読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鈴木亮平

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
すずき・りょうへい

プロフィール

最終更新 : 2021-08-24

1983年、兵庫県生まれ。2006年ドラマ『レガッタ』で俳優デビュー。映画『HK/変態仮面』『羊と鋼の森』『ひとよ』、ドラマ『テセウスの船』など出演作多数。

「鈴木亮平」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「TOKYO MER」音羽先生(賀来賢人)が放った“喜多見感あるセリフ”の最後が…「好きすぎじゃない?」「相棒みたいでぐっときた」

「TOKYO MER」音羽先生(賀来賢人)が放った“喜多見感あるセリフ”の最後が…「好きすぎじゃない?」「相棒みたいでぐっときた」

『TOKYO MER 走る緊急救命室』Blu-ray/DVD

 鈴木亮平さんが主演を務めるドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)最終話が9月12日に放送され、賀来賢人さん演じる医師・音羽が放ったセリフが反響を呼んでいる。

 本作は、「待っているだけじゃ、助けられない命がある」というポリシーを持つ医師・喜多見幸太(鈴木さん)率いる都知事直轄の救命救急プロフェッショナルチーム「TOKYO MER」の奮闘を描いた医療ドラマ。厚生労働省の官僚兼医師の音羽は、上司である天沼幹事長(桂文珍さん)と厚生労働大臣・白金(渡辺真紀子さん)の命令のもと「TOKYO MER」の解散を目論んでいる。

 最終回、赤塚(石田ゆり子さん)は持病で生死の境をさまよい、音羽は白金に逆らえないまま、審査会でMERの解散が決定しようとしていた。そんななか、テロ犯・エリオット椿(城田優さん)が都内で複数の連続爆破テロを引き起こす。これまで赤塚をライバル視し、それゆえMERの行く手を阻んできた白金大臣。病床の赤塚知事の訴えで初心に立ち返ると、考えを一変。自らを指示していた天…

全文を読む

松坂桃李×鈴木亮平「日岡と上林の初対峙シーンは運命の恋人との出会いみたいだった」映画『孤狼の血 LEVEL2』公開記念対談!

松坂桃李×鈴木亮平「日岡と上林の初対峙シーンは運命の恋人との出会いみたいだった」映画『孤狼の血 LEVEL2』公開記念対談!

松坂桃李さん(写真左)、鈴木亮平さん(写真右)

 2021年8月20日公開の映画『孤狼の血 LEVEL2』。映画では激しくぶつかる松坂さん演じる日岡と、鈴木さん演じる上林。おふたりはどんな思いで役を演じていたのか。 (取材・文=野本由起 写真=小嶋淑子)

松坂:実は、前作の出演依頼をいただいた時、マネージャーさんから「私、この台本が面白いかどうかわからないので読んで決めてください」って言われたんですよ。 鈴木:ああ、そう! 松坂:それで、僕が台本を読んで、監督が白石(和彌)さん、主演が役所(広司)さんと聞いて、「これは絶っ対にやりたいです!」となったんです。日岡という役は、誰にも渡したくなかった。思い入れが強い役なんですよね。 鈴木:僕は、最初に『孤狼の血 LEVEL2』のお話をいただいた時、お断りしたほうがいいかなと思いました(笑)。一作目が完璧な映画だったし、これを超えるのは難しいと思ったんです。でも、脚本を読んでみたら、僕の役があまりにもめちゃくちゃで。白石監督が「この役を鈴木亮平に」と言ってくれたからには、もう挑戦するしかない。読み終わっ…

全文を読む

SNS上では“犯人探し”が白熱! 竹内涼真主演の本格クライムサスペンス『テセウスの船』が「なんて濃い1時間なんだ。毎回泣ける」と話題

SNS上では“犯人探し”が白熱! 竹内涼真主演の本格クライムサスペンス『テセウスの船』が「なんて濃い1時間なんだ。毎回泣ける」と話題

『テセウスの船』1巻(東元俊哉/講談社)

 『モーニング』連載の同名マンガを原作としたテレビドラマ「テセウスの船」が、2020年1月から放送スタート。謎が謎を呼ぶ“犯人探し”に、ネット上で「真犯人が誰なのか気になりすぎる!」「普段テレビみないのにドハマりしてしまった」と大きな反響が巻き起こっている。

