読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山下澄人

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
やました・すみひと

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1966年兵庫県生まれ。劇団FICTION主宰。2011年、小説『星になる』『水の音しかしない』を発表。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2012年
『緑のさる』第34回野間文芸新人賞
2017年
『しんせかい』第156回芥川賞

「山下澄人」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「芳醇な読書体験をさせてくれた作品!」 芥川賞・山下澄人さん&直木賞・恩田陸さんに決まって、多くの読書ファンから納得の声続出!

「芳醇な読書体験をさせてくれた作品!」 芥川賞・山下澄人さん&直木賞・恩田陸さんに決まって、多くの読書ファンから納得の声続出!

『しんせかい』(山下澄人/新潮社) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

 2017年1月19日(木)に第156回目となる「芥川龍之介賞」と「直木三十五賞」の受賞作が発表された。芥川賞には山下澄人さんの『しんせかい』が、直木賞には恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』が決定し、多くの読書家からさまざまな反響が上がっている。  芥川賞受賞者の山下さんは劇団「FICTION」の主催者として支持され、「第34回野間文芸新人賞」を受賞した小説『緑のさる』で知られる人物。今回の受賞作『しんせかい』は芥川賞4度目の候補作となる。  描かれているのは19歳の主人公・山下スミトが、俳優や脚本家を夢見る若者たちと共同生活を送り、肉体労働や師との軋轢などを経験していく物語。同作は自身が入塾していた脚本家・倉本聰主催の「富良野塾」での記憶をもとにしていると言われている。

これまでも候補作に上がりつつも受賞を逃していただけに、山下さんは受賞会見で「ほっとした」「痛快」と喜びをコメントしている。  そして直木賞は、『夜のピクニック』や『六番目の小夜子』などの大ヒット作を生み出した恩田さんが6…

全文を読む

「山下澄人」のおすすめ記事をもっと見る

「山下澄人」の本・小説

ケトルVOL.41

ケトルVOL.41

作家
大根仁
山下澄人
津田大介
成馬零一
仲世 古善
高橋 将貴
出版社
太田出版
発売日
2018-02-15
ISBN
9784778316181
作品情報を見る
鳥の会議 (河出文庫 や)

鳥の会議 (河出文庫 や)

作家
山下澄人
出版社
河出書房新社
発売日
2017-03-17
ISBN
9784309415222
作品情報を見る
しんせかい (新潮文庫)

しんせかい (新潮文庫)

作家
山下澄人
出版社
新潮社
発売日
2019-10-27
ISBN
9784101015811
作品情報を見る
【第156回 芥川賞受賞作】しんせかい

【第156回 芥川賞受賞作】しんせかい

作家
山下澄人
出版社
新潮社
発売日
2016-10-31
ISBN
9784103503613
作品情報を見る
ギッちょん (文春文庫)

ギッちょん (文春文庫)

作家
山下澄人
出版社
文藝春秋
発売日
2017-04-07
ISBN
9784167908294
作品情報を見る
砂漠ダンス (河出文庫 や)

砂漠ダンス (河出文庫 や)

作家
山下澄人
出版社
河出書房新社
発売日
2017-03-17
ISBN
9784309415239
作品情報を見る
ほしのこ

ほしのこ

作家
山下澄人
出版社
文藝春秋
発売日
2017-08-24
ISBN
9784163907055
作品情報を見る

「山下澄人」人気の作品ランキングをもっと見る

「山下澄人」の関連画像・写真

「山下澄人」の関連画像・写真をもっと見る