読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガーデン (文春文庫)

ガーデン (文春文庫)

ガーデン (文春文庫)

作家
千早茜
出版社
文藝春秋
発売日
2020-08-05
ISBN
9784167915407
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ガーデン (文春文庫)」の関連記事

生きづらさを抱えた現代人に潤いをもたらす感動作『ガーデン』が文庫に!

本日発売の「文庫本」の内容をいち早く紹介! サイズが小さいので移動などの持ち運びにも便利で、値段も手ごろに入手できるのが文庫本の魅力。読み逃していた“人気作品”を楽しむことができる、貴重なチャンスをお見逃しなく。 《以下のレビューは単行本刊行時(2017年5月)の紹介です》

 魂は必ずしも体とともにあるわけではないらしい。

 本書『ガーデン』(千早 茜/文藝春秋)の主人公・羽野は、東京に住み、出版社で編集者として働きながらも、その魂は幼き日々を過ごしたアフリカの地の「楽園」に留まったまま。文字通り「心ここにあらず」の日々を過ごしている。

 乾季と雨季しかない国で、そこだけはいつも変わらぬ緑が溢れていた旧居の庭――「楽園」は、こんな風に描かれる。 蛇がバナナの幹を這い、トカゲが石の上で銀色の腹を波打たせながら日光浴をする。庭師が伸びすぎた枝を長鋏でぱちんぱちんと切り落とす。その枝が芝生で跳ねてゆっくりと転がる。辺りに漂う樹液の青い匂い。 描写はさらに続くが、読み進めるうちに紙面から花や果実の芳香、そして草いきれが立ち上ってきた気がして、思わず深呼吸して…

2020/8/5

全文を読む

関連記事をもっと見る

ガーデン (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あすなろ

物足りぬと言えば物足りぬ。ても、そんな男を描きたかったのかとも思う。植物が好きな、というか想いを寄せる主人公に匂い・音・生命を五感を使って感じさせて語らせる。もう一味欲しいと言えばそうとも言えるし、これはこれで良いとも言える、僕にとっては不思議な作品だった。

2020/11/01

にゃおこ

所有する植物には惜しみない愛情を注げるが、人間関係では独自のスタンスをとって生きてるハイソお洒落雑誌編集者の男性と、まわりの女性達のガーデン。 個人的に単行本より文庫本の表紙が、作品の空気感に合ってると、感じました。

2020/10/05

紅坂 紫

植物を偏愛し植物に囲まれた自分だけの楽園に閉じこもる主人公が他の女性たちと関わり殻の外に出ていく過程での苦しみ。千早さんらしさ全開の直接流し込まれるように鮮やかに景色とにおいと音と感情すらも蘇る文章で本当に大好き。三浦しをん「愛なき世界」を思い出した。

2020/09/18

Mina

主人公の男性・羽野は、植物に愛情を注ぎ込み、他人と深い関係を築かない。最初の方で帰国子女である羽野のスタンスになるほどと思ったけれど、感情移入するキャラかというとちょっと違くて妙な感覚です。女性キャラも自分とは世界が違うなと感じました(ミカミさんが近いかなと思ったけど、予想を裏切られました)。でも千早さんの人物描写には惹かれますね。植物の描写もリアル。植物の「変容」や「生死」に注目することが意外となかったので、新しい視点から見ることができました。

2020/10/08

Kei.ma

人格の形成過程を見るようで怖さが募る物語。異国で幼少期を過ごした「僕」。緑を好み、人と頭の中まで共有したくないというのもそのせいか。「僕」に近づく女性たちは、安っぽい共感とは縁遠い人。胡蝶蘭のように同じ方向を向くのを嫌う人。それは、自己を安売りしない生き方を見出した者を襲う孤独の餌食となる予兆であった。対して、期待の翼を広げてはさっさと自分のガーデンに隠れる男、「僕」。それは理沙子を弄んだ曾我野先生と変わらない。物語の後に漂う寂しさは、ボクの大好きな京土産の塩昆布だけでは到底埋まりそうにない。

2020/09/08

感想・レビューをもっと見る