注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
730件

社会の記事一覧

親を失った戦争孤児は、どう生きたのか――戦争のない世界のために、戦争孤児たちが語り継ぐ悲しい記憶

『もしも魔法が使えたら 戦争孤児11人の記憶』(星野光世/講談社)  とある大学の教授が「真珠湾はどこにあるか知っているか」と問うたところ、…

出産とは何か? 育てるとは? 途上国のリアルなお産と育児の実態―代理母出産、人身売買、レイプ、差別…

『世界の産声に耳を澄ます』(石井光太/朝日新聞出版)  世界には文化や歴史が異なるさまざまな国がある。豊かな国もあれば、貧しい国もある。平和…

戦争体験者や遺族を訪ね歩くことでわかった戦中日本の「現実」―戦争によって未来を踏みにじられた少年たちの物語

『遠い約束』(室積光/キノブックス)  戦後70年経った今、あらためて戦争の現実・悲惨さを問う小説『遠い約束』が2017年7月29日(土)に…

「ゼロ女」が熱中するパイロットたちの真実の声とは? 『ドリフターズ』でも大人気菅野デストロイヤーの生きた時代を読む

『証言 零戦 大空で戦った最後のサムライたち』(神立尚紀/講談社) 『ドリフターズ』(平野耕太/少年画報社)は異世界を舞台に、歴史上の人物が…

なぜ、SNSで「さりげない自慢=匂わせ」をせずにはいられないのか?

『「自分のすごさ」を匂わせてくる人』(榎本博明/サンマーク出版)  一人でいることが好きな私は、いつでも人とつながるSNSがとても苦手である…

日本中を席巻!ケント・ギルバートの啓蒙本はなぜ売れている? 2017年上半期ベストセラー新書と下半期ヒット予測

 2017年上半期のベストセラー新書(ノンフィクション・教養)にはどんな作品がランクインをしたのか? その興味深い結果は別表をご覧いただくと…

15歳でレイプ被害にあった元AV女優が伝えたかったこと【大塚咲さんインタビュー 後編】

『よわむし』(双葉社)  15歳でレイプ被害に遭い、AV女優を経てアーティスト活動を続ける大塚咲さん。初めての著作となる『よわむし』(双葉社…

日本では1時間に9匹のペースで犬猫の命が奪われている…世界の動物保護施設から考える人と動物の関係

『世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった。』(本庄萌/ダイヤモンド社)  ペットを家族同様に想う人が増えている一方で、保健所…

「……死んでもいいや。」―15歳でレイプ被害にあった元AV女優が自らの傷を語った理由【大塚咲さんインタビュー 前編】

『よわむし』(双葉社) ……死んでもいいや。 気を失っている時間は、きっと何分もなかった。  15歳でレイプ被害に遭った大塚咲さんの『よわむ…

「共謀罪を可決した」本当の理由とは?

『共謀罪の何が問題か』(高山佳奈子/岩波書店)  2017年6月15日、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正す…

東日本大震災を生き延びた子どもが2年半抱え続けた、母親にも語らなかった記憶とその思い

『透明な力を 災後の子どもたち』(河北新報社/東京書籍)  阪神淡路大震災、東日本大震災、その他の災害も同様に、起こった当時は大々的に報じら…

障がいをもつ兄を受け入れるということ―ダウン症の兄の日常を描く『ヒロのちつじょ』【インタビュー 後編】

『ヒロのちつじょ』(佐藤美紗代/太郎次郎社エディタス)  ダウン症の兄・ヒロの日常をまとめた『ヒロのちつじょ』(太郎次郎社エディタス)著者の…

暗黒事件は繰り返す――連合赤軍からオウム真理教、少年Aまで戦後日本の「闇」に見えた関係

『日本の暗黒事件』(森 功/新潮社)  連合赤軍、かい人21面相、オウム真理教、少年A…。戦後の日本で起こった重大事件には、巨大な「悪」が存…

人気撮影地で起こっている、信じられない迷惑撮影…フクロウの目を開かせようと投石!?

『アサヒカメラ2017年8月号』(朝日新聞出版) 「いい写真を撮りたい」という気持ちはプロも初心者も変わらない。しかし、昨今『アサヒカメラ』…

ダウン症の兄の日常を描く『ヒロのちつじょ』―ダウン症の人の生活ってどういうもの?【インタビュー 前編】

『ヒロのちつじょ』(佐藤美紗代/太郎次郎社エディタス)  障がい者施設「やまゆり園」で起こった、あの忌まわしい事件から1年が過ぎた。今でも犯…

重要なニュースより視聴率がとれるネタを優先――日本のマスメディアの限界と可能性とは? 池上彰×増田ユリヤ対談【後編】

(左)池上彰さん(右)増田ユリヤさん   ■「政治的中立公平」を規定した放送法がなくなれば日本も変わる!? ――海外では選挙シーズ…

右や左の概念はもう古い! 世界を変える新たな改革を求める人たち ――『なぜ、世界は“右傾化”するのか?』池上彰×増田ユリヤ【前編】

(左)池上彰さん(右)増田ユリヤさん    「アメリカ・ファースト」を標榜するトランプ大統領の誕生、国民投票でEU離脱が決まったイ…

AIにとって苦手な仕事って? 懸念される暴走を回避するには?

『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』(小林雅一/講談社現代新書)  モノとネットワークの繋がりを指す「IoT」や、自動運転技術などへの関心か…

過労死続出の霞ヶ関の闇に文科省のノンキャリ女子が迫る! 累計80万部突破『水鏡推理』シリーズ最新刊

『水鏡推理6 クロノスタシス』(松岡圭祐/講談社)  加計学園問題、森友学園問題など、なにかと話題の絶えない文部科学省。一体何が真実なのか、…

その歴史は横浜山手から始まった―麒麟のラベルは、いかに育ってきたか

『日本の会社 キリンビールの110年 絵で見る歴史図鑑』(夢現舎:編/彩流社)  JR東海道線で神奈川の横浜~川崎間を走っていると、海側に工…

SNSで誰もが発信できる時代だから考えたい―「日本人がバカになってしまう構造」とは?

『知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造(朝日新書)』(橋本治/朝日新聞出版)  インターネットやSNSの普及で、誰もが発信者になれる時…

描き継がれてきた“地獄絵”の世界―史上初!圧巻の拡大図とボリューム『HELL 地獄 地獄をみる』

『HELL 地獄 地獄をみる』(著:梶谷亮治、西田直樹、翻訳:Michael Jamentz、Rachel Saunders、Miriam …

なんでもアリの狂乱時代!? バブル時代に起こっていた現象と人々の生活に迫る【インタビュー】

『1985-1991 東京バブルの正体』(昼間たかし/マイクロマガジン社)  芸人・平野ノラの「しもしも~」「ぶっとびー!」などのバブルフレ…

今、「近世」がアツい!? 大人の「歴史」学び直しにピッタリな電子書籍フェア開催中

 最近、「日本史」の学び直しがトレンドとなっており、『週刊東洋経済』2016年6月18日号では「ビジネスマンのための学び直し 日本史」の特集…

江戸時代にもミシュランガイドがあった!? 「格付け」するとよく分かる江戸の歴史

『江戸時代の「格付け」がわかる本』(大石学:監修/洋泉社)  バラエティ番組では「○○ランキング」といった内容が流行っているが、江戸時代の人…

東京最強セレブ「港区」が抱える裏の顔 東京23区“健康格差”の実態とは?

『東京23区健康格差』(岡島慎二/マイクロマガジン社)  「人生で大事なものは?」と聞かれたら、読者はなんと答えるだろうか。金、名誉、愛情、…

「正義」はなぜ弱者を叩くのか? 現代にはびこる「正義」の正体は…

『「正義」がゆがめられる時代』(片田珠美/NHK出版)  残酷な事件や不景気が続く中、「正義」を声高に叫ぶ人が増えている。政治家や芸能人、犯…

なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか? モンスターマザーの精神的・経済的虐待によって心を操られてしまった「居所不明児童」の悲劇

(山寺香/ポプラ社)  「居所(きょしょ)不明児童」と呼ばれる子どもたちがいる。住民登録先から姿を消し、居所が不明になった18歳未満の子ども…

貯蓄に必要なのは「使わない」より「賢く使う」習慣づけ! 一生役立つ“お金の基本知識”

『いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書』(監修:横山光昭/インプレス)  お金に対する基本知識を学んで、お金に関する不安を解消できる『い…

『なぜペニスはそんな形なのか』―その理由を真面目に考えてみると…

『なぜペニスはそんな形なのか ヒトについての不謹慎でまじめな科学』(ジェシー・ベリング:著、鈴木光太郎:訳/化学同人)  『なぜペニスはそん…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