読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ロマンス暴風域 (2)

ロマンス暴風域 (2)

ロマンス暴風域 (2)

作家
鳥飼茜
出版社
扶桑社
発売日
2018-12-19
ISBN
9784594081010
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

迷える中年男性を描いたロマンス完結巻!

第一巻で、風俗嬢・せりかとの濃く甘く、閉鎖的な恋愛を経験した主人公の佐藤に、モテ期到来!?ガールズバー、スナック、風俗etc. さまざまな場所で出会う女性たちと逢瀬を重ねていく主人公がたどり着く結論とは。

肩書、年齢、男性であること―。目を背けることのできない現実に惑う主人公が求める、真実の愛とはなにか。恋愛弱者のロマンスここに完結!

「ロマンス暴風域 (2)」の関連記事

鳥飼茜 12/23(日)にヴィレヴァン下北沢店で初サイン会開催。新作で描いた女性だけの世界のサバイバルとは?

 マンガ家・鳥飼茜さんの初サイン会が、12/23(日)14時から、ヴィレヴァン下北沢店にて開催。これまでトークイベント後のサイン会は何回も経験しているものの、シンプルなサイン会は初めてだという。ここでは、女性だけの世界を舞台に生殖の神秘に迫った話題作『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』(対象書籍)のインタビューを掲載。

 サイン会の参加に必要な整理券は、店頭、電話にて、『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』上下巻か、『ロマンス暴風域』2巻のいずれかの単行本を購入、予約した人に配布されている。 (→サイン会の詳細はこちら)

 

鳥飼 茜 とりかい・あかね●1981年、大阪府生まれ。2004年デビュー。13年より連載を開始した『先生の白い噓』は男女の性的無理解を描いた衝撃作として話題に。他の著書に『おんなのいえ』『地獄のガールフレンド』『漫画みたいな恋ください』『前略、前進の君』『ロマンス暴風域』など。「『マンダリン~』には『わたしはロランス』『スワロウテイル』『木更津キャッツアイ』など自分が影響を受けてきた映画の要素を躊躇なくつめこめて楽しか…

2018/12/22

全文を読む

鳥飼茜の意欲作2タイトルが発売! 12/23(日)にヴィレヴァン下北沢店でサイン会開催

 マンガ家・鳥飼茜さんの新刊、『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』上下巻が11月30日(日)に、『ロマンス暴風域』2巻が12月19日(水)に発売される。それを記念して、12月23日(日)に東京・ヴィレッジヴァンガード下北沢店で鳥飼さんのサイン会が開催される。

 参加に必要な整理券は、11月30日より店頭、電話にていずれかの単行本を購入、予約した人に配布されている。(→サイン会の詳細はこちら)

 近未来ディストピア設定の世界観に生きる女性たちを描く『マンダリン・ジプシーキャットの籠城』と、高校で美術の非常勤講師として働く30代男性と風俗嬢との激しい恋愛を描く『ロマンス暴風域』。未読の人はぜひこの機会に、鳥飼さんの意欲作を手に取ってみてほしい。

2018/12/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

ロマンス暴風域 (2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アマニョッキ

ごめんなさい、下巻よくわかりませんでした。

2019/02/16

なーなー

ホント唐突なモテ期。漫画特有のあるあるな展開。 いや、こういうこともあるのかな? この巻はずーっと迷走期というのか。 でも実際、自分にとって、圧倒的で絶対的な人と出会ってしまった場合、その人と結ばれなかった場合、 それ以降に出会った人やことはすべて妥協や諦めになる、この感じ、どうしようもないね、お手上げっていうか、この虚無感、無力感と言ったら。わかりすぎて。 子供を産むこと、産む人、その環境に対する恨めしさ、めちゃくちゃわかった。 でもまぁ、芝内がいちばんマトモだし、いい友達だよ。 この先どうなってくの?

2018/12/24

ほいっぷしゅー

リアルな男女観と、風俗ファンタジーが融合した作品。現実を描く作品としては、中途半端にファンタジー(金もなくイケメンでもなく優しくもないという主人公がモテる展開は、男性から見ても謎すぎる)。主人公がハーレム展開する妄想系の作品にしては、リアルな男女観が現実に引き戻す。う~ん……?

2019/03/15

saiikitogohu

「何も生めないし、何も残せない。死なないために生きてるだけって。そんな無意味な人生がありえるって感じ…わかんないでしょ?」「サトミンは…自分のことばっかりじゃん。イキテル意味がない?そんなのみんな同じだよ、意味をつくるために、みんな何かを選んで、何かを捨てるんだよ。意味のために、誰かの人生を引き受けて、社会に加担するんじゃん…怖くても。…自分の人生をひとりで引き受けるのも怖いし、他人と分け合うのも怖いんでしょ。それを他人にわかってもらおうなんて勝手だよ」116

2019/02/17

石並

もし自分が男だったら、しんどくて読めてなかった。「先生の白い嘘」で鳥飼さんを知って読んでみたけどちょっとモヤモヤしてしまった。1巻が切なすぎた分余計に。

2018/12/29

感想・レビューをもっと見る