 同作は時空を超えて繰り広げられる本格クライムサスペンス。主人公・田村心は数十年前に父親が起こしたとされる殺人事件のせいで、世間から後ろ指をさされながら生きていた。しかし心はとあるきっかけで、殺人事件が起きる直前の1989年にタイムスリップすることに。はたして父は本当に事件の犯人なのか? 心は事件の謎を解明し、過去を変えるために動き始める──。

 原作コミックは約2年にわたって連載された後、2019年6月に完結。作中では過去の事件をめぐって予想もつかない展開が繰り広げられ、最後まで読んだ人からは「結末が気になりすぎて、最終巻まで読みふけってしまった…」「一度読み始めたら止まらない。かなりの良作」という声が上がっていた。

 ドラマ版では「ひよっこ」や「下町ロ…

全文を読む

佐藤健出演映画「ひとよ」本予告解禁!「こういう作品は絶対に映画館で観るべき」と期待の声

佐藤健出演映画「ひとよ」本予告解禁!「こういう作品は絶対に映画館で観るべき」と期待の声

 桑原裕子の戯曲を原作とした映画「ひとよ」の本予告が解禁。佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子が崩壊した家族を演じるとあって、「役者の演技力に引き込まれる」「予告だけで泣きそうになった」と話題になっている。  同映画で描かれるのは、たった一夜の事件でバラバラになってしまった稲村家の物語。映画「彼女がその名を知らない鳥たち」「孤狼の血」などの白石和彌が監督を務め、「ロストパラダイス・イン・トーキョー」「凶悪」などで白石とタッグを組んできた高橋泉(※高は正しくははしごだか)が脚本を担当する作品だ。  稲村家の母・こはるを田中裕子が演じ、長男・大樹に鈴木亮平、次男・雄二に佐藤健、長女・園子に松岡茉優を抜擢。物語は、こはるが夫を殺害してしまった雨の夜から始まる。事件の後こはるは子どもたちを残して姿を消し、兄妹は心に傷を抱えたまま大人に。しかし事件から15年後、突然こはるが子どもたちの前に姿を現す――。  公開された予告映像は、雄二がこはるに「何しに帰ってきたんですか?」と厳しい口調で問い詰める場面からスタート。その後母との再会を喜ぶ園子や、事件を巡って妻…

全文を読む

鈴木亮平主演でドラマ化決定!食いしん坊・宮沢賢治の青春時代を描いた食マンガ

鈴木亮平主演でドラマ化決定!食いしん坊・宮沢賢治の青春時代を描いた食マンガ

『宮沢賢治の食卓』(魚乃目三太/少年画報社)

 相変わらず高い人気を誇る食マンガ。最近では従来の「対決もの」や「薀蓄もの」に加え、斬新な切り口をもった異色作が次々に生まれている。4月10日に発売された『宮沢賢治の食卓』(魚乃目三太/少年画報社)も、そんな新機軸の食マンガとして注目したい作品だ。『しあわせゴハン』など多くの食マンガで知られる作者が今回挑んだのは、宮沢賢治×食という切り口。日本を代表する童話作家・詩人の青春時代を、伝記的事実を踏まえつつ、彼が愛したいくつもの食べ物とともに描いている。

 代表作「雨ニモマケズ」の影響で禁欲的なイメージが強い賢治だが、実はお洒落で新しい物好き、仕事が休みになると上京して文具を購入したり、クラシックのレコードを集めたりする当時としてはかなりモダンな青年だった。そのうえ冗談が好きでモノマネも上手。本作を読んでいるとこれまで抱いていた宮沢賢治像がどんどん更新されてゆく。作者が描こうとしたのは聖人・宮沢賢治ではなく、私たちとあまり変わらない、喜怒哀楽に溢れた人間・宮沢賢治なのだ。

 農学校の教師をしていた20代の賢治が…

全文を読む

詐欺や横領などの知能犯罪を追う、32歳独身彼氏なしの“電卓女”。奇想天外な犯人集団との行方は…?『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』が豪華キャストでドラマ化!

詐欺や横領などの知能犯罪を追う、32歳独身彼氏なしの“電卓女”。奇想天外な犯人集団との行方は…?『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』が豪華キャストでドラマ化!

