読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

蛭子能収

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
えびす・よしかず

「蛭子能収」のおすすめ記事・レビュー

「いいね!の数は、やっかみの数」「がんばれはテキトーな言葉」 蛭子能収の世界一ゆるい自己啓発本!

「いいね!の数は、やっかみの数」「がんばれはテキトーな言葉」 蛭子能収の世界一ゆるい自己啓発本!

『笑われる勇気』(蛭子能収/光文社)

 ネットで「蛭子能収」と検索すると、「サイコパス」「クズ」「イラつかせる」など、散々な言葉が次々と出てくる。出演されているテレビ番組を見ていると、確かに空気の読めない自己中な言動が目立つが、本当に「クズ」な人が芸能界を生き残ることができるのだろうか。

「世界一ゆるい自己啓発本」というキャッチコピーを引っ提げ、70歳を記念して出版された『笑われる勇気』(蛭子能収/光文社)には、「クズ」ではない「きれいごと、ゼロ」な蛭子さんの独特の考え方が並んでいた。

■きれいなものの裏にはなにかある

 競艇好きで有名な蛭子さんだが、休みの日は奥さんの趣味に付き合うようにしているそうだ。その趣味は神社仏閣巡り。きれいな神社やお寺を巡って「美しい」と感じるものの、「心を動かされることはない」と言い切る蛭子さん。「自分があるのは神社やお寺のおかげ」と言いながら、お賽銭を投げる奥さんの姿を見て、「そのお金で神社やお寺が建てられているのか」と思うと、どんなに素晴らしい古刹やお宮でも色あせて見えてしまうという。

 外国の遺跡を見ると、もっと複雑…

全文を読む

「これが蛭子ワールドか…」蛭子能収が描いた「七つの大罪」×「モンスト」コラボマンガに大反響!

「これが蛭子ワールドか…」蛭子能収が描いた「七つの大罪」×「モンスト」コラボマンガに大反響!

『週刊少年マガジン』42号(講談社)

 2017年9月20日(水)発売の『週刊少年マガジン』42号に、蛭子能収による「七つの大罪×モンスト」コラボマンガが掲載された。渾身の描き下ろし作品に「さすが蛭子クオリティー!」と大きな反響が起こっている。

 同作は、TVアニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」&スマホアプリ「モンスターストライク」コラボ企画の1つ。9月15日(金)から始まったコラボでは、ガチャやコラボイベントクエストが展開されており、「モンスターストライク」のスタート画面が「七つの大罪 聖戦の予兆」仕様となった。

 コラボマンガでは、“ヘタウマ漫画の第一人者”と称される蛭子の独特なタッチが炸裂。「とんかつ大好き」というタイトルで、“豚の帽子亭”でメリオダス(と思われるキャラクター)や豚のホーク(と思われるキャラクター)たちがシュールすぎる会話を展開していく。蛭子の画力や予測不可能な展開に読者は驚きを隠せないようで、「なんじゃこりゃ!」「蛭子さんのイラスト、味が出すぎてるwww」「これが蛭子ワールドか…」「予想のはるか斜め上をいくマンガですね」といった…

全文を読む

「おじさん」とは何故こうもウザがられ、嫌われてしまうのか…? 「おじさん化」を食い止めるための処方箋

「おじさん」とは何故こうもウザがられ、嫌われてしまうのか…? 「おじさん化」を食い止めるための処方箋

『おじさん仏教』(小池龍之介/徳間書店)

 「おじさん」とは何故こうもウザがられ、嫌われてしまうのか…。人気僧侶が仏教の教えから「おじさん」を紐解き、「おじさん化」を食い止めるための処方箋を綴った『おじさん仏教』が2016年11月22日(火)に発売された。  「おじさん」とは、体の老いからなるものだと認識しているが実は違う。老若男女の心に巣食う煩悩こそが「おじさん」の正体なのだ。  『おじさん仏教』の第1部では、「後悔」「寂しさ」「家族」「仕事」「お金」「老後」など、街で集めた中高年男性からの悩みに僧侶・小池龍之介が仏道の視座から回答。第2部では、おじさん化を食い止めるために、仏教における「八正道」の教えを説いている。  さらに同書には、世のおじさんたちを温かな目線で観察したベストセラー『おじさん図鑑』の著者・なかむらるみによる、イラストも多数収録。加えて、第3部として「ザ・おじさん」といった風体の漫画家・蛭子能収と小池の対談も収録している。蛭子が著者だけに明かした「おじさん化」したお悩みとは何だったのか。こちらも必見だ。 小池龍之介(こいけ・りゅ…

