読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

塩田武士

塩田武士 写真:干川 修
職業・肩書き
作家
ふりがな
しおた・たけし

プロフィール

最終更新 : 2018-09-20

1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。神戸新聞社在職中の2010年に『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。12年より専業作家に。16年『罪の声』で第7回山田風太郎賞を受賞、17年本屋大賞3位に輝く。俳優・大泉洋に当て書きした最新長編『騙し絵の牙』は、18年本屋大賞6位に。

受賞歴

最終更新 : 2018-09-20

2010年
『盤上のアルファ』第5回小説現代長編新人賞
2011年
『盤上のアルファ』将棋ペンクラブ大賞
2016年
『罪の声』第7回山田風太郎賞

「塩田武士」のおすすめ記事・レビュー

大泉洋を小説の主人公に「あてがき」、2018年本屋大賞にもランクインした話題作が文庫化!『騙し絵の牙』塩田武士インタビュー

大泉洋を小説の主人公に「あてがき」、2018年本屋大賞にもランクインした話題作が文庫化!『騙し絵の牙』塩田武士インタビュー

 俳優・大泉洋を小説の主人公に「あてがき」し、2018年本屋大賞にもランクインした話題作、いよいよ文庫化&映画情報解禁!

塩田武士 しおた・たけし●1979年、兵庫県生まれ。神戸新聞社在職中の2011年、『盤上のアルファ』でデビュー。16年『罪の声』で第7回山田風太郎賞を受賞し、17年本屋大賞3位に輝く。19年、『歪んだ波紋』で第40回吉川英治文学新人賞受賞。『歪んだ波紋』は連続ドラマ化されNHK BSプレミアムで放送中。『罪の声』も映画化決定。  

 昭和最大の未解決事件として知られるグリコ・森永事件をテーマにした『罪の声』で、第7回山田風太郎賞を受賞し、2017年本屋大賞3位に。「社会派小説」の雄として一躍注目を集めることとなった塩田武士が、2017年8月に単行本刊行した『騙し絵の牙』が、このたび文庫化される。映画や演劇、ドラマの世界では、脚本の段階で「この役を演じるのはこの俳優だ。ならば最初から役に俳優のイメージを取り入れよう」という、あてがきの文化がある。本作は、主人公に国民的俳優・大泉洋をあてがきして執筆された、前代未聞の「社会…

全文を読む

累計17万部突破の塩田武士『騙し絵の牙』が本日発売! 2020年6月公開映画出演 大泉洋・松岡茉優から、撮影中の現場よりコメント到着!

累計17万部突破の塩田武士『騙し絵の牙』が本日発売! 2020年6月公開映画出演 大泉洋・松岡茉優から、撮影中の現場よりコメント到着!

 大ヒット小説『罪の声』の塩田武士が、俳優・大泉洋を小説の主人公に“あてがき”し話題沸騰の『騙し絵の牙』が角川文庫より本日発売となった。

 物語の舞台は、斜陽の一途をたどる出版業界。ある夜、上司から自身の雑誌の廃刊を匂わされた編集長・速水輝也は、社内政争に翻弄されながらも、持ち前の笑顔とユーモアとコミュニケーション能力で黒字化に向けて奔走する。交差する邪推、画策、疑惑…… 彼のその笑顔が消えたとき、やがて見えてくる”騙し絵”とは―― どんでん返しの社会派エンタメ作品。

 このたび主演・大泉洋、共演に松岡茉優、佐藤浩市、監督・吉田大八という豪華キャスト・スタッフ陣で2020年6月に映画が公開されることも発表され話題を呼んでいる。

 なんと絶賛撮影中の現場より、出演の大泉洋さん、松岡茉優さんからのコメントが到着! 和気あいあいとした雰囲気で作品の見所や、その意気込みを語ってくれた。

 そしてこの映像は、本日から全国の書店でも放映されているので、書店へお立ち寄りの際はぜひ大泉さん、松岡さんを探してみてほしい。

塩田武士(しおた たけし)プロフィール 1979年…

全文を読む

大泉洋主演! 松岡茉優、佐藤浩市共演で映画公開も決定! 累計17万部突破、塩田武士『騙し絵の牙』が角川文庫より11/21(木)発売!

大泉洋主演! 松岡茉優、佐藤浩市共演で映画公開も決定! 累計17万部突破、塩田武士『騙し絵の牙』が角川文庫より11/21(木)発売!

 2018年本屋大賞ランクイン。累計発行部数50万部を突破した『罪の声』の塩田武士が、俳優・大泉洋を小説の主人公に“あてがき”し話題沸騰の『騙し絵の牙』。  物語の舞台は、斜陽の一途をたどる出版業界。ある夜、上司から自身の雑誌の廃刊を匂わされた編集長・速水輝也は、社内政争に翻弄されながらも、持ち前の笑顔とユーモアとコミュニケーション能力で黒字化に向けて奔走する。交差する邪推、画策、疑惑…… 彼のその笑顔が消えたとき、やがて見えてくる”騙し絵”とは―― どんでん返しの社会派エンタメ作品。  このたび主演・大泉洋、共演に松岡茉優、佐藤浩市、吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』)で2020年6月の映画公開も発表された本作が早くも角川文庫より11/21(木)に発売が決定いたしました。

文庫版は引き続き吉田ユニによる新カバー&大泉 洋の解説付き!  大泉洋の“初主演小説”として2017年8月に刊行された単行本は、大泉洋自身がモデルを務め、原稿や書類を脇に抱えた影の”騙し絵”がグレーのバックに映し出されたカバー。数々のアーティストのCD、DVDの…

全文を読む

主人公を【大泉洋】で完全あてがきした前代未聞のベストセラー小説を吉田大八監督が映画化!『騙し絵の牙』2020年6月公開!

主人公を【大泉洋】で完全あてがきした前代未聞のベストセラー小説を吉田大八監督が映画化!『騙し絵の牙』2020年6月公開!

発行:KADOKAWA/角川文庫

 累計発行部数50万部突破を誇り映画化も話題となったミステリー小説『罪の声』の著者・塩田武士、待望の話題作で、あの「大泉洋」を主人公にあてがき(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)して表紙モデルにも起用、2018年本屋大賞にランクインされ、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説『騙し絵の牙』(KADOKAWA)。その小説が、もちろん大泉洋を主演に据え、吉田大八監督により映画化が決定! 国民的俳優と日本アカデミー賞監督との最強タッグで、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する。共演には、松岡茉優・佐藤浩市、2020年6月全国で公開されることも決定した。

 大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…が、この一見頼りない男、実は笑顔の裏にと…

全文を読む

私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?

私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?

編集M

 気が付けば特集記事、43ページも組んでしまいまして……。  サブタイトルは「私たちが今求めているのは、愛か孤独か絶望か?」と題したのですが、そういった<特集の方向性>を決めてからというものの、大量の文豪資料や本を漁ってはウンウンとうなっている同特集担当の後輩・K(教科書のように詳しい紙面になってます)……の、横で撮影ロケ地を探しながら衣装打ち合わせなどでてんやわんやで電話が鳴りやなまい私(自分が見たいから、という理由で中二病感ある紙面にしたく必死だったという)……。

 私は主にグラビア紙面担当させていだたきまして、今回、お世話になりました皆様に撮影のお礼を伝えさせていただきたいです。感謝申し上げます。  今特集、本当に自分の好きにアイデア出し&ディレクションをさせていただきました。

 太宰治をイメージした衣装を纏い、扉も飾って下さいました高杉真宙さんグラビアでは、スタッフの皆様、そして高杉真宙さんの多大なるご協力をいただきまして……。  映画『見えない目撃者』の取材日なうえ、直前の急な依頼(しかも私は「はじめまして」)だったのにも関わらず、…

全文を読む

小栗旬×星野源共演で小説『罪の声』映画化決定! 豪華布陣にファン「どんな雰囲気になるのか楽しみ」

小栗旬×星野源共演で小説『罪の声』映画化決定! 豪華布陣にファン「どんな雰囲気になるのか楽しみ」

『罪の声』(塩田武士/講談社)

 小説『罪の声』が映画化され、俳優の小栗旬と星野源が初共演することがわかった。この発表にファンからは、「なんて豪華な映画化!」「小栗旬&星野源共演だよ? 観ないはずないじゃん」と歓喜の声が巻き起こっている。

『罪の声』は圧倒的な取材と着想で、“昭和最大の未解決事件”を描いた長編小説。「週刊文春ミステリーベスト10」第1位&「本屋大賞」第3位に選出されるなど、高い評価を獲得した。物語のキーマンとなるのは、京都でテーラーを営む曽根俊也。父の遺品から幼い頃の自分の声が入ったカセットテープを見つけたが、その声は31年前の未解決脅迫事件に使用されたテープの音声と同じもので─。

 映画化に挑むのは、『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』や『映画 ビリギャル』などで知られる土井裕泰監督。またドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『アンナチュラル』をヒットに導いた、野木亜紀子が脚本を手がける。

 小栗が演じるのは未解決事件を追ううちに、脅迫事件で使用されたカセットテープへとたどり着く新聞記者・阿久津英士。星野が脅迫事件の謎に直面する曽根に扮する…

全文を読む

大泉洋“初主演小説”『騙し絵の牙』ついに海外翻訳版が台湾で発売!

大泉洋“初主演小説”『騙し絵の牙』ついに海外翻訳版が台湾で発売!

台湾版書影

大泉洋を主人公にあてがきした話題小説の翻訳版が、台湾でも発売! 台湾読者の“頭のなか”では、現地語を話す大泉洋が動き回る!?

 第7回山田風太郎賞受賞・2017年本屋大賞3位に輝いた『罪の声』は現在18万部突破、さらにデビュー作『盤上のアルファ』は今月初旬より連続ドラマとして放送が開始されるなど、いまや文壇界のみならず大きな注目を集める社会派作家・塩田武士。その塩田が実在の俳優・大泉洋を綿密に分析、主人公に完全「あてがき」して描いた『騙し絵の牙』(2017年刊行)が、この度、台湾でも翻訳発売されることが決定した。

 2018年本屋大賞6位となった本書は、日本国内ではすでに大泉洋主演で映画化の始動が発表されている話題作。今回の翻訳版でも、主人公の速水を演じる大泉洋のカバー(装丁はアートディレクターの吉田ユニ)はそのままに、本日から台湾の書店に並ぶ。さらに台湾版では「台湾でも ワーキャー 言われたい」と自筆で書いた大泉洋本人の手書きコメントと塩田武士のコメント及びサインが追記されている。

「あてがき」を通し、読み手は主人公に扮した大泉洋が頭の…

全文を読む

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

「2018年本屋大賞」決定! 大賞は辻村深月『かがみの孤城』 10位まで発表!

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞 2018」の受賞作が決定した。

 ノミネート作品10作品の中から大賞に選ばれたのは、辻村深月氏の『かがみの孤城』(ポプラ社)。  翻訳小説部門では『カラヴァル 深紅色の少女』(ステファニー・ガーバー:著、西本かおる:訳/キノブックス)が選ばれた。 ●2018年本屋大賞大賞受賞作 『かがみの孤城』(辻村深月/ポプラ社)

⇒辻村さんインタビューはこちら ⇒作品レビューを読む

●2位 『盤上の向日葵』(柚月裕子/中央公論新社)

⇒柚月裕子さん×ひふみんトークイベントはこちら

●3位 『屍人荘の殺人』(今村昌弘/東京創元社)

⇒作品レビューを読む

●4位 『たゆたえども沈まず』(原田マハ/幻冬舎)

●5位 『AX アックス』(伊坂幸太郎/KADOKAWA)

⇒作品レビューを読む

●6位 『騙し絵の牙』(塩田武士/KADOKAWA)

⇒関連ニュースはこちら

●7位 『星の子』(今村夏子/朝日新聞出版)

●8位 『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人/実業之日本社)

⇒作品レビューを読む

●9位 『百貨の魔法』(村山早紀/ポ…

全文を読む

「塩田武士」のおすすめ記事をもっと見る

「塩田武士」のレビュー・書評をもっと見る

「塩田武士」の本・小説

罪の声 昭和最大の未解決事件 コミック 1-2巻セット

罪の声 昭和最大の未解決事件 コミック 1-2巻セット

作家
須本壮一
塩田武士
出版社
発売日
2017-12-22
ASIN
B0791J2GV4
作品情報を見る
罪の声 (講談社文庫)

罪の声 (講談社文庫)

作家
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2019-05-15
ISBN
9784065148259
作品情報を見る
盤上に散る (講談社文庫)

盤上に散る (講談社文庫)

作家
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2019-01-16
ISBN
9784065137581
作品情報を見る
罪の声 昭和最大の未解決事件(3) (イブニングKC)

罪の声 昭和最大の未解決事件(3) (イブニングKC)

作家
須本壮一
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2018-05-23
ISBN
9784065113707
作品情報を見る
罪の声 昭和最大の未解決事件(2) (イブニングKC)

罪の声 昭和最大の未解決事件(2) (イブニングKC)

作家
須本壮一
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2017-12-22
ISBN
9784065105948
作品情報を見る
歪んだ波紋

歪んだ波紋

作家
塩田武士
出版社
講談社
発売日
2018-08-09
ISBN
9784065123515
作品情報を見る
罪の声 昭和最大の未解決事件 コミック 1-3巻セット

罪の声 昭和最大の未解決事件 コミック 1-3巻セット

作家
須本壮一
塩田武士
出版社
発売日
2018-05-23
ASIN
B07DJ761F1
作品情報を見る
拳に聞け! (双葉文庫)

拳に聞け! (双葉文庫)

作家
塩田武士
出版社
双葉社
発売日
2018-07-12
ISBN
9784575521276
作品情報を見る

「塩田武士」人気の作品ランキングをもっと見る