KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小池水音

職業・肩書き
作家
ふりがな
こいけ・みずね

プロフィール

最終更新 : 2023-06-25

1991年東京生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2020年に「わからないままで」で新潮新人賞を受賞。22年発表の「息」が第36回三島由紀夫賞候補に。

「小池水音」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

ダ・ヴィンチ編集部が選んだ「今月のプラチナ本」は、小池水音『息』

ダ・ヴィンチ編集部が選んだ「今月のプラチナ本」は、小池水音『息』

 ※本記事は、雑誌『ダ・ヴィンチ』2023年7月号からの転載になります。

『息』

●あらすじ● ぜんそく持ちの主人公・環の弟の春彦は十年まえの冬に若くして自ら死を選んだ。彼の喪失は環だけではなく、両親の心にも影を落とし続けている。仕事を辞めた父と、息子との日々を語り続ける母に接しながら、何度となく弟の姿を夢に見る環。そんなある日、彼女のもとに「父が散歩から戻ってこない」という母からの連絡が届き――(表題作)。新潮新人賞受賞の「わからないままで」も同時収録。

こいけ・みずね●1991年東京生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。2020年に「わからないままで」で新潮新人賞を受賞。22年発表の「息」が第36回三島由紀夫賞候補に。本作が自身初の単行本となる。

小池水音新潮社 2090円(税込) 写真=首藤幹夫

編集部寸評  

いのちは呼吸でつながっている あなたが吸えば、誰かが吐く。世界はそんなふうらしい。喘息に悩まされた姉弟が互いの理解者であったことは想像に難くない。やがて自死を選んだ弟は、姉の夢の中で生きる。イラストレーターの環は、その光景をスケッ…

全文を読む

「小池水音」のレビュー・書評をもっと見る

「小池水音」の本・小説

「小池水音」人気の作品ランキングをもっと見る

「小池水音」の関連画像・写真

「小池水音」の関連画像・写真をもっと見る