読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本世間噺大系 (新潮文庫)

日本世間噺大系 (新潮文庫)

日本世間噺大系 (新潮文庫)

作家
伊丹十三
出版社
新潮社
発売日
2005-06-26
ISBN
9784101167350
amazonで購入する

日本世間噺大系 (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。役に立つような立たないような世間噺の数々。何処かで見聞きしたような座談会やリアルで味わい深いエッセイが満載でした。なかなか聴くことのない噺ばかりで笑えます。

2016/04/21

penguin-blue

とにかく話題の幅が広く、身近な話から皇室、女性の生理の話まで。話の出だしから、落ちがどこへ行くのか想像できず、どこまで聞いた話でどこまでが創作なのかも判然としない。適当な話のようで、今に通じる警句や皮肉を含んでいるものもあり、この役に立つんだかたたないんだかわからないところがミソなのかと思う。「プ」「新幹線にて」「クソ水」「骨」あたりが印象に残ったが、次読むとまた印象が違うかも。作者の才気を随所に感じるものの、その人生の閉じ方を知っているせいかその鋭さゆえに自分を傷つけていたのではと思ってしまう。

2019/10/13

瓜坊

芸術家は辛いものを食べないといけない、懐石は苦手で折詰は好き、女性の快感と熱いシャワーの快感の類似…前半はエッセイのような小説のような文章。後半は農家、塩職人、人妻、様々な人を取材した会話風の文章。語り手の口調がそのままで訛りがいい。ルポルタージュのようで、戯曲のようでもある。虚々実々な話で根拠や事実が気になるけれど、そもそも世間噺。根拠は人生の経験。全体的に、開放的な自由を謳歌することとそれによる弊害、伝統的な秩序への懐古とその煩わしさ、両面の狭間にいる「戦後」という時間が濃密に漂ってる。

2020/05/13

早瀬主税

エッセイ集の出版が多い伊丹十三ですが、今回は会話調で、人から聞いた話がまとめ上げられています。しょうもなくも面白い話から、料理の作りたくなるような話、ちょっとドキッとするような社会の裏側の話などバラエティに富んでいて楽しく読めました。オムレツと、天皇の生活と、ヨコハマ銀行のクソ水の話が刺さりました。伊丹さんの周りには自然とこんなに面白い話が転がり込んでくるということなんでしょうか...。

2018/11/09

ひるお

伊丹十三による「世間噺」を収録したエッセイ集。とはいえ、どこまでが事実でどこからが創作なのかがわからないところが本書の魅力で、エッセイも収録された短篇集と言った方が正確かもしれない。皮肉で軽妙、卑屈で下世話で露骨な「噺」の中に、突然しんみりとした一篇が現れる(例えば「黄色い潜水服」)。もう一つ本書の魅力を挙げるなら、色とりどりの話し言葉だろう。性別、年齢、職業、出身地・居住地も様々な人々から飛び出す「世間噺」は、一見下らなくありふれていても、どこかライフヒストリー的な厚みがある。あらゆる娯楽に満ちた一冊。

2018/10/03

感想・レビューをもっと見る