読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黄色いドゥカと彼女の手 (角川文庫)

黄色いドゥカと彼女の手 (角川文庫)

黄色いドゥカと彼女の手 (角川文庫)

作家
原田宗典
沢田 としき
出版社
角川書店
発売日
1991-09-25
ISBN
9784041762028
amazonで購入する

黄色いドゥカと彼女の手 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とも

いつもの原田式、フニャフニャ〜な書式ではなく、バイクにまつわる淡い青春の短編集。 遠い昔バイクに乗っていた自分の青春時代の思い出と重ね合わせながら読了。 ママ、ドント クライにはホロリ。

2017/05/24

ATS

★★☆バイクが出てくる掌編小説とコミックス。面白いが、強く心を揺さぶるような作品はなかった。

2016/10/10

ガミ

若者の時に破天荒で、時に切ない「バイク」にまつわる青春を描いた短編集です。私は社会人になってから単車に乗り始めたので、思春期の少年の無謀な話には、共感しにくいところもありましたが、同世代と思われる人たちの話は落ち着いた気分で楽しめました。「夏を埋める」は、いつか愛車を手放なければならない時のことをふと考えてしまいましたね。

2015/06/07

たーくん

再読。バイクにまつわる、掌編小説集。せつなさと、すがしすがしさの記憶。

2014/07/18

ちくわ

バイクがよいスパイスになって物語をすすめていく。なかなか乗れない時には読み返そう

2013/11/26

感想・レビューをもっと見る