読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

平松洋子

職業・肩書き
作家
ふりがな
ひらまつ・ようこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

エッセイスト

「平松洋子」のおすすめ記事・レビュー

『野蛮な読書』平松洋子 「読書は五感全部に影響をおよぼす」

『野蛮な読書』平松洋子 「読書は五感全部に影響をおよぼす」

「食」にまつわる上質なエッセイを上梓してきた平松洋子さんが今回俎上に載せたのは「本」。といっても『野蛮な読書』(集英社)とはよく言ったもので、お堅い書評とはひと味違う一冊に。

「本を読む読み方って、人それぞれ、いろいろあると思うんです。頭で解読していくように読むのもひとつの愉しみ方だと思うんですけど、私にとって読書は五感全部に影響をおよぼすような深いものなので。それを言葉にすると何かなと考えた時に〈野蛮〉という言葉がくっきり浮かんだんですね。書きながら、私自身、タイトルに導かれるところがあったと思います」

とりあげた本は実に103冊。どうやらこの人は本についても相当な健啖家だったらしい。

開高健の『戦場の博物誌』なら、いつもよる喫茶店ではなく、雑としたハンバーガーショップで読みたくなる。伊豆で断食をしながら読んだのは正岡子規の『墨汁一滴』。食べたくても食べられない1週間、病床にあっても食べることに執着した子規ににじり寄る……。

読書と日常が互いにシンクロしあうような語り口が新鮮だ。

「日常の中のリアルな読書、普段みんな意識してないけれど、こういうことあるよ…

全文を読む

「平松洋子」のおすすめ記事をもっと見る

「平松洋子」のレビュー・書評をもっと見る

「平松洋子」の本・小説

父のビスコ

父のビスコ

作家
平松洋子
出版社
小学館
発売日
2021-10-26
ISBN
9784093888417
作品情報を見る
ちょこっと、つまみ: おいしい文藝

ちょこっと、つまみ: おいしい文藝

作家
阿川佐和子
池波正太郎
伊丹十三
内田百閒
宇能 鴻一郎
江國香織
遠藤周作
角田光代
鴨居羊子
川本三郎
久住昌之
小泉武夫
佐藤垢石
椎名誠
獅子文六
澁澤龍彦
島田雅彦
東海林さだお
杉浦日向子
高橋みどり
辰巳浜子
田辺聖子
種村季弘
檀一雄
中谷宇吉郎
姫野カオルコ
平松洋子
福田 蘭童
古谷三敏
牧野伊三夫
丸谷才一
柳家 小満ん
山田風太郎
吉田健一
吉村昭
吉行淳之介
出版社
河出書房新社
発売日
2020-03-19
ISBN
9784309028644
作品情報を見る
アンソロジー ビール

アンソロジー ビール

作家
東海林さだお
川上弘美
阿川佐和子
山口瞳
吉田健一
川本三郎
恩田陸
平松洋子
久住昌之
角田光代
辰巳浜子
室井佑月
北大路公子
赤塚不二夫
内田百けん
大竹聡
椎名誠
村松友視
阿川弘之
伊藤晴雨
坂口謹一郎
星新一
小泉武夫
森茉莉
種村季弘
岩城宏之
開高健
千野栄一
小沼丹
田中小実昌
吉田直哉
立松和平
石堂淑朗
丸山健二
永井龍男
矢口純
佐多稲子
獅子文六
遠藤周作
吉村昭
長田弘
出版社
パルコ
発売日
2014-07-01
ISBN
9784865060782
作品情報を見る
アジアのごはんがおいしい理由

アジアのごはんがおいしい理由

作家
平松洋子
出版社
メディアファクトリー
発売日
0000-00-00
ISBN
9784889915815
作品情報を見る
Neverland Diner――二度と行けないあの店で

Neverland Diner――二度と行けないあの店で

作家
都築響一
平松洋子
パリッコ
いしいしんじ
俵万智
玉袋筋太郎
水道橋博士
江森丈晃
土岐麻子
安田謙一
滝口悠生
イーピャオ/小山 ゆうじろう
コナリミサト
佐藤 健寿
九龍ジョー
ツレヅレハナコ
佐久間 裕美子
劔樹人
小宮山雄飛
朝吹真理子
スズキ ナオ
安田 理央
豊田道倫
小林勇貴
スケラッコ
鵜飼正樹
VIDEOTAPEMUSIC
友川 カズキ
柳下毅一郎
平野紗季子
村田沙耶香
高野秀行
くどう れいん
バリー・ユアグロー
大竹伸朗
日下 慶太
柴田元幸
出版社
ケンエレブックス
発売日
2021-01-22
ISBN
9784910315027
作品情報を見る
下着の捨てどき (文春文庫 ひ 20-12)

下着の捨てどき (文春文庫 ひ 20-12)

作家
平松洋子
出版社
文藝春秋
発売日
2021-02-09
ISBN
9784167916473
作品情報を見る

「平松洋子」人気の作品ランキングをもっと見る

「平松洋子」の関連画像・写真

「平松洋子」の関連画像・写真をもっと見る