全文を読む

【連載】パチンコ 第4回「兄弟仁義」

【連載】パチンコ 第4回「兄弟仁義」

バス旅でもお馴染み、蛭子能収さんの本業は漫画家!10月21日(金)発売の『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』からデビュー作となる表題作含む4編をお届けいたします! 10/22より10/25まで毎日更新

全文を読む

【連載】パチンコ 第3回「出会い、そして別れ…」

【連載】パチンコ 第3回「出会い、そして別れ…」

バス旅でもお馴染み、蛭子能収さんの本業は漫画家!10月21日(金)発売の『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』からデビュー作となる表題作含む4編をお届けいたします! 10/22より10/25まで毎日更新

全文を読む

【連載】パチンコ 第2回「うなぎの日」

【連載】パチンコ 第2回「うなぎの日」

バス旅でもお馴染み、蛭子能収さんの本業は漫画家!10月21日(金)発売の『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』からデビュー作となる表題作含む4編をお届けいたします! 10/22より10/25まで毎日更新

全文を読む

【連載】パチンコ 第1回「パチンコ」

【連載】パチンコ 第1回「パチンコ」

バス旅でもお馴染み、蛭子能収さんの本業は漫画家!10月21日(金)発売の『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』からデビュー作となる表題作含む4編をお届けいたします! 10/22より10/25まで毎日更新

全文を読む

生きている者が幸せじゃなければ意味がない! 最愛の妻を亡くした蛭子能収さんの取った行動に込められた意味とは?

生きている者が幸せじゃなければ意味がない! 最愛の妻を亡くした蛭子能収さんの取った行動に込められた意味とは?

『ヘタウマな愛(新潮文庫)』(蛭子能収/新潮社) 読者諸氏は蛭子能収と聞いて、どんな表情を思いだすだろうか。大抵の人はテレビで見る、にこやかな「えびす顔」を思い浮かべるはず。その一方で新作映画『任侠野郎』では伝説の任侠として、凄みを効かせた迫真の演技を見せている。このようにさまざまな「顔」を持つ蛭子さんだが、泣き顔だけはピンと来なかった。しかし『ヘタウマな愛(新潮文庫)』(蛭子能収/新潮社)でその印象は一変。本書は2001年8月に亡くなった前妻の貴美子さんとの愛や思い出、涙を綴った一冊である。

第1章では、貴美子さんが倒れてから入院、そして葬儀を終えるまでの7日間が一気に描かれている。ある日、平和島競艇にいた蛭子さんの元へ、娘から貴美子夫人が倒れたとの連絡が入る。急ぎ病院へ駆けつけるも、既に夫人は昏睡状態。担当医師からこのまま亡くなるかもしれないし、助かっても植物状態となる可能性が高いと告げられる。それを聞いた蛭子さんは涙が溢れだし、止めることができなかった。それまで両親が死んだときでさえ泣かなかったといい、人前で感情を顕わにすることを恥ずかしいと…

全文を読む

「蛭子能収」のおすすめ記事をもっと見る

「蛭子能収」のレビュー・書評をもっと見る

「蛭子能収」の本・マンガ

笑われる勇気

笑われる勇気

作家
蛭子能収
出版社
光文社
発売日
2017-10-03
ISBN
9784334979546
作品情報を見る
復活版 地獄に堕ちた教師ども

復活版 地獄に堕ちた教師ども

作家
蛭子能収
出版社
青林工藝舎
発売日
2016-10-21
ISBN
9784883794300
作品情報を見る
復刻版 私はバカになりたい

復刻版 私はバカになりたい

作家
蛭子能収
出版社
青林工藝舎
発売日
2018-05-25
ISBN
9784883794447
作品情報を見る
パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選

パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選

作家
蛭子能収
出版社
KADOKAWA
発売日
2016-10-21
ISBN
9784041045794
作品情報を見る
僕はこうして生きてきた ―NO GAMBLE,NO LIFE.

僕はこうして生きてきた ―NO GAMBLE,NO LIFE.

作家
蛭子能収
出版社
コスモの本
発売日
2016-03-10
ISBN
9784864850261
作品情報を見る
蛭子の論語  自由に生きるためのヒント (角川新書)

蛭子の論語 自由に生きるためのヒント (角川新書)

作家
蛭子能収
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-11-10
ISBN
9784040820361
作品情報を見る
ヘタウマな愛 (新潮文庫)

ヘタウマな愛 (新潮文庫)

作家
蛭子能収
出版社
新潮社
発売日
2016-04-28
ISBN
9784101202969
作品情報を見る
生きるのが楽になる  まいにち蛭子さん(日めくり)

生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)

作家
蛭子能収
出版社
パルコ
発売日
2015-11-30
ISBN
9784865061529
作品情報を見る

「蛭子能収」人気の作品ランキングをもっと見る

「蛭子能収」の関連画像・写真

「蛭子能収」の関連画像・写真をもっと見る