読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

岡田麿里

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
おかだ・まり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

脚本家

「岡田麿里」のおすすめ記事・レビュー

「あなたの“はじめて”を、わたしにください」性に振り回される女子高生を描く『荒ぶる季節の乙女どもよ。』アニメ化

「あなたの“はじめて”を、わたしにください」性に振り回される女子高生を描く『荒ぶる季節の乙女どもよ。』アニメ化

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』1巻(原作・岡田麿里、漫画・絵本奈央/講談社) (C)岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

『別冊少年マガジン』で連載されている漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』がTVアニメ化されることが分かった。あわせてティザービジュアルなども公開され、ファンからは「これは期待しかない」「はいアニメ化キターーー! みんな正座待機!」と喜びの声が巻き起こっている。

 『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、劇場アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「さよならの朝に約束の花をかざろう」などで有名な岡田麿里と、『それでも僕は君が好き』の絵本奈央がタッグを組んだ作品。文芸部に所属する女子5人が「死ぬ前にしたいこと」という話題で盛り上がり、部員の放ったひと言がきっかけで“性”に振り回される青春群像劇だ。

 今回のアニメ化では安藤真裕と塚田拓郎が監督を務め、原作者の岡田が脚本を担当。またキャラクターデザインを石井かおり、アニメーション制作を「いつだって僕らの恋は10センチだった。」などの「Lay-duce」が手がける。アニメ化決定に合わせ、…

全文を読む

「どエライ変態映画ができあがるぞ…」“行き場のない思春期の衝動”を描く『惡の華』実写映画化に大反響

「どエライ変態映画ができあがるぞ…」“行き場のない思春期の衝動”を描く『惡の華』実写映画化に大反響

『惡の華』1巻(押見修造/講談社) (C)押見修造/講談社

 押見修造の人気コミック『惡の華』の実写映画化が決定した。この知らせにファンからは「遂に実写映画化するんだ」「井口監督と岡田麿里のタッグで映画化って… ヤバすぎる!」と歓喜の声が上がっている。

 同作は「絶望」をテーマに主人公の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描き、ティーン世代を中心に絶大な人気を誇る作品。中学2年生の主人公・春日高男は、ある日想いを寄せるクラスメイト・佐伯奈々子の体操服を盗んでしまう。しかもその現場を目撃したクラスの変わり者・仲村佐和は、「秘密をばらさない代わりに私と契約しよう」と春日を脅迫。こうして始まった春日と仲村の共犯関係は、お互いの関係を大きく変えていくのだった―。

 同作の監督は原作者・押見からの逆指名で、映画「片腕マシンガール」や「電人ザボーガー」で知られる井口昇に。新作を発表するたびに海外から招待が殺到し、北野武・三池崇史に並ぶ人気と知名度を誇っている井口の起用にファンは大興奮。ネット上では「監督が井口昇さんになったと聞いてすごい納得してる。どエライ変態映画…

全文を読む

「生きづらさ」を抱える多くの若者へ…「あの花」「ここさけ」の生みの親・岡田麿里の自伝がドラマ化!

「生きづらさ」を抱える多くの若者へ…「あの花」「ここさけ」の生みの親・岡田麿里の自伝がドラマ化!

『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(岡田麿里/文藝春秋)

 脚本家・岡田麿里の自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』が、前田敦子主演で実写ドラマ化される。この知らせにファンは「どんな風にあの名作アニメが生まれたのかめちゃくちゃ気になる!」と興味津々のようだ。

 原作はアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」で知られる岡田が、昨年4月に発表したもの。ひきこもりだった学生時代から上京し脚本家になるまでの道のりを記した同作は、“生きづらさ”を抱える10代20代の共感を呼び、ベストセラーに。ファンから「不登校だった頃の心理描写がすごくリアルで共感できる」「たくさんの共通点に感情移入して泣いてしまった」「ビンビンに伝わってくる“リアル”な言葉に圧倒される」「なぜあんなに心揺さぶる作品が描けるのかがわかった気がした」と好評を博している。

 そんな同ドラマの脚本は、作者である岡田自らが担当。これには「自伝の脚本を自分でってすごいな…」「思い入れとか考えが他の人が脚本を書くより断然…

全文を読む

「あの花」「ここさけ」脚本家の自伝! あのキャラクターの“引きこもり”は、自身の経験に基づいていた!