『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』(梶永正史/宝島社)

 “電卓女”と呼ばれる敏腕警部補のヒロインが、奇想天外な犯人集団を相手に立ち向かっていく大人気小説『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』。同作がドラマ化され、2016年10月22日(土)に放送されることが明らかになったのだが、松下奈緒、鈴木亮平、稲垣吾郎といった豪華キャストの揃い踏みに原作ファンから「電卓女が松下奈緒!? 意外性ありありで超気になる!」「え~! ゴロウちゃんでるんだ! しかもこの役…めっちゃ期待させるやん」「キャスト見て武者震い起こったわ! これは傑作の予感」と大興奮の声が上がっている。  同作の主人公は“警視庁捜査二課主任代理”で独身、彼氏ナシの32歳・郷間彩香。贈収賄や横領などの知能犯罪を追う彩香は、数字に手掛かりを求めて電卓ばかり叩いているため、周囲から“電卓女”と呼ばれている。そんな彩香にある時、刑事部長から現場の指揮を執るように特命が下った。その現場というのは渋谷のデパート内の銀行で発生した立てこもり事件。思いがけない指令に困惑しつつ、彩香は渋谷に直行する――…

全文を読む

鈴木亮平、今度は『ルパン三世』の銭形警部に! 「今からワクワクしちゃう!」と期待の声

鈴木亮平、今度は『ルパン三世』の銭形警部に! 「今からワクワクしちゃう!」と期待の声

『ルパン三世』1巻(モンキー・パンチ/双葉社)

 日本テレビ、WOWOW、Huluの共同制作によって、あの『ルパン三世』の銭形警部にスポットを当てたドラマ「銭形警部」が制作されることが発表された。この知らせに「これは本気でうれしい!」「絶対に面白い」「ハードボイルドで渋いとっつぁんを頼みます!」とファンは大興奮。  ドラマ「銭形警部」は、2017年に日本テレビで基軸となるストーリーが放送される予定。そののち、WOWOWとHuluでそれぞれ独自のエピソードが展開される。主人公・銭形幸一役には、鈴木亮平。映画「俺物語!!」や「HK/変態仮面」シリーズでのストイックな役作りが話題となった鈴木に「主演が変態仮面の人なら期待するしかないわ」「どんなとっつぁんを見せてくれるのか今からワクワクしちゃう!」「もしかしてアクションも…!?」と大盛り上がり。その他にも、警視庁捜査一課の女性刑事・桜庭夏希役に前田敦子、同じく捜査一課の刑事・国木田晋太郎で三浦貴大が出演する。  「いつもルパンに逃げられるドジで愛嬌のある刑事」というイメージを銭形警部に持っている人も多いだ…

全文を読む

土曜ドラマ「お迎えデス。」第2話は比嘉愛未がゲスト出演! 福士蒼汰がデートに誘う!?

土曜ドラマ「お迎えデス。」第2話は比嘉愛未がゲスト出演! 福士蒼汰がデートに誘う!?

 田中メカの人気マンガを原作に、主演・福士蒼汰、ヒロイン・土屋太鳳というフレッシュな顔合わせで話題を呼んでいる、日テレ4月期の新土曜9時ドラマ「お迎えデス。」。  毎回登場する豪華ゲストも見どころになっているが、2016年4月30日(土)放送の第2話のゲストが比嘉愛未になることが発表された。  同作は、ちょっと偏屈な理系男子・円(福士)と猪突猛進女子・幸(土屋)が、この世に思いを残した幽霊を成仏させるという、不思議なアルバイトを通じて心を通わせていく物語。第2話は、比嘉演じる看護師に未練を残し、死んでも死にきれない…という14歳の少年・和弥(加部亜門)を成仏させようと、円が奮闘するという展開だ。  この世に未練を残して亡くなった和弥は、担当看護師・瑞江(比嘉)との「退院したら一緒に観覧車に乗る」という約束が心残りだった。幸は、和弥が円に憑依して瑞江と一緒に観覧車に乗るという形で約束を果たすアイデアを提案。ただし、円が瑞江と観覧車に乗るには、円が瑞江とデートするような関係性を作らなければならない。円は、自分なりに女心を研究し、あの手この手で瑞江に…

全文を読む

「鈴木亮平」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木亮平」の本・小説

鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat.スティーブ・ソレイシィ

鈴木亮平の中学英語で世界一周! feat.スティーブ・ソレイシィ

作家
鈴木亮平
スティーブ・ソレイシィ
出版社
マガジンハウス
発売日
2018-04-12
ISBN
9784838729951
作品情報を見る
行った気になる世界遺産

行った気になる世界遺産

作家
鈴木亮平
出版社
ワニブックス
発売日
2020-09-10
ISBN
9784847083129
作品情報を見る

「鈴木亮平」人気の作品ランキングをもっと見る

「鈴木亮平」の関連画像・写真

「鈴木亮平」の関連画像・写真をもっと見る