読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

男ともだち (文春文庫)

男ともだち (文春文庫)

男ともだち (文春文庫)

作家
千早茜
出版社
文藝春秋
発売日
2017-03-10
ISBN
9784167908072
amazonで購入する

「男ともだち (文春文庫)」のおすすめレビュー

壊したくない「関係性」ってありますか? ウイスキーの役割と『男ともだち』のこと

『男ともだち』(千早茜/文藝春秋)

 久しぶりに会った男友達が、煙草を吸いながら「ウイスキーが好き」と言った。まだ22歳くらいの頃だ。いつ、どこでそんなことを教わったよ、と内心憤った。私は昔から、人がウイスキーを飲み始めるきっかけ、が気になってしょうがない。お酒を飲み始めたばかりの若者が入り浸る安価な居酒屋でウイスキーデビューする機会があるとは到底思えない。ビールやサワー、カクテル、焼酎、日本酒までならまだわかる。ウイスキー以降(ラムやブランデーなども)は、「確固たる意志をもって開かれた扉」という感じがするのである。「バーで年上の人に勧められて」あるいは「大人になりたくて」など、そのきっかけは、何らかの「大人」への憧れを孕んだものがほとんどのはず。一体きみは、どんなことを思い、その扉を開いたのかね? 22歳の私は、同じく22歳の男友達に心の中で問うた。

 そこで私もバーで肩を並べてウイスキーを飲みでもしたら、その関係性は違ったものに変化したのかもしれない。けれど、それだけは嫌だった。中学生のときのままの関係性でいたかったのだ。中学生の私はウイスキー…

2019/5/28

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

男ともだち (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★☆☆19099 初読み作家さん!読み物としては楽しめましたけど、久しぶりにどの登場人物にもまったく共感出来ませんでした。異性の友達...子供や学生,御高齢の方なら分かりますが、普通は友達だと言っても世間一般にはなかなか理解を得られるものではないでしょう。まあ、下心の無い異性の友達がいるというのは素敵な事だとは思いますよ、確かに。。(周りからは単なるカップルに見えるだけかもしれませんけどね。) そうだ!当方、異性の友達いました!二匹も。。メス猫ですが何か問題でも? っていうか、ニャンは家族だった。

2019/11/01

ゴンゾウ

「あとかた」を読んでからずっと気にしていた作品。一方であの世界に触れると危ないと思ってなかなか手にできなかった。神名もハセオもどうしようもない。倫理の枠には収まらない。自分の近くにいたら近づきたくない。でもどこか惹かれてしまう。

2020/01/24

ゆいまある

うわあ、好み。一緒に暮らしてる男とは腐りかけの京都在住イラストレーター29歳。時々刺激を貪り合う既婚医師の恋人もいる。そんな中、再会したイケメンの(と、主人公は思っている)男友達(製薬会社営業)に惹かれていく。恋になるかならないか分からない恋愛未満が1番美味しいのよね。脇役もみんな一癖ある美形揃いで、まるでデパ地下スイーツのような恋愛小説。男友達とセックスしそうでしない。実はやったら凄く気持ちいいんじゃないかなという予感だけでしない。医者の世界では不倫よりも喫煙のほうが罪が重いんやで。この作家追いかけます

2020/02/09

タカユキ

主人公の危うさがとても綺麗で繊細。そもそも友情の定義とは?男女の友情はあるのか?個人的にはあって欲しい。ハセオは適度に距離を保ってくれる存在。優柔不断に見えるけど意思は強い。神名は傍から見ると強い女。だから弱さをさらけ出せない。恋でない愛とはなんなのか?性という垣根を越えてある繋がりと裏切らないという信頼感。それぞれが性に対して奔放だからこそ、それを介さない二人の関係。いざというときに手を差し延べてくれる存在。確かにそれはズルい存在なのかも知れない。ほろ苦い読後感。でも嫌いになれない。自分もズルいかな?

2020/06/02

夜長月🌙(よな)

ハセオはイケてる。男ともだちとしてsexの仲ではありませんが人生の岐路にあたってはビシッとアドバイスしてくれます。男ともだちであるには寝たらおしまいです。性別を越えて人として対等に付き合えば真の友情は芽生えるのだと思います。この逆の女ともだちはあるのでしょうか。ハセオみたいによきアドバイザーであるには年上の女性となるのかな?いや、若くても聡明な女性はいくらでもいます。ほんとに。

2019/07/22

感想・レビューをもっと見る