「あの花」「ここさけ」脚本家の自伝! あのキャラクターの“引きこもり”は、自身の経験に基づいていた!

『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』(岡田麿里/文藝春秋) 2011年にTVアニメが大ヒットし、2013年には劇場アニメ化、2015年には実写TVドラマ化した『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、通称“あの花”。そして2015年に劇場アニメが公開され、今年2017年に実写映画化も決定している『心が叫びたがってるんだ。』、通称“ここさけ”。2本のアニメの作品の脚本を担当しているのは、岡田麿里という女性脚本家だ。

この2つの作品には、いくつか似ている点がある。その中の1つが、“主人公が闇を抱え、自分の殻に閉じこもってしまっている”ということ。「あの花」の主人公・宿海仁太は、幼い頃に幼なじみの本間芽衣子を傷つけ、その直後に彼女が死んでしまったこと、「ここさけ」の主人公・成瀬順は、無知だった幼い自分の発言で両親が離婚してしまったというトラウマを抱えているキャラクターだ。

「秩父」を舞台に繰り広げられるこの2つの物語の根源には、実は岡田さん自身の実体験があった。彼女自身が、小学校時代から徐々に学校に行けなくなってしまった「登校拒否…

全文を読む

「あの花」スタッフが贈る感動青春群像劇!「心が叫びたがってるんだ。」キービジュアル解禁!

「あの花」スタッフが贈る感動青春群像劇!「心が叫びたがってるんだ。」キービジュアル解禁!

 日本中が涙した「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが贈る、オリジナルアニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」(2015年公開)のキービジュアルがついに解禁された!

 2015年1月22日(木)深夜放映のフジテレビ<ノイタミナ>で、ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」のメロディーとともに一部が映し出された本作のキービジュアル。教室の窓辺にひとりたたずむ少女。手には携帯電話。窓の外の赤や黄に色づく木々から季節は感じられるが、宙に浮かぶメルヘンチックなお城、舞踏会で舞っているかのような人々は、机の上に置かれた「玉子」とともに、とても気になる存在だ。全容はまだ厚いベールに包まれているが、想像が膨らむ画像になっている。  本作でも3人のヒットメーカーが紡ぎだす、人々の繊細な心を掴み、感情を刺激する物語に期待したい。他のキャラクターや声優キャストなど続報が待たれる。 「心が叫びたがってるんだ。」関連記事 「あの花」チームの新作 タイトル発表!「心が叫びたがってるんだ。」 ■「心が叫びたがってるんだ。」 日本中が泣いた、あの感動を再び …

全文を読む

「あの花」チームの新作 タイトル発表!「心が叫びたがってるんだ。」

「あの花」チームの新作 タイトル発表!「心が叫びたがってるんだ。」

 観客動員数77万人、興行収入10億円突破、興行収入ランキング7週連続トップ10入りを果たし、日本中が涙した大ヒットアニメ「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」。  2014年8月31日に埼玉県秩父市で開催された「あの花夏祭Final」 では、「あの花」チームが贈る新たなプロジェクトとして、秩父を舞台にして描かれる新作が始動することが伝えられた。そして2014年12月2日(火)、3日(水)に開催された秩父神社の例大祭「秩父夜祭」のクライマックスで、遂に新作のタイトル『心が叫びたがってるんだ。』が発表された。  「秩父夜祭」では、「あの花」も地元・秩父への感謝の気持ちを込め、毎年「あの花スターマイン」を打ち上げている。今年も行われた恒例の「あの花スターマイン」の打ち上げで、口上を「あの花」のめんま(CV.茅野愛衣)が実施。  全国から集まった8万人の観客、そしてタイトルが本イベントにて発表される情報を手に入れていた多くの「あの花」ファンが見守る中、めんまから「たーまやー」と口上がうたわれ、花火が打ち上がると、会場からは、大きなどよめき…

全文を読む

今、最も熱い注目を浴びる脚本家・岡田麿里の作品を振り返る

今、最も熱い注目を浴びる脚本家・岡田麿里の作品を振り返る

現在好評放送中の『selector infected WIXOSS』と『M3-ソノ黒キ鋼-』。ダークな展開から目が離せないこのオリジナルアニメの脚本を手掛けているのは、脚本家の岡田麿里さん。同時期に二本のオリジナルシリーズを担当しているのは、業界内外から、評価されている証拠かと思われます。

ついに最終回を迎える『selector infected WIXOSS』や、今後の展開が気になる『M3-ソノ黒キ鋼-』をより深く知るために、岡田さんがこれまで関わった作品を振り返ってみましょう。

○true tears

 

造り酒屋のひとり息子で絵本作家志望の仲上眞一郎は、その幼馴染で親を亡くして仲上家に引き取られた湯浅比呂と、突然現れた天使のような少女、石動乃絵との間で揺れ動く。北陸・富山を舞台とした切なくも美しい恋物語です。

アニメファンの間で岡田さんの名前が広く知れ渡るきっかけになったのがこの作品でしょう。岡田さんはシリーズ構成として参加。各話脚本では主に乃絵が活躍する回を担当。そのエキセントリックだけど愛らしくそしてどこか危うい行動に、岡…

全文を読む

『るるぶ』から『あの花』の聖地巡礼ガイドが登場

『るるぶ』から『あの花』の聖地巡礼ガイドが登場

(C)ANOHANA PROJECT

 旅行ガイドブック『るるぶ』と、人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(あの花)がコラボした聖地巡礼ガイドが2014年3月19日(水)に発売される。

『あの花』は、フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」ほかで放送されたオリジナルTVアニメ作品。同作は“大人が泣けるアニメ”として話題となり、普段アニメを見ない世代や著名人からも高い評価を受けた人気作だ。

 同書ではアニメの舞台設定のモデルとなった埼玉県秩父市をストーリーに沿って紹介。聖地巡礼にぴったりなガイドブックとなっている。秩父市内の他にも、近郊の人気観光スポットも取り上げる。羊山公園の芝桜、長瀞、秩父夜祭、SL・パレオエクスプレス、グルメや日帰り温泉などの見る・食べる・遊ぶ情報がアニメ場面画像やキャラクターイラストとともに紹介されている。

 観光ガイドの他にも、描き下ろしイラストや脚本家・声優のインタビュー記事も掲載。付録として、書き下ろしイラスト・あの花すごろくの両面ポスターと、ポストカードが付いてくるなど、ファンにはたまらない1冊となっている。

全文を読む

「岡田麿里」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田麿里」のレビュー・書評をもっと見る

「岡田麿里」の本・小説

荒ぶる季節の乙女どもよ。(7) (講談社コミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。(7) (講談社コミックス)

作家
絵本奈央
岡田麿里
出版社
講談社
発売日
2019-07-09
ISBN
9784065157237
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。(5) (講談社コミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。(5) (講談社コミックス)

作家
絵本奈央
岡田麿里
出版社
講談社
発売日
2018-08-09
ISBN
9784065121825
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。(6) (講談社コミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。(6) (講談社コミックス)

作家
絵本奈央
岡田麿里
出版社
講談社
発売日
2018-12-07
ISBN
9784065134801
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。(4) (講談社コミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。(4) (講談社コミックス)

作家
絵本奈央
岡田麿里
出版社
講談社
発売日
2018-04-09
ISBN
9784065112038
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-7巻セット

荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-7巻セット

作家
岡田麿里
絵本奈央
出版社
発売日
2019-07-09
ASIN
B07V34ZWTZ
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-6巻セット

荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-6巻セット

作家
岡田麿里
出版社
発売日
2018-12-07
ASIN
B07L8TY5DN
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-5巻セット

荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-5巻セット

作家
岡田麿里
出版社
発売日
2018-08-09
ASIN
B07GBQHFNQ
作品情報を見る
荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-4巻セット

荒ぶる季節の乙女どもよ。 コミック 1-4巻セット

作家
岡田麿里
出版社
発売日
2018-04-09
ASIN
B07C2HRXM9
作品情報を見る

「岡田麿里」人気の作品ランキングをもっと見る

「岡田麿里」の関連画像・写真

「岡田麿里」の関連画像・写真をもっと見る