読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まく子 (福音館文庫)

まく子 (福音館文庫)

まく子 (福音館文庫)

作家
西加奈子
出版社
福音館書店
発売日
2019-02-12
ISBN
9784834084436
amazonで購入する

「まく子 (福音館文庫)」の関連記事

「ある星から来たの。」不思議な転入生の美少女がもたらした奇跡――映画『まく子』3月15日公開■対談 西加奈子×鶴岡慧子

対談 西加奈子×鶴岡慧子

小さな温泉街に暮らす小学5年生のサトシと、「ある星から来たの。」と話す不思議な転入生の美少女・コズエ。枯葉も、水も、〝まく〟ことが大好きな彼女との出会いが、大人への身体の変化に怯えていたサトシとその町で生きる人々の心を変えていく……。西加奈子さんの直木賞受賞後第1作『まく子』が映画化。監督の鶴岡慧子さんは本作が商業デビュー作となる。お二人に本作への思いを訊いた。

(左)つるおか・けいこ●1988年、長野県生まれ。初長編映画『くじらのまち』がPFFアワード2012においてグランプリとジェムストーン賞をW受賞。各国の国際映画祭で上映される。2作目『はつ恋』はバンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー賞にノミネートされるなど、国内外で注目を浴びる。

(右)にし・かなこ●1977年、テヘラン生まれ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。2004年、『あおい』でデビュー。翌年刊行の『さくら』はベストセラーに。07年『通天閣』で織田作之助賞、13年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』で直木賞を受賞。近刊に『おまじない』。本作は『…

2019/3/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

まく子 (福音館文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふじさん

小さな温泉町に住む慧少年を主人公にしたほろ苦い青春ドラマ。大人になるにはまだ早い少年が悩みながらも、突然転校してきたコズエと出会い成長していく姿がいい、後半のSFまがいの話も何かほのぼのとして温かい。西加奈子の子どもを扱った作品は、「円卓」もそうだが子どもの心理描写が巧みだ。

2020/10/11

Junichi Yamaguchi

『人間が永遠を作ったのかもしれない』… きっと、使い古されたテーマなのかもしれない。 鎖国化されている町に舞い降りた、かぐや姫といったところかな⁈ しかし、一筋縄ではいかせないのが、加奈子さん。 彼女が振り撒くスパイスが味も香りも初めて出会ったテーマのように感じさせる。タイトルの意味にもまた、痺れる。。

2019/03/22

Kazuko Ohta

西加奈子に対する私の印象は「わかりやすい今村夏子」。そして西加奈子を読むとなぜかいつも、漫画家マルジャン・サトラピの映画『ペルセポリス』を思い出します。たぶんふたりともイラン生まれだというだけなのでしょうけれど(笑)。「まく子」は「何でも撒く子」でしたか。放火事件後の意外な人の登場にウルリ。そうそう、大人だって、パニックになって笑ってしまうことがあるんだよ。みんなきっと少しずつポーカーフェイスを覚えてゆくけれど、感情をそのまま顔に出したっていいときもある。「うっかり素直になれる」、そんな相手に出会いたい。

2021/01/22

ピロ麻呂

形あるもの全て、いずれ滅びゆく。人はみな死に向かって生きていく。それは自然の摂理。でも私たちは「粒」の集合体。死んでバラバラになってもまた「粒」が集まって新しい人となる。結局、子供も年寄りも、男も女も、美しい人もブサイクも同じ「粒」でできているんやよなぁ。みんなが「粒」で形づくられた仲間だと認識すれば、いがみ合ったり、いじめや虐待なんてなくなるんじゃないかな。

2019/03/02

HMax

「永遠に続かないから、きっと素敵なんだよ。」まく子ことコズエも美少女がぽっちゃり少女へ。自分も大人の仲間入り。鄙びた温泉町の雰囲気がぴったり。温泉はまだまだ出るのに町がなくなってしまうんじゃないか?と心配になりそうな雰囲気。温泉街の裏通りにある古いハイツや冬には寒いだろうなという家、宇宙からの避難民が来ていたんだね。自分が子供の時のことを考えると、父親と比べたことなんかなかったけどなあ、そんなにオエッていうこともなかったし。

2019/07/14

感想・レビューをもっと見る