読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

斎藤茂吉随筆集 (岩波文庫)

斎藤茂吉随筆集 (岩波文庫)

斎藤茂吉随筆集 (岩波文庫)

作家
斎藤茂吉
阿川弘之
北杜夫
出版社
岩波書店
発売日
2003-06-13
ISBN
9784003104446
amazonで購入する

斎藤茂吉随筆集 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モリータ

読みやすかった。紀行文も退屈じゃなかった。

2014/05/29

ダイキ

編/解説・阿川弘之/北杜夫。 「われわれはやぶれた。やぶれたのは何にやぶれたのか。戦にやぶれたのである。戦に徹底的にやぶれてへたばつてしまつた。戦がもう出来なくなつてしまつた。また永遠に戦はしてはならない、またしないつもりである。軍艦一つ造らぬのである。永遠の丸腰である。へたばつたのである。しかし自分の国語までへたばり、堕落せよとは誰が教へたか。永遠に戦争をしない国が、自分の国語ぐらゐ守護し、大切にしてどうして悪いのであらうか。」(「新仮名づかひ」)

2020/02/26

感想・レビューをもっと見る