読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

『葛藤する刑事たち』傑作警察小説アンソロジー (朝日文庫)

『葛藤する刑事たち』傑作警察小説アンソロジー (朝日文庫)

『葛藤する刑事たち』傑作警察小説アンソロジー (朝日文庫)

作家
松本清張
藤原審爾
結城昌治
大沢在昌
逢坂剛
今野敏
横山秀夫
月村了衛
誉田哲也
村上貴史
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-11-07
ISBN
9784022649386
amazonで購入する

『葛藤する刑事たち』傑作警察小説アンソロジー (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

黎明期・発展期・覚醒期に分けた9人の作家の短編警察小説の豪華アンソロジー!既読の作品もあるのに新鮮に読めてしまう。解説では『警察小説は隆盛』とある。注目すべき21世紀のおすすめの作品・作家、どれも好きだ。時代とともに犯罪が多様化して、刑事は大変だろうと想像するが未解決事件は小説の中だけにして欲しい。この先も面白い警察小説を期待したい。

2019/11/15

KAZOO

警察小説というか刑事が活躍する短編小説を松本清張の黎明期から最近の誉田哲也まで3期に分けてのアンソロジーです。いくつか既読のものもありますが、どなたが選択したか結構楽しめました。月村さんのSF的な作品もあったり、逢坂さんのコミカルなものや誉田さんの姫川班の話などあってバラエティに富んでいます。

2019/11/18

papako

刑事でアンソロジー、読みたくなりますよね。『黎明期』『発展期』『覚醒期』と三つに分けて紹介されていて、黎明期の大御所の作品が楽しめた。松本清張作品もっと読んでみようかしら。発展期の三作品はなぜこれが選ばれたのか?アンソロジーだから、こういうのがいいのか。覚醒期の三編は既読でした。警察小説が書かれるようになって、70年。警察内部の腐敗とか対抗意識とか、これからも変わらないんだろうな。年代ごとの紹介、楽しめました。

2019/12/04

らび

文字通り警察小説の歴史を感じました。黎明期、発展期、覚醒期の3つに分かれていて、さすがに黎明期は時代を感じさせる。発展期は今現在も活躍中のお三方ですがそれでも初期かな?古さはあれど違和感はない。今野敏さんの「薔薇の色」が良かった。個人的には覚醒期が馴染みも深く、特に誉田さんの姫川玲子シリーズ大好きだしストロベリーナイト前の事件で楽しかったです。

2020/01/25

小梅さん。

黎明期など3つの時代に分けてあるのが面白い。 大沢さんは、新宿鮫が読みたかったwでも、あの雰囲気はさすが。最初、新宿かと思ったw 横山秀夫さんもよかった。あの後、いい方向に進みますように。 松本清張作品は、言うことなしの読み応え。好きだなぁ。 当然なんだけど、刑事も人間で、事件を追う以外にも生活があるし、その事件への思いもそれぞれ。それでもひたむきに事件を追う姿が読者を引きつけるのだと思う。

2020/01/22

感想・レビューをもっと見る