことわ』から『TIMELESS』までの空白期間に書かれたものが多いことがわかる。ファンとしては小説に専念して、もっとたくさんの素敵な作品を書いてほしいところだが、素顔を知ることができるエッセイも興味深かった。彼女の凛とした文体、言葉の選択の巧みさは、本書でも十分堪能できた。

2019/11/03

たぬ

☆4 あらま。エッセーだったか。エッセーってめったに手を出さないのだけど、朝吹氏の文章を堪能できるならと読み進める。あの熱気はないけど妙に惹かれる文体を獲得するに至った理由がわかった気がした。くっきりした目鼻立ちの朝吹氏は確かに酒豪に見える。

2020/08/08

感想・レビューをもっと見る