読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大沢在昌

職業・肩書き
作家
ふりがな
おおさわ・ありまさ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1956年愛知県生まれ。79年に『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。91年に『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞を受賞し、一躍人気作家に。94年に『無間人形 新宿鮫4』で直木賞を受賞するなど受賞歴多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1978年
『感傷の街角』第1回小説推理新人賞
1986年
『深夜曲馬団』第4回日本冒険小説協会最優秀短編賞
1991年
『新宿鮫』吉川英治文学新人賞
1991年
『新宿鮫』第44回日本推理作家協会賞
1994年
『新宿鮫 無間人形』第110回直木賞
2004年
『パンドラ・アイランド』第17回柴田錬三郎賞
2010年
第14回日本ミステリー文学大賞
2014年
『海と月の迷路』吉川英治文学賞

「大沢在昌」のおすすめ記事・レビュー

大沢在昌ワールドにどっぷり浸かるのにオススメ! 『秋に墓標を』『魔物』『天使の爪』『天使の牙』『特殊捜査班カルテット』それぞれ合本版が一挙配信!

大沢在昌ワールドにどっぷり浸かるのにオススメ! 『秋に墓標を』『魔物』『天使の爪』『天使の牙』『特殊捜査班カルテット』それぞれ合本版が一挙配信!

 1979年 第1回小説推理新人賞を「感傷の街角」で受賞し、若干23歳でデビューした、現代日本のハードボイルド小説の代表作家・大沢在昌。1991年に『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞、1993年には『新宿鮫Ⅳ 無間人形』で直木賞、そして2004年に『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞など、実に多くの文学賞を受賞している。

そんな大沢が1997年に発表した短編集『冬の保安官』の新装版が1月25日(木)に発売された(電子版も同日に配信)。そしてなんと同日には、電子書店限定で『秋に墓標を 上下完全版』『魔物 上下完全版』『天使の牙 上下完全版』『天使の爪 上下完全版』『天使の牙シリーズ合本版』『特殊捜査班カルテット 合本版』も配信! ファンはもちろん、気になっていたという人も必見の内容。大沢ワールドにどっぷり浸かるにはもってこいだ! 豪華な合本版のラインナップを紹介!

『天使の牙 上下完全版【上下合本】』 覚醒剤に替わり、日本全土を脅かす新型麻薬アフター・バーナー。その元締〈クライン〉の独裁者・君国の愛人、神崎はつみが逃亡した。組織内部を…

全文を読む

注目の新刊 『海と月の迷路』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『海と月の迷路』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

海中に浮かぶ工業都市のような島の派出所に、新米警察官の荒巻が赴任した昭和34年。旧財閥系の鉱山会社が人の出入りも徹底管理するなかで、ある少女が不審な死を遂げる。事故死として処理された事件に納得できない荒巻は、真相を明かそうと孤軍奮闘することになる。

全文を読む

注目の新刊 『獣眼(じゅうがん)』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

注目の新刊 『獣眼(じゅうがん)』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

腕利きボディガード・キリのもとに持ちこまれた仕事。それは17歳の少女・さやかを1週間警護することだった。過去を見抜けるというさやかの能力をめぐって、プロの殺し屋集団が動いているらしい。キリはさやかを守りきれるのか? これぞ大沢ハードボイルドの真骨頂!

全文を読む

「E★エブリスタ」からプロ漫画家デビュー!

「E★エブリスタ」からプロ漫画家デビュー!

投稿電子書籍サイト「E★エブリスタ」から初のプロ漫画家がデビューすることになった。 デビューするのは成田聖奈氏。5月29日(火)より小説家・大沢在昌氏『カルテット』のコミック版を「E★エブリスタプレミアム」で連載する。

成田氏は「E★エブリスタ」で2010年12月~11年1月に行われた「カルテット漫画コンテスト」において優勝しコミカライズの権利を獲得した実力派。 「E★エブリスタプレミアム」はドコモの携帯電話とスマートフォンを対象にした有料電子書籍サービスで、松本零士氏や江川達也氏の連載も読むことができる。月額210円。 ドコモユーザーの方はチェックしてみてはいかがだろうか。

そして「E★エブリスタ」では無料のコンテンツも充実している。 サイトに行けばドコモの携帯でなくても、投稿されたコミックや小説を無料で読むことができる。公開されている作品数は190万部を越え、120以上の作品が出版社より書籍化されている。 ⇒「E★エブリスタ」PCサイト

全文を読む

注目の新刊 『語りつづけろ、届くまで』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『語りつづけろ、届くまで』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

日本一不運なサラリーマン・坂田勇吉が巻きこまれる、取り込み詐欺からの殺人事件と暴力団抗争。助かるためには消えた3億円をなんとか捜し出すしかない。坂田の運命はどうなる!? 『走らなあかん、夜明けまで』『涙はふくな、凍るまで』に次ぐシリーズ第3弾。

全文を読む

『新宿鮫』シリーズ最新作は紙の本と同時に電子書籍版も発売!

『新宿鮫』シリーズ最新作は紙の本と同時に電子書籍版も発売!

大沢在昌『鮫島の貌 新宿鮫短編集』と石田衣良『スイングアウト・ブラザース』の2作品が、本日(1/17)、光文社から発売されると同時に電子書籍での配信も始まりました!

電子版が配信されるのはソニーが運営するReader Storeにて。ソニーの電子書籍用の電子書籍専用端末「Reader」で読むことができます。

電子書籍版の定価は『鮫島の貌 新宿鮫短編集』(書籍版1575円)、『スイングアウト・ブラザース』(書籍版1470円)それぞれ1050円(税込)。

⇒「Reader Store」公式サイト

『鮫島の貌 新宿鮫短編集』 大沢在昌 光文社 人気コミック「こち亀」両津勘吉、「エンジェル・ハート」冴羽獠が登場する異色作、『狼花 新宿鮫IX』のサスペンスフルな後日談など、一編一編に「鮫」にしかない魅力が凝縮された全10編。

『スイングアウト・ブラザース』 石田衣良 光文社 大学時代の同級生の非モテ3人組は、あこがれていた先輩・河島美紗子がはじめた男性向けエステの第一期特待生に。はたしてモテ男になれるのか!?

全文を読む

大沢在昌の熱きメッセージ! 「どんなに細くなっても生き延びるんだ」

大沢在昌の熱きメッセージ! 「どんなに細くなっても生き延びるんだ」

この20年間、一貫して警察小説のトップを走り続けてきた作品がある。大沢在昌の『新宿鮫』だ。  その第10作にあたる『絆回廊(きずなかいろう) 新宿鮫Ⅹ』(光文社)が刊行された。     これまでの本シリーズでは、警察と暴力団という2つの「組織」がどのように対峙していくのかという主題が追求されていた。前作『狼花(おおかみばな)』は、その到達点と言える作品だったのである。     「ただ2つ懸案事項が残っていたんです。それは組織を描く小説では書けず、鮫島が人生の中で直面した事態として書かざるをえないものでした。だから『絆回廊』は、原点に戻ったような鮫島個人の物語になったのです」と大沢さん。     犯罪者からは新宿鮫として恐れられ、あまりの切れ味から同僚からも煙たがれた男・鮫島。しかし、〈新宿鮫〉の人物像も、シリーズ開始当初から比べると大きく変化した。      「この作品で突然出てきた変化ではありません。過去の作品でも、ゆっくりとカーブを描いてきた。鮫島の変化であり、作者自身の変化でもある。『新宿鮫』は、描き手の変化に一切嘘をつかずに続けてき…

全文を読む

「大沢在昌」のおすすめ記事をもっと見る

「大沢在昌」のレビュー・書評をもっと見る

「大沢在昌」の本・小説

漂砂の塔 (ひょうさのとう) (単行本)

漂砂の塔 (ひょうさのとう) (単行本)

作家
大沢在昌
出版社
集英社
発売日
2018-09-05
ISBN
9784087711578
作品情報を見る
帰去来

帰去来

作家
大沢在昌
出版社
朝日新聞出版
発売日
2019-01-04
ISBN
9784022515872
作品情報を見る
小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない

作家
大沢在昌
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2012-08-01
ISBN
9784041102527
作品情報を見る
魔女の封印 上 (文春文庫)

魔女の封印 上 (文春文庫)

作家
大沢在昌
出版社
文藝春秋
発売日
2018-12-04
ISBN
9784167911867
作品情報を見る
毒猿 新装版: 新宿鮫2 (光文社文庫)

毒猿 新装版: 新宿鮫2 (光文社文庫)

作家
大沢在昌
出版社
光文社
発売日
2014-03-12
ISBN
9784334767174
作品情報を見る
魔女の盟約 (文春文庫)

魔女の盟約 (文春文庫)

作家
大沢在昌
出版社
文藝春秋
発売日
2011-01-07
ISBN
9784167676087
作品情報を見る

「大沢在昌」人気の作品ランキングをもっと見る

「大沢在昌」の関連画像・写真

「大沢在昌」の関連画像・写真をもっと見る