読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かか

かか

かか

作家
宇佐見りん
出版社
河出書房新社
発売日
2019-11-14
ISBN
9784309028453
amazonで購入する Kindle版を購入する

「かか」のおすすめレビュー

「かかを産みたかった。かかをにんしんしたかったんよ」史上最年少で三島由紀夫賞を受賞した宇佐見りんが『かか』で描き出す母娘の姿

『かか』(宇佐見りん/河出書房新社)

〈みっくん、うーちゃんはね、かかを産みたかった。かかをにんしんしたかったんよ。〉――小説『かか』(河出書房新社)の一節だ。かか、とは「おかあさん」のこと。19歳、浪人生の“うーちゃん”がかかについてひとり語りしていく同作を、執筆した当時、宇佐見さんも19歳。最年少での三島由紀夫賞受賞が全会一致で決まったのは、母を産みなおしたいと願う少女の魂の叫びを描いた、読む者の心と肉体に痛切に刻むような文体と、ほとばしる感受性ゆえだろう。

 かかは、自分の母親から「(姉の)おまけで産んだ」といわれて育ち、夫には浮気をくりかえされて離婚した。早逝した姉の娘をひきとれば、母は目に見えて彼女をかわいがる。心の救いは“えんじょお(天使)”さんである子供たちだけだが、娘であるうーちゃんいわく、かかは〈つけられた傷を何度も自分でなぞることでより深く傷つけてしまい、自分ではもうどうにものがれ難い溝をつくって〉しまった。だから今は、自分のために泣いて家族にあたりちらしてばかり。そんなかかをうーちゃんは、誰より愛しながらも憎み、かかのようになり…

2020/11/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

かか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

先日の「改良」に続いて、第56回文藝賞受賞作のもう1作を読みました。熱量や勢いは感じるものの、20歳の現役女子学生ということもあってか、あまり世界観についていけず、115頁であっさり終了してしまいました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000256.000012754.html

2020/01/23

寂しがり屋の狼さん

目の前で壊れていく母親。母と娘の関係は女と女の関係に…女性だからこそ血の繋がり、身体の繋がりを深く感じ取るのだろうか…方言なのか読み取りづらい文章も感情を書きなぐった感じを受け引き込まれてしまう。『愛』という字の中心には『心』があり、心を受けとることから愛が生まれると誰かが言っていたが、これもひとつの『愛』のかたちなのだろう。二十歳でこの作品を書き上げた著者には何が見えているのか、今後の作品も気になります。

2020/01/06

いっち

独特の語りでの表現が新しい。東北弁でも博多弁でもない、かか弁。かかとは、母のこと。かか弁=母の言葉。最初は読みにくいが、次第に慣れる。父の浮気と離婚で、母は精神的に病む。祖母や祖父が同居しているが、母の話を聞いて慰めるのは、主人公だけ。母が発狂するようになると疎ましくなる。入院し手術する間、主人公は一人で熊野へ行く。逃げるわけではない。この国を生んだ母である、いざなみに会って祈るために。母を憎む一方で愛している。冒頭の、浴槽に浮かぶ金魚が初潮の血だったという描写に引き込まれた。個人的体験を深堀りした作品。

2019/11/27

遥かなる想い

第33回三島由紀夫賞。 かかと うーちゃんの濃密な記憶の物語である。女性の匂い満載の息苦しい雰囲気は 書体の影響なのだろうか。昭和の雰囲気を 漂わせながら語れる かかとの確執と SNS で語られる今との 違和感が 不思議な…そんな作品だった。

2021/03/21

ちゃちゃ

自らをこの世に産み出した母の子宮。その温かい場所へ戻ることは、もはや叶わない。じくじくと血が滲み出るような「かか」への切実な思い。愛着と憎悪。心を病む母の苦しみを、産む性である女としての切なさを、十字架のように背負って生きる娘の「うーちゃん」。信仰にも似た母親への思慕はいつしか崩れ去り、今や愛憎相半ばする存在となる。熊野詣での旅は、もしかすると内なる母親との関係を断ち切る再生の旅だったのかもしれない。「かか弁」という甘ったるいモノローグで読み手の懐に容赦なく入り込む独特の世界観に、光る才能の片鱗を見た。

2020/10/06

感想・レビューをもっと見る