読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

坂口健太郎

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
さかぐち・けんたろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1991年、東京都生まれ。2010年、メンズノンノモデルオーディションに合格。モデルとして活躍するなか、14年、映画『シャンティ デイズ~365日、幸せな呼吸~』にて俳優デビュー。出演作に、映画『海街diary』『ヒロイン失格』『俺物語!!』『64-ロクヨン-』、ドラマ『重版出来!』『とと姉ちゃん』など多数。

「坂口健太郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「なんて豪華な組み合わせなんだろう」 知念実希人の小説『仮面病棟』が坂口健太郎&永野芽郁の出演で映画化

「なんて豪華な組み合わせなんだろう」 知念実希人の小説『仮面病棟』が坂口健太郎&永野芽郁の出演で映画化

『仮面病棟』(知念実希人/実業之日本社)

 知念実希人の小説『仮面病棟』が、坂口健太郎主演で映画化されることが決定した。ヒロイン役は永野芽郁が演ずることも明らかになり、「なんて豪華な組み合わせなんだろう」「原作も役者も大好きだから本当に楽しみ」と歓喜の声が相次いでいる。  同作は、とある療養型病院を舞台にした物語。病院に突然現れたピエロ仮面の男が、自分が撃った少女・川崎瞳の治療を病院側に要求した。病院に勤める外科医・速水秀悟は、先輩の代わりに当直バイトを務めていたせいで事件に巻き込まれてしまう。しかし、瞳の治療をし病院からの脱出を試みるうちに、秀悟はやがて病院が隠していたある秘密に近づいていく――。  作者の知念は現役の医師としてはたらく傍ら、2011年に発表した『レゾンデートル』で「第4回 島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」を受賞した小説家。2014年に文庫書き下ろし作品として発表された『仮面病棟』では、閉ざされた病棟で繰り広げられる心理戦が描かれ、本格ミステリーと医療サスペンスの両面を併せ持つ作品として話題になった。  読者からは…

全文を読む

坂口健太郎「諸戸道雄を演じてみたい。すべてがむき出しのロマンチックな存在」

坂口健太郎「諸戸道雄を演じてみたい。すべてがむき出しのロマンチックな存在」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載「あの人と本の話」。今回登場してくれたのは、11月16日公開の映画『人魚の眠る家』で、物語のキーパーソンである研究者・星野祐也を演じている坂口健太郎さん。自らの読書歴、『孤島の鬼』のこと、そして映画の撮影現場について、お話を聞きました。

坂口健太郎さかぐち・けんたろう●1991年、東京都生まれ。2014年、映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー。17年、『64―ロクヨン― 前編/後編』で、日本アカデミー賞・新人俳優賞などを受賞。他の出演映画に『君と100回目の恋』『今夜、ロマンス劇場で』『ナラタージュ』『俺物語!!』など。 ヘアメイク:廣瀬瑠美 スタイリング:檜垣健太郎(little friends) 衣装協力:カットソー1万3000円(AURALEE/AURALEE TEL03-6427-7141)(税別)、その他スタイリスト私物

 坂口さんは子どもの頃から本に親しんできた。 「最初に好きになったのは『ハリー・ポッター』シリ…

全文を読む

松本潤×有村架純 映画「ナラタージュ」の主題歌入り予告に反響! 行定勲監督が探し求め辿り着いた“時を止める歌声”は現役女子高生

松本潤×有村架純 映画「ナラタージュ」の主題歌入り予告に反響! 行定勲監督が探し求め辿り着いた“時を止める歌声”は現役女子高生

 映画「ナラタージュ」の主題歌入り予告編が公開され、RADWIMPS・野田洋次郎が手掛ける楽曲が解禁された。謎に包まれたアーティスト・adieuの歌声には、「ピュアで透明感のある声なのに、ちょっぴり切なくも聞こえて素敵」と感動の声が上がっている。

 映画の原作は、2006年版「この恋愛小説がすごい!」で1位に輝いた島本理生の同名小説。高校教師・葉山貴司(松本潤)と元教え子・工藤泉(有村架純)が決して許されない恋に落ちていくラブストーリーで、松本、有村のほかに坂口健太郎、瀬戸康史、市川実日子、大西礼芳といった実力派のキャストが集結し、作品の世界観を深めていく。

 主題歌については、野田が作詞作曲を手掛けること、“adieu”というアーティストが担当することのみが公開されていたのだが、今回の予告編と共にadieuの正体が17歳の現役高校生であることが明らかに。主題歌には映画と同じ「ナラタージュ」というタイトルがつけられ、野田と新進気鋭のプロデュースチーム・Tokyo Recordingsのタッグで製作された。

 楽曲を聞いた人からは「adieuって女の子だ…

全文を読む

綾野剛主演ドラマ「コウノドリ」新シリーズ決定に反響続出「また観れるなんて嬉しすぎる!」

綾野剛主演ドラマ「コウノドリ」新シリーズ決定に反響続出「また観れるなんて嬉しすぎる!」

『コウノドリ』18巻(鈴ノ木ユウ/講談社)

 鈴ノ木ユウ原作ドラマ「コウノドリ」が、2017年10月から続編となる新シリーズを放送する。この知らせにファンからは「また毎週テレビの前で涙することになるんだろうな…」「あんなに心に響くドラマがまた観れるなんて嬉しすぎる!」と期待の声が寄せられている。

 同作は『モーニング』で連載中の同名人気ヒューマン医療漫画が原作で、男性誌では珍しく“産婦人科医”が主人公。ドラマ前作では“出産”に関する医療従事者と患者のあたたかい人間ドラマをベースに、“妊娠”“出産”から生まれる人と人との結びつきや、夫婦や親子のあり方、そして命が誕生する“奇跡”が描かれた。視聴者からは「毎回辛い内容だけど、これは観るべきドラマだと思う」「ここまでまっすぐに“命”と向き合った作品は今までなかった!」と感動の声が続出。

 続編を望む声が多数寄せられ、今回第2シリーズの放送が決定。新シリーズでも綾野剛が主人公の鴻鳥サクラを演じる。綾野は同作に関して「“命”に関わる作品に、それを超えていろんな方々と関われる作品に、そしてまた『コウノドリ』という作…

全文を読む

松本潤、有村架純、坂口健太郎出演 映画「ナラタージュ」予告編に大反響

松本潤、有村架純、坂口健太郎出演 映画「ナラタージュ」予告編に大反響

 松本潤と有村架純が出演する映画「ナラタージュ」の予告編が公開され、「松潤… どうして君はそんなにエロいんだよ…」「坂口健太郎の壊れ方も楽しみ」とファンの期待が高まっている。

 島本理生の恋愛小説を原作とした同映画は、松本演じる高校教師・葉山貴司と、有村演じる葉山の元教え子・工藤泉との許されない恋を描いた物語。予告では高校での葉山と泉の姿や、卒業後に再会した2人、さらに泉に思いを寄せる学生・小野玲二を演じる坂口健太郎が登場し、「坂口くんの小野くんめっちゃいいなぁ」「これこそが見たかった坂口健太郎」「ナラタージュの小野くんやばい。良い味だしてる」と絶賛の声が続出した。

 次々に映し出される印象的なシーンには「これは原作のあのシーンだなって分かるとドキドキする」「原作に忠実にやっている感じが予告ですごく伝わった!」と原作ファンも大満足のよう。「映画の前に原作読んでおこうかな…」といった声も上がっている。

 映画の主題歌は、「adieu」というアーティストが担当し、作詞作曲はRADWIMPSの野田洋次郎が手掛けることも明らかになった。adieuの正体につい…

全文を読む

松本潤と有村架純のラブシーンに反響続々! 映画「ナラタージュ」特報公開

松本潤と有村架純のラブシーンに反響続々! 映画「ナラタージュ」特報公開

 島本理生の恋愛小説を原作とした映画「ナラタージュ」の特報映像が公開された。「特報なのに涙が止まらない」「苦しさ、切なさが画面からあふれてる」と見る人の心を惹きつけている。

 同作は、大学生の工藤泉(有村架純)が高校時代に思いを寄せていた教師・葉山貴司(松本潤)と再会し、許されない恋に落ちてゆくというラブストーリー。原作は島本が20歳の頃に執筆した作品で、「未だにこの本の上を行く熱量の恋愛小説には出会えていない」「静かでありながら、登場人物ひとりひとりの熱量がすごい」「これを20歳の頃に書いたのだと思うと脱帽する」と絶賛の声が続出している作品だ。

 特報動画は、「今も私は、あなたを思い出す」という泉の独白から始まり、泉と葉山が手を重ね合う姿、泉の泣き顔、そして浴室でびしょ濡れになった2人が唇を重ね抱き合うシーンが映し出される。「一生に一度の、忘れられない恋」「あなたの純愛を呼び覚ます」といった印象的なフレーズや、バックに流れ続けるアヴェ・マリアが切なさを一際盛り上げている。

 主演・ヒロインの2人とともに、泉に思いを寄せる学生・小野玲二役として坂口健太…

全文を読む

ドラマ「東京タラレバ娘」第5話での速水もこみちのセリフに女子悶絶「完璧すぎて破壊力抜群」

ドラマ「東京タラレバ娘」第5話での速水もこみちのセリフに女子悶絶「完璧すぎて破壊力抜群」

『東京タラレバ娘』7巻(東村アキコ/講談社)

 アラサー女子に大反響のドラマ「東京タラレバ娘」の第5話が2017年2月15日(水)に放送されたのだが、新たに登場したキャラ、速水もこみち演じるバーテンダー・奥田のセリフが「やばいこんなこと言われたら死ぬ!!」「イケメンにこんなこと言われたら誰でも落ちるでしょ」と女子のハートを鷲掴みにしたもよう。

 第5話で倫子(吉高由里子)はピンチヒッターとして依頼された仕事のチャンスを逃し、恋も仕事も失った現実に打ちのめされていたのだが、そんな時、以前スーパーでたまたま出会った奥田に食事に誘われる。新しい恋のチャンスかも? と思い「奥田さんって… 独身ですか?」と尋ねる倫子に対し、奥田は「独身ですよ、結婚します?」とさらっと言い放った。直後に「なんちゃって」と頭をかいておどけて見せたのだが、この発言で倫子は完全に奥田の虜になってしまう。

 奥田が虜にしたのは倫子だけでなく「もこみちに結婚します? って言われたらします!! って即答でしょ」「私も言われてぇ~!! 爽やかな笑顔で言われてぇ~!!」「なんちゃって、までが…

全文を読む

ついに倫子が大反撃! ドラマ「東京タラレバ娘」でKEYに言い放ったセリフに大反響「倫子かっこいい! よく言ってくれた!」

ついに倫子が大反撃! ドラマ「東京タラレバ娘」でKEYに言い放ったセリフに大反響「倫子かっこいい! よく言ってくれた!」

『東京タラレバ娘』7巻(東村アキコ/講談社)

 ドラマ「東京タラレバ娘」第4話が2017年2月8日(水)に放送された。これまでKEY(坂口健太郎)に言われっぱなしだった倫子(吉高由里子)が、ついにズバッと反論! 視聴者から「倫子かっこいい! よく言ってくれた!」「その通りだ!」との声が続出中だ。

 第3話の最後で、KEYに「女同士つるんでいるから駄目」「だからあんたとは恋愛できない」と言われてしまった倫子。しかし、第4話で友人の大切さを切実に感じた倫子はKEYに向かって、ダメダメな自分でも友人がいるから楽しいのだと言い、「“女同士つるんでる女はダメだ、いい女じゃない” ばか言うな、あれが楽しいんじゃない」「私はこれからもつるんでやる」と啖呵を切る。

 この様子に視聴者から「うぉー倫子さんが言い返してやった!!」「全く同意見だぞ倫子!」「馬鹿言うな、って気持ちめっちゃわかるー!! 倫子かっこいいー!!」との声が続出。これまで、KEYに「もう女の子じゃないんだから」「有名になったからヨリを戻そうとか甘い」とぐさりと刺さる言葉を投げかけられまくっていた女…

全文を読む

「坂口健太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「坂口健太郎」の本・小説

坂口健太郎写真集 25.6 (単行本)

坂口健太郎写真集 25.6 (単行本)

作家
坂口健太郎
田邊 剛
出版社
集英社
発売日
2018-03-16
ISBN
9784087808339
作品情報を見る
クイック・ジャパン137

クイック・ジャパン137

作家
川栄李奈
坂口健太郎
cero
出版社
太田出版
発売日
2018-04-24
ISBN
9784778316266
作品情報を見る
書店男子と猫店主の平穏なる余暇 (集英社オレンジ文庫)

書店男子と猫店主の平穏なる余暇 (集英社オレンジ文庫)

作家
ひずき 優
坂口健太郎
出版社
集英社
発売日
2016-01-20
ISBN
9784086800570
作品情報を見る
ユリイカ 2014年9月 臨時増刊号 総特集◎イケメン・スタディーズ

ユリイカ 2014年9月 臨時増刊号 総特集◎イケメン・スタディーズ

作家
小越勇輝
鈴木拡樹
高杉真宙
小野賢章
坂口健太郎
國島直希
飯伏幸太
阿久津愼太郎
千葉雅也
星野太
柴田英里
出版社
青土社
発売日
2014-07-17
ISBN
9784791702756
作品情報を見る
書店男子と猫店主の長閑なる午後 (集英社オレンジ文庫)

書店男子と猫店主の長閑なる午後 (集英社オレンジ文庫)

作家
ひずき 優
坂口健太郎
出版社
集英社
発売日
2015-08-20
ISBN
9784086800341
作品情報を見る

「坂口健太郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「坂口健太郎」の関連画像・写真

「坂口健太郎」の関連画像・写真をもっと見る