読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小野寺史宜

職業・肩書き
作家
ふりがな
おのでら・ふみのり

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1968年、千葉県生まれ。子どもの頃から読書好きで、小学校では創作活動のクラブに参加した経験がある。法政大学文学部で英文学を学んだ後、会社員生活を経て執筆活動に専念する。2006年、サッカーをテーマにした青春短編小説『裏へ走り蹴り込め』で第86回オール讀物新人賞を受賞。2008年に『ROCKER』でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞し、作家としての第一歩を踏み出す。2012年に1作目が刊行された『みつばの郵便屋さん』は、郵便配達員が届ける手紙がきっかけとなって物語が展開していくプロットが人気のシリーズもの。「一通の手紙が巻き起こす奇跡はもちろん、郵便配達員と街の人々の温かな交流も楽しめる」と発売当初から依然として人気は高く、文庫化されている。

2017年に発表された『本日も教官なり』では、バツイチ中年の自動車教習所教官、豊士とその元家族、さらには教習所に通ってくる生徒たちそれぞれの人間模様が描かれている。2019年本屋大賞にノミネートされた『ひと』では、肉親に先立たれ、孤独に苛まれる青年が、商店街の人や仲間たちとふれあううちに心を開いていく様子が描かれている。それぞれの作品で舞台となる背景は異なるが、いずれも人と人との心のつながりにスポットをあてた作品を得意とする。

他の著作に、『それ自体が奇跡』(講談社)、『夜の側に立つ』(新潮社)、『リカバリー』(新潮社)、『太郎とさくら』(ポプラ社)など多数ある。

「小野寺史宜」のおすすめ記事・レビュー

祝・本屋大賞2位! 小野寺史宜の最新作は「一生ワンルーム」と決めた男が、アパートの騒音親子に出会う物語

祝・本屋大賞2位! 小野寺史宜の最新作は「一生ワンルーム」と決めた男が、アパートの騒音親子に出会う物語

『ひと』で本屋大賞2位にランクインした小野寺史宜さんの最新刊『ライフ』(ポプラ社)は、会社を二度やめ、今はアルバイトを掛け持ちしながらアパートで暮らす27歳・幹太が主人公。「一生ワンルーム暮らしでいい」と決めていた彼の世界は、アパートの住人と知り合ったことをきっかけに、少しずつ変わっていく……。『ひと』に続き、本作でも、人と人とが繋がることで見えてくる優しい希望を描いた小野寺さんの想いとは?

■「一生ワンルーム」と決めた男を書きたかった

――本屋大賞2位、おめでとうございます。

小野寺史宜氏(以下、小野寺) ありがとうございます。正直、読者の皆さんも、ノミネートされた他の作家の方々も、僕の名前見ても「誰?」って感じだと思います。僕自身、「誰こいつ?」って思いましたもん(笑)。デビューするための新人賞は欲しかったけど、書かせてもらえるようになってからの賞は考えたことがなかったので、2位に選んでいただけて、ただただ、驚いています。

――これまで書かれてきた作品に比べて、『ひと』に特別な手応えはありましたか?

小野寺 全然。SNSもやらないので、読者の反響もわ…

全文を読む

「2019年本屋大賞」決定!! 大賞は瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 全ノミネート作の順位を発表!

「2019年本屋大賞」決定!! 大賞は瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』 全ノミネート作の順位を発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2019」の受賞作が決定した。

 16回目となる今回のノミネート作品10作の中から大賞に選ばれたのは、瀬尾まいこ氏の『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)!

■2019年本屋大賞受賞作 『そしてバトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

レビュー全文を読む

関連記事「今月のプラチナ本」

 翻訳小説部門では『カササギ殺人事件(上・下)』(アンソニー・ホロヴィッツ:著、山田 蘭:訳/東京創元社)が選ばれた。

レビュー全文を読む

■気になるその他のノミネート作品は――

■2位 『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

■3位 『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

■4位 『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)

レビュー全文をこちら

■5位 『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)

■6位 『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

■7位 『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)

レビュー全文をこちら

■8位 『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)

レビュー全文をこちら

■9位 『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮…

全文を読む

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

気になる大賞はどの作品に!?「2019年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2019年1月22日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 今年の「2019年本屋大賞」は全国の493書店、書店員623人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『愛なき世界』(三浦しをん/中央公論新社)▶【レビュー全文はこちら】

『ある男』(平野啓一郎/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『さざなみのよる』(木皿泉/河出書房新社)

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱帯』(森見登美彦/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ひと』(小野寺史宜/祥伝社)

『ひとつむぎの手』(知念実希人/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『火のないところに煙は』(芦沢央/新潮社)▶【作者インタビュー記事はこちら】

『フーガはユーガ』(伊坂幸太郎/実業之日本社)▶【レビュー全文はこちら】

『ベルリンは晴れているか』(深緑野分/筑摩書房)

 気になる大賞発表は4月9日(火)。ノミネート作を読み…

全文を読む

注目の新刊 『みつばの郵便屋さん』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

注目の新刊 『みつばの郵便屋さん』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

雨の日も風の日もバイクを走らせ、郵便物をとどけてまわる郵便配達員・秋宏。街のあちこちで「郵便屋さん」と声をかけられる彼のもとには、なぜか相談や事件が舞いこみ……。配達人と受取人の不思議な関係がおりなす、ユーモラスで心あたたまる物語。

全文を読む

「小野寺史宜」のおすすめ記事をもっと見る

「小野寺史宜」のレビュー・書評をもっと見る

「小野寺史宜」の本・小説

近いはずの人 (講談社文庫)

近いはずの人 (講談社文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
講談社
発売日
2020-01-15
ISBN
9784065181058
作品情報を見る
まち

まち

作家
小野寺史宜
出版社
祥伝社
発売日
2019-11-12
ISBN
9784396635800
作品情報を見る
家族のシナリオ (祥伝社文庫)

家族のシナリオ (祥伝社文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
祥伝社
発売日
2019-07-12
ISBN
9784396345440
作品情報を見る
ナオタの星 (ポプラ文庫)

ナオタの星 (ポプラ文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
ポプラ社
発売日
2019-06-05
ISBN
9784591163108
作品情報を見る
ライフ

ライフ

作家
小野寺史宜
出版社
ポプラ社
発売日
2019-05-28
ISBN
9784591162903
作品情報を見る
人生は並盛で (実業之日本社文庫)

人生は並盛で (実業之日本社文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
実業之日本社
発売日
2019-02-07
ISBN
9784408554631
作品情報を見る
([お]12-6)みつばの郵便屋さん 奇蹟がめぐる町 (ポプラ文庫 お)

([お]12-6)みつばの郵便屋さん 奇蹟がめぐる町 (ポプラ文庫 お)

作家
小野寺史宜
出版社
ポプラ社
発売日
2018-11-06
ISBN
9784591160596
作品情報を見る
ホケツ! (祥伝社文庫)

ホケツ! (祥伝社文庫)

作家
小野寺史宜
出版社
祥伝社
発売日
2018-09-12
ISBN
9784396344542
作品情報を見る

「小野寺史宜」人気の作品ランキングをもっと